ガジェット ゲーム 商品レビュー

BEBONCOOL Switch コントローラー レビュー|エンジョイ勢向けNintendo Switch用廉価互換Proコントローラー

投稿日:




BEBONCOOL Switch コントローラー レビュー|エンジョイ勢向けNintendo Switch用廉価互換Proコントローラー

Switchで遊ぶなら、純正コントローラーが一番なのは当たり前。

ただ値段がソコソコすることに加え、壊れやすいことでも有名です。

今回は、ショップによっては2,000円以下で購入可能なBEBONCOOLのSwitch用互換コントローラーをレビューしていきます。

 

BEBONCOOL Switch コントローラー インプレッション

BEBONCOOL switch コントローラー インプレッション

本製品は"BEBONCOOL"という名前が付いていますが、恐らくOEM品。

以前紹介した互換コントローラーと同様、ノーブランドモデルとしても市場にあふれています。

廉価互換モデルの多くはライセンス品ではなく、過度な振動だったり感度や操作性に劣ることから、ガチ勢にはあまりおすすめできません。

またNFC未搭載など、注意する点はいくつかあります。

筆者は、プロコン、ジョイコン、互換モデルと純正・サードパーティーと、これまでいくつかコントローラーを試してきましたが、互換品でも充分ゲームを楽しむことができます。

本モデルも、

  1. ボタン配置がプロコンと類似
  2. 付加要素としてのターボ(連射)機能
  3. プロコンより軽量設計

となっているため、操作性はさほど気にせず使えます。

amibo(NFC)機能は当然ありませんが、メーカー保証も付いており、お財布に優しい互換コントローラーです。

※タイミング次第で2,000円以下のショップもあるので探してみてください。

  • 2,000円以下の超低価格※ショップによる
  • ターボ機能搭載
  • 疲労感を軽減する軽量設計
  • ZL,ZRボタンの押し込みが深い
  • プラスチッキー感が強い

 

スペック紹介

Wireless NS Controller
モデル F1
カラー ブルー・レッド/グリーン・ピンクなど
電圧 DC 3.7V
充電電圧 DC 5V
充電時間 約2時間
接続距離 約10m
バッテリー 400mAhリチウムイオン
重量 184g※実測値

※取説・ショップページ・公式サイトから抜粋

 

 

BEBONCOOL Switch コントローラー 実機レビュー

BEBONCOOL Switch コントローラー 実機レビュー

Beboncool以外の同一モデルも多数見かけますが、今回のモデルはしっかりBeboncool製。

 

他社はわかりませんが、Beboncool製は右記モデル‐B01, DA015, B18, F1, F3‐について、技適証明もバッチリ受けています。

参考技術基準適合証明等を受けた機器の検索

無線機器なので当たり前ですが、中華互換プロコンの中では信頼できるブランドだと思います。

 

【パッケージ内容】

  • コントローラー × 1
  • USBケーブル × 1
  • (謎の)シール × 1
  • ユーザーマニュアル × 1

 

取説はペライチの英語・日本語の両面印刷です。

やや不自然な日本語はあるものの、ひと通りの使い方がわかりやすく記載されています。

 

筐体・デザイン

配色のせいかもしれませんが、グリップにもゴムは使用されておらず、全体的に樹脂感が強く安っぽさは否めません。

ただその分グリップには凹凸加工があり、手にはよく馴染む形状となっています。

スティックやボタン配置も下記モデル同様、本家とほぼ同じなのですんなり扱えそうです。

関連Nintendo Switch用互換Proコントローラー レビュー|ジャイロ・速度センサー・振動対応2,000円以下サードパーティ製ハイコスパモデル

 

底面には各種認証が記載されたラベルシール。

つや消しはされているものの、底面はより樹脂感が強調されたツルっとした質感です。

 

接続ポートはType-C。パススルー充電にも対応しています。

L/Rは気になりませんが、ZL/ZRボタンは押し込みが深く、慣れが必要かもしれません。

 

重量は184g。

プロコンが250g近い重量なので大分軽量に感じます。

 

 

