GearBest ガジェット 便利グッズ・other 商品レビュー

Huami AMAZFIT STRATOS / PACE 2 スマートウォッチ スペック詳細・実機レビュー|ワンランク上のハイセンススポーツウォッチ

更新日:




Huami AMAZFIT STRATOS / PACE 2 スマートウォッチ スペック詳細・実機レビュー|ワンランク上のハイセンススポーツウォッチ

※GearBestよりサンプル提供

おしゃれデザインと機能性、そしてコスパ力で人気の「Huami」。

Huamiは、Xiaomi出資のウェアラブルメーカーで、「Amazfit Bip」や「Amazfit PACE」といった、主にアクティビティ時にこそ本領発揮できるデバイスをリリースしています。

トラッキング機能だけでなく、着信やメールの通知機能、防水性など、特にアクティブユーザー向けの機能が全てのラインアップで充実しているのも特徴です。

今回は、カジュアルにもフォーマルにも使えるGPS内蔵スマートウォッチ「Amazfit Stratos」の詳細レビューをしていきます。

価格も手頃で安っぽさは皆無、機能も充実してるウキ!
ややイカツイからメンズ諸君におすすめウキ!
好みだけど私はPACEの方がデザインは好みだわウホ!

 

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 実機レビュー

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 実機レビュー

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 実機レビュー(ボディ)

Xiaomi、ならびにHuamiブランドのスマートウォッチ(スマートバンド含む)をいくつか触ってきた身としては、本機に触れずとも素晴らしい製品と断言できます。

というのも、PACEの機能はそのままに、防水性能をワンランク上のIP68(5ATM)に向上させています。※スペックは後述しますがPACEはコチラか冒頭リンク先をご確認ください。

機能面だけを見るとアクティブユーザー向けに取れますが、睡眠や歩数計などの健康管理もしてくれる、日常使いからフォーマルシチュエーションなんでもこいの、マルチスポーツGPSスマートウォッチです。

 

スペック紹介

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 背面

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 物理ボタン

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 簡易スペック表

Xiaomi Huami AMAZEFIT STRATOS (2)
モデル STRATOS 2 (A1619)
カラー ブラック
素材 ベゼル:セラミック
バンド:シリコン
ディスプレイ 1.34" / 320x300 px
常時点灯半透過型LCDタッチスクリーン
プロセッサ 1.2GHzコア
ストレージ 合計4GB
RAM 512 MB
ネットワーク Bluetooth 4.0 / BLE + WiFi
バッテリー寿命 5日間(定期的な使用)/ 11日間(基本的な使用)
防水(耐水)性 5ATM(約80PSI)※164ftまたは50m相当
対応OS Android 4.4 / iOS 9.0以上
心拍センサー 光学(PPG)
対応言語 英語 / 中国語(通知は日本語)
製品サイズ 約4.50 x 3.50 x 1.50 cm / 9.65 x 1.38 x 0.59in
製品重量 2.5 oz / 70 g
防水性能が高い上にマルチスポーツにも対応していてトラッキング機能も充実しまくりで最高ウキ!

 

製品の特徴・概要

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 特徴・概要

Huami Amazfit Stratos はアクティビティに特化

Amazfit Stratosは、5ATM防水に加え、最大酸素摂取量(VO2max)の分析や、内蔵GPS(+GLONASS)による位置情報の把握、心拍センサーや音楽ストレージにも対応したスマートウォッチです。

筐体デザインは、カーボンファイバーを用いたケースに、セラミックベゼルとゴリラガラスを採用し、強度とデザインを両立。

また、3つの物理ボタンとタップ操作により、本体のみでの操作性も高くなっています。

デフォルトではシリコン素材のバンドですが、22mmのバンドなら互換性があるため、カスタマイズも楽しめます。

Huami Amazfit Stratos は5ATMの完全防水

Huami Amazfit Stratos は使い場所を選ばない

ディスプレイには、炎天下でも視認性の高い半透過型常時オンカラータッチディスプレイを採用。

通話やメール、その他のアプリ通知はもちろん、天気予報やストップウォッチ、コンパス、アラーム機能や、アクティビティモニターといったプラスアルファの機能、12種類以上にも及ぶスポーツモードから選択でき、ほぼあらゆるスポーツに対応しています。

“安物感”や“おもちゃ感”といったことは一切なく、“時計”としてのデザイン性も高いハイセンスなスマートウォッチに仕上がっています。

created by Rinker
Amazfit
¥24,599 (2018/12/12 01:10:23時点 Amazon調べ-詳細)
  • 優れた防水性能と耐久性
  • 視認性&省エネ性能の高いOLEDディスプレイ
  • 詳細なトラッキング&リマインダー機能
  • 5日間充電不要の長時間連続運転
  • 少しゴツさがあるため好みが分かれる
  • 充電には専用の充電台が必要

音楽プレーヤーとして使えるのも大きなメリットウキ!
ちなみにスポーツモードはランニング、ウォーキング、サイクリング、スイミング、オープンウォータースイミング、インドアランニング、インドアサイクリング、エリプティカルマシン、登山、クロスカントリー、トライアスロン、テニス、サッカーetcって感じで運動好きには最高ウキ!
バンドを変えれば女子でも使いやすいわねウホ!