広告

BEBONCOOL Switch コントローラー 使用感・評価・感想

BEBONCOOL Switch コントローラー 使用感・評価・感想

本章から、実際にゲームで使用した際のレビューとなります。

 

LED色は赤のみで、充電時、接続時などに点滅・点灯。

取説にも記載されていますが、HOMEボタンとYボタン同時押しでペアリング状態となり、Switchと接続します。

Check

ターボ(連射)切替は、L/R,ZL/ZRを同時押しでいつでも変更可能です。

 

今回は試しにスプラトゥーンをプレイ(何を隠そうスプラ3用に酷使するだろうと思い購入)。

ある程度慣れる必要はありそうですが、基本機能であるジャイロ、ボタン、スティックの操作性は特に問題ありません。

10時間程度使用してみたところ、1度も接続不良はなく、誤作動もなく使えています。

アクションで問題なく使えているため、アクション要素の少ないゲームはいわずもがな快適な使用感です。

 

 

気になった点・注意したほうがいい点

今回気になったのは下記3点。

  1. ホームで起動しない
  2. ZL/ZRボタンの押し込みが深く慣れが必要
  3. スティックが滑りやすい

それぞれ見ていきます。

 

ホームボタンで起動しない

通常1度ペアリングを済ませてしまえば、ホームボタンでSwitchは起動します。

これは互換コントローラーであっても、起動するモデルもあれば起動しないモデルも実はあったりします(経験上廉価中華モデルは個体差にばらつきがあり、不具合が少なくないのも事実)。

ショップ内の商品説明には、初回(コントローラーの登録)を済ませば、次回接続時ホームボタンのみで起動すると記載されていたため、今回はどうやらハズレを引いた模様。

それか単にBeboncool製は起動しないモデルかのどちらかです。

もしかしたら個体差かもしれませんしクレームを入れれば交換対象になるとは思いますが、品質管理は甘いようです。

分かっていたことではあるものの、ややガッカリポイントです。

 

ZL/ZRボタンの押し込みが深く慣れが必要

ボタン配置は類似しているので基本的な操作性に問題はないものの、前述したように、ZL/ZRボタンは押し込みが深く、慣れるまでは少し違和感を感じるかもしれません。

純正(ライセンス)品以外のモデル全てに言えることですが、無線接続時のレスポンスはコンマ何秒か遅い気もします。

とはいえ上記は個人的にほとんど気にならないレベルです。

 

スティックが滑りやすい

前章のボタンに付随することですが、スティック操作も慣れが必要です。

スティックに関してはゴム製でグリップが効くパーツが用いられています。

画像を見てもらうとわかる通り、三者三様のスティック形状。中でも今回のBeboncool製は光に反射し一番光沢があるように見えます。

言葉で説明するのが難しいですが、何となくヌルっとした操作性なので、360°動き回れるゲームではあらかじめ練習しておくことをおすすめします。

 

 

BEBONCOOL Switch コントローラー 総合評価

BEBONCOOL Switch コントローラー 総合評価

ガッカリポイントは想定内。

以前紹介したモデルでも述べましたが、この手のコントローラーの最大の魅力はその安さです。

すでにプロコンを何台か購入できるほど何台も試してきて改めて感じるのは、

  • 中華製廉価プロコンは、ある程度妥協しないと使えない

ということ。

最近はNFC対応モデルも増え、より本家に近づいてきている印象はあるものの、絶対に妥協したくないなら素直に純正品を購入するのが賢明です。

社名を変え、ブランド名を変え、常に最新版と謳って販売される中華モデル。

Beboncoolは日本の法令を順守し、公式でファームウェアのアップグレード方法の解説他、公式サイトも(一応)ある、比較的親切で信頼性のあるブランドです。

低価格であることの魅力はもちろん、妥協を愉しむぐらいの心のゆとりがある人ならおすすめのモデルです。

【総合評価】
製品名 Beboncool
Wireless NS Controller
 総合おすすめ度 4.0

 

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-ガジェット, ゲーム, 商品レビュー
-, ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2022 All Rights Reserved.