 

化粧箱・パッケージ

Huami Amazfit Stratos パッケージ前面

Huami Amazfit Stratos パッケージ背面

“しっかりした資本”の“しっかりした製品”なので、化粧箱もオシャレに仕上がっています。

外に筒状の箱があしらわれていて、外箱を取り除くと今度は白を基調とした化粧箱がお目見え。

Huami Amazfit Stratos 化粧箱

化粧箱の色のチョイスもモノトーンカラーで、落ち着きある大人な雰囲気を醸し出しています。

化粧箱に他製品との流用感は一切なく、本製品のためにデザインされているのがわかります。

Huami Amazfit Stratos 梱包

しっかりと固定されていてガタつきはなし(素晴らしい)。

パッケージングはシンプルな構成です。

Huami Amazfit Stratos パッケージ内容

【パッケージ内容】

  • 1 × SoundPEATS Q32 Bluetooth イヤホン
  • 1 × 充電ケーブル※AMAZEFIT STRATOS専用
  • 1 × ユーザーマニュアル

中華製品は正直ごちゃごちゃと付属品が付くのが常(それが個人的には嬉しかったりする)ですが、こういったシンプルな姿勢もいいですね。

今回入手したのは"Global Version"のため、取説は英語です。

Huami Amazfit Stratos ユーザーマニュアル

マルチリンガル対応こそしていないものの、英語ならほとんどの方が理解できることと思います。

スマートウォッチだからアプリありきよねウホウホ!
アプリもオールイングリッシュだけどねぇウホゥ…(小声)

 

外観・機能性

Xiaomi Huami Amazfit Stratos フロントデザイン

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 背面

上から見るとパッと見はもはや普通の時計と見間違えるほどの、スマートウォッチということを忘れてしまいそうなデザインです。

裏面には光学(心拍)センサーが配置されています。

右側面に物理ボタンが3つ。上下ボタンと決定ボタンといった感じで使います。

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 右側面

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 左側面

左側面はフラット。カーボンの質感がより顕著にわかりますね。

バンドの取り外し・交換はPACE同様工具不要で簡単に行えます。

Xiaomi Huami Amazfit Stratos バンドにAMAZFITの刻印

バンドにAMAZFITの刻印

22mmサイズなので、サイズが合えばカスタマイズが楽しめます。

作りに雑さもないしクオリティも高いわウホ!
高級感もあるしフォーマルでも問題ないわねウホ!

 

初期設定-設定方法-

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 初期設定

本体を起動したら言語選択をします。現状は英語をチョイスしていきます。

※今後もしかしたらファームウェアアップデートで日本語対応するかもしれません(フランス語とイタリア語、スペイン語、ロシア語が追加:2.3.6.1)。
完全日本語対応&コスパ最強のスマートバンドなら「Xiaomi Mi Band 3」がおすすめです!

関連Xiaomi Mi Band 3 スペック詳細・実機レビュー|OLED液晶・5気圧防水・アプリ通知他多機能激安スマートバンド

Xiaomi Huami Amazfit Stratos ペアリング時のQRコード

ペアリングするデバイス(スマホ・タブレット等)にアプリをインストールしていきます。本体に出てくるQRコードを読み取ってもいいですし、ストアからアプリを探しても問題ありません。

アプリインストール、本体起動の順番は前後しても特に問題ないウキ!
安心して進めてOKウキ!

Amazfit Watchをインストールしペアリングする

AMAZFIT STRATOSは、「Mi Fit」と「Amazfit Watch」どちらのアプリも利用できます。ですが、両者の互換性がいまいちなので今回は「Amazfit Watch」で進めていきます。

Amazfit Watch

Amazfit Watch
開発元:Anhui Huami Information Technology Co., Ltd.
無料
総合評価: 3.8

PACEの時と同様、アカウントを持っていなければアカウントを作成します。

著者はすでにMi Account、ならびにAmazfit用のアカウントを作成してありますが、同様にすでに持っている方は「Sign in」をタップ。

Amazfit Stratos (Amazfit Watch)アプリ設定

Xiaomi Huami Amazfit Stratos(Amazfit Watch) サインイン

新規の方は「Create account」をタップ。

「Allow to read contacts(左図)」という画面になるので「Turn on」をタップします。

Amazfit Watch に権限を与える

Amazfit Watch アクティビティトラッカー

現状まだこれではペアリングできていません(右図)。右上の「Unpaired」をタップすると下記の画面に移ります。※

そこでAmazfit Stratos / Amazfit Stratos +をタップ。

Amazfit Watch デバイス選択

Amazfit Watch ペアリング設定

するとBluetoothペア設定コードが出てくるので、Amazfit Stratosとデバイス(スマホ)それぞれでペア設定の許可をしていきます。

内容は少し前後するかもしれないけど、アプリに権限を与える案内が随所に現れるウキ!
全部許可していくウキ!

「ユーザーデータやアカウント情報を時計に戻すよ?」という案内が出るので「Restore」をタップ。

Amazfit Watch ペアリング

これでしばらく待てば、ほぼペアリング完了です。

その後も権限を与えていき(邪魔なら任意で通知をオフにするなり)適宜設定していきます。

Amazfit Watch の通知その他に許可を与える

アップデートの案内もアプリを介して案内してくれるので、見逃しなく最新版に変更できます。

Amazfit WatchアプリはMi Fitアプリみたいに日本語対応してくれないのかしらウホ!
英語苦手な人は不便を感じるかもしれないわウホ!

 

アプリを介してできる豊富なカスタマイズ

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 壁紙選択

Xiaomi Huami Amazfit Stratos Select watch face

PACE同様、14種類の壁紙(watch face)からタップ一つで変更できます。

PACEと同じ壁紙と思いきや、Stratos専用に壁紙が作られているのはさすがという感じです。

「Load image」を選択れば端末内の任意の画像を使った壁紙を設定できるウキ!

 

充実した通知・トラッキング・リマインダー機能

Xiaomi Huami Amazfit Stratos Notificatioin settings

Xiaomi Huami Amazfit Stratos通知許可設定

通知の設定は、「Me」内の「Setting」→「Notification setting」から行えます。

英語のみのアプリですが、アプリ自体のUIは直感的でわかりやすい仕様なので、英語が苦手でも案外使えるかもしれません。

画面の明るさは5段階で、デフォルトではAuto(オート)になっています。画面だと少し暗くて見辛いようにも見えますが、個人的にはオートで室内外問わず、視認性に問題は感じません。

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 通知画面

通知のバイブレーションは3段階の設定が可能。デフォルトは"Mid"に設定されています。

ペアリングができているかテストできる「Test notification(左・真ん中)」機能も搭載。

音楽はPCに直接繋いだり、Wi-fiを経由してストレージ内に取り込むことが可能(みたい)です。音楽の停止やスキップ、リバースなどはリモート操作ができるので、いちいちスマホを取り出す必要はありません。

1日の歩数のゴールを設定したり、GPS+GLONASSならではの高精度な位置情報によるトラッキングや天気もピンポイントで確認できます(GPSをONにすると若干バッテリーの消費が激しくなります※アプリから任意で変更可能)。

心拍センサーはもうお馴染みの機能かもしれませんが、本機ももちろん搭載しています。

お馴染みのアラームの設定やコンパス機能までも搭載。

ストップウォッチも付いているのでラップタイム等測りたいガチのスポーツマンには嬉しい機能です。

加えて毎日の睡眠の質を管理してくれたり、「Training Center」といった、ステップバイステップで運動のプラン立てを長期間サポートしてくれる機能もあります。

そしてタイマー機能など、他にも機能が盛りだくさんです。

少なくともスマートバンドに比べればできることが雲泥の差よウホウホ!

 

装着感・使用感(例)

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 装着イメージ

手につけた時の装着感は上記の通り。

ディスプレイのサイズはPACEと同じなんですが厚みと物理ボタンもあるのでさらに大きめに見えるかもしれません。

ですが70gなので“時計をつけてる”感はあるものの重量感はほとんど感じません。

 

スポーツモード

本機を使うなら運動は欠かせません。

5,000円以下のスマートバンドも、“スポーツウォッチ”とも言われているぐらいなので、心拍や消費カロリー計算、ランニングやサイクリングでは距離をはじめ、アプリ連動でGPSを用いて軌跡を残したりなど、スポーツに適した機能は付いています。

ですが、Storatosはそれがさらに高性能となっています。

多くのモデルはアウトドア系のスポーツには対応しているものの、インドア系のスポーツには対応していないことも多く、ジム等の屋内で使用したい場合、心拍(BPM)の計測程度しかできなかったりします。

加えて、アプリを介さないと基本使えないので、“スマホとセット”で移動することになります(あとで同期すればいいだけなんですけど)。

Amazfit (Storatos)では、端末本体のみで操作が可能なため、ワークアウトの際、スマホなどのデバイスを持ち歩く必要がありません。また、VO2max(最大酸素摂取量)の計測など、よりできることが多くなっています。

【対応しているスポーツ】

ランニング、ウォーキング、サイクリング、スイミング、オープンウォータースイミング、インドアランニング、インドアサイクリング、エリプティカルマシン、登山、クロスカントリー、トライアスロン、テニス、サッカーなど

せっかくなので、インドアサイクリングで数分走ってみました。

関連FlexiSpot Deskcise Pro デスクバイクV9B 実機レビュー・評価・感想|エクササイズとデスクワークが可能なグッドプロダクト

消費カロリー、心拍数の最小最大値、心拍数段階別表示(Light:92BPM~VO2max184BPMを5段階)、そしてグラフ表示までしてくれます。

都会に住む現代人のワークアウトはジムを利用している方も多いので、インドアエクササイズにも対応しているのはグッドポイントです。

 

充電

Stratos専用のクレードル(土台)を使用して充電していきます。

Amazfitお馴染みの仕様です。

フル充電までは約2時間。通知量や使用量で全く異なりますが、日常使いで3日稼働といったところでしょうか。

バッテリー持ちはPACEとほとんど変わりません。上手く使えば公称通りの5日は持つはずです。

 

バンドのカスタマイズ

Xiaomi Huami Amazfit Stratos バンドカスタマイズ

知人に譲渡してしまったPACEのバンドを新たに入手しました。

22mmのバンドサイズならバッチリ互換性あります。オレンジのバンドにすると一気にカジュアル感が出ますね。

Stratos(PACE) 2っていうだけあって機能も操作性もほとんど同じウキ!
どちらか一個あればいいと思うけどプールとか海とか水の中で使いたい人は間違いなく5ATM対応のStratosがおすすめウキ!

 

 

気になった点・注意した方がいい点

Amazfit PACEの記事でもお伝えした通り、公称5日間稼働のロングライフではあるものの、充電する場合は専用のベース(土台)が必要となります。

せめてAmazfit内で統一して欲しかったところですが致し方なし。

無くしてしまった、断線してしまったと言った場合は別途購入が必要となります。

泊まりの長期出張や旅行で充電したいって時にいちいち持っていかなきゃならないのはちょっと面倒よねウホ!

 

追記:付けっ放しは人によって邪魔に感じる

Stratosはスポーツウォッチとしての位置付けですが、スマートバンドというよりはスマートウォッチです。

そのため“時計をつけている”という重量感は常に感じます。

睡眠の質など健康管理ができるので、24時間付けっ放しを想定している商品です。

私は平気ですが、人によってはずっとつけているには邪魔に感じてしまうかもしれません。

 

 

広告

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 総合評価

Xiaomi Huami Amazfit Stratos 総合評価

正直、Amazfitはマイナス点が見当たらないハイセンス&ハイクオリティな製品です。

個人的にはSIM対応のスマートウォッチは必要ないんですよね。名前も聞いたことのない中華廉価モデルなら1万円以下でも購入できますが、視認性が悪かったり稼働時間が短かったり通信が安定しなかったり、そもそもスマホがあれば通信は必要ありません。

廉価モデルは軒並み3G回線ですし、そんな環境でネットを使うのも馬鹿馬鹿しいですしね。

アクティビティにも最適、フォーマルにもインフォーマルにも使えるAmazfit Stratosは、最高の製品です。

Mi Bandに飽きたら騙されたと思って次はぜひAmazfitを使ってみてください。

created by Rinker
Amazfit
¥24,599 (2018/12/12 01:10:23時点 Amazon調べ-詳細)
【総合評価】
製品名 Xiaomi Huami Amazfit Stratos / Pace 2 Smartwatch Global Version
総合おすすめ度 4.7

▲中華サイトを利用すれば2万円を余裕で切ってくるウキ!
シャオミのフィットネス部門としてもっともっと頑張って欲しいわねウホ!

 

 

あとがき

最近は充電いらずの手軽さからもっぱらMi Band 3のヘビーユーザーでしたが、Amazfitに久しぶりに触ってみて、改めていい製品と痛感しました。

欲を言えばアプリの日本語対応をして欲しいとは思う反面、マイノリティを好む私には使う人が増えるのがなんとなく嫌な気もします。

とはいえ、セールなどを狙ってお得に買える時があればぜひチャレンジしてみてください!

 

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-GearBest, ガジェット, 便利グッズ・other, 商品レビュー
-, ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2018 All Rights Reserved.