Banggood ガジェット 便利グッズ・other 商品レビュー

Nintendo Switch用互換Proコントローラー レビュー|ジャイロ・速度センサー・振動対応2,000円以下サードパーティ製ハイコスパモデル

更新日:




Nintendo Switch用互換Proコントローラー レビュー|ジャイロ・速度センサー・振動対応2,000円以下サードパーティ製ハイコスパモデル

Nintendo Switch、楽しんでますか。

スイッチを楽しむ際問題なのが、純正コントローラー高すぎ&壊れすぎ問題。

電子回路に詳しいとか、修理できる技術力や環境があればいいものの、自分で直せるレベルではないことがほとんどです。もし仮に直せたとしても、自分でばらした時点でサポートの対象外となります。

また、少し割安の任天堂ライセンス付きのコントローラーを使いたいところですが、それでも地味に高かったり、一部機能に対応していなかったりと、不満点は多々あります。

そこで選択肢として最適なのが、中華製の互換コントローラーです。

今回は、数多ある互換コントローラーのひとつ、「Nintendo Switch用互換Proコントローラー(プロコン)」のレビューをしていきます。

 

Nintendo Switch用互換Proコントローラー インプレッション

Nintendo Switch用互換Proコントローラー インプレッション

一口に「Nintendo Switch用互換Proコントローラー(プロコン)」と言っても、任天堂スイッチの互換コントローラーは、上記画像含め数多くあります。

ブランド名が付いている付いていないに関わらず、中華製の互換コントローラーは、平均して2,000円~3,000円程度。

純正の約半分から、1/3程度の価格で購入できます。

 

今回レビューするのは、多くのショップが取り扱い、ベストセラーにもなっている上記モデルです。

どの製品にもいえることですが、今回紹介する互換コントローラーは、代理店がひとかみしていたり、OEMで自社ブランド製品として売っていたりします。

そのため、ブランド名や名前が若干違うものの、見た目が同じなら基本的に同一商品と思ってもらって問題はありません。※サポートはショップによって異なるので注意

スイッチ用の互換コントローラーを購入する際、注意したい点は下記5つ。

  • ジャイロ機能に対応しているか
  • ボタン配列がどうなっているか
  • 連射機能があるか
  • amiibo(アミーボ)に対応しているか
  • Type-Cの端子になっているか

稼働時間や充電時間、振動など、他にも気を付ける点はありますが、これらを基準に選べば、ほとんど失敗はないハズです。

因みに今回紹介するコントローラーは、“amiibo非対応”です。

完全互換が必要な方は、ここでブラウザバックをおすすめします。

今回著者が購入するにあたり、一番気にしたポイントは、“価格”です。

大手ショッピングモール、海外ECサイト含め、同一商品が様々なサイトで販売されてますが、海外サイトまで視野に入れれば、ちょうど2,000円ぐらいで入手できます。

どの製品を選択しても上限3,000円程度と安価なため、所詮数百円の違いです。ほかの選択肢がいくらでもあるものの、本製品は、

  • プロコンと同じ感覚で使いたい
  • amiibo機能は特にいらない(使っていない)
  • できるだけ安く収めたい

こんな人にはマッチする商品です。

 

スペック紹介

Nintendo Switch用互換Proコントローラー
カラー ブラック(レッド/ブルー)
材質 ABS樹脂
バッテリー容量 500mAh
接続端子 USB Type-C
振動機能 内臓デュアルモーター
稼働時間 約6時間
充電時間 約2時間
サイズ 157×110×57mm
重量 約220g

※製品仕様書から抜粋

ショップによって稼働時間がマチマチ(多めに記載)だからちょっとだけ注意ウキ!

 

製品の特徴・概要

前述の通りですが、もう少しだけ特徴や概要に触れていきます。

ジャイロセンサーや二重振動、キャプチャー機能を搭載し、ボタン配列も同じなので、純正コントローラーと同じ感覚で使用できます。

また連射機能もあり、プレイするゲームによっては幅広く遊べます。

ボタン配列だけでなく、グリップ部分に人工皮革を用いることで、純正に近いフィット感に仕上がっています。

充電時間は、付属のType-cケーブルで約2~3時間。連続稼働時間は約6時間となっています。

ショップによって、駆動時間10時間~12時間って記載があったりするから注意ねウホ!

※もっと誇大広告しているところもあります

ボタン配置や質感、重量に至るまで、純正とほぼ同じような使用感で安価、そして連射機能も搭載した本モデルは、できるだけ安く抑えたいスイッチユーザーにぴったりの製品です。

  • 純正同等機能搭載※ジャイロ・振動・キャプチャー機能など
  • 純正さながらのボタン配列と操作感
  • 連射機能搭載
  • NFC機能非搭載
  • サポートが不安
海外サイトを利用すれば、2,000円以下でも購入可能ウキ!

 

 

Nintendo Switch用互換Proコントローラー 実機レビュー・評価・感想

Nintendo Switch用互換Proコントローラー 実機レビュー・評価・感想

今回互換コントローラー購入に至ったのは、壊れたから以外の何物でもありません。

ただ、スイッチはジョイスティックがとにかく壊れやすいです(任天堂さん、どうにかしてくださいw)。以前自分でバラして試みましたが、Joy-Conならまだしも、Proコンはさらに面倒です。

一部、“粉を取れば直る”なんて誤情報も出てるけど、それでいったん直ったとしても根本的な問題は解決してないからまたすぐ不具合が出るウキ!

任天堂も修理サポート受け付けてるから、純正をそのまま修理して使いたいなら下記をチェックウキ!

  • Joy-Con:2,200円
  • Proコントローラー:2,750~4,290円

参考修理の参考価格 Nintendo Switch|サポート情報|Nintendo

因みに互換機は、Amazon等でも数多く取り扱いショップがあるものの、「AliExpress」なら約$14(2,000円以下)での購入も可能です。

今回著者は、ポイントが溜まっていたので、「Banggood」を利用しました。※約2,100円

正直なところ、海外サイトを利用しない限り“安さ”の恩恵は受けにくいのでご注意ください。

では、実機レビューしていきます。

 

化粧箱・パッケージ

サンキュー箱潰れ。海外サイト利用あるあるとも言えますが、化粧箱はボコボコに潰れていました。(涙

予想通り、ブランド名の記載はなく、"Wireless Controller For Switch"と記載されているのみ。

技適マークを載せてるショップもあったけど、ほぼ間違いなく技適はとってないわねウホウホ!

 

Nintendo Switch用互換Proコントローラー パッケージ内容

【パッケージ内容】

  • Wireless Controller For Switch本体  *1

  • Micro USB( Type C) *1

  • 取扱説明書 *1

 

今回海外サイトを利用しため、取説は英語のみ。国内向けのショッピングサイトを利用すれば、ショップによって日本語の取説が付いてきます。

 

筐体・デザイン

もっと安っぽいのかと思っていましたが、実物を見ると案外しっかりしています。

Lスティックの位置が十字ボタンの左上に配置されているため、純正コントローラーと同じように違和感なく使えます。レッド&ブルーが、いかにもスイッチに寄せたデザインとなっていますね。

ちなみに「Aliexpress」で探すと、レッド&ブルーのカラーが逆のブルー&レッドや、イエロー、グレーなど、実はカラバリも豊富です。

 

純正が1300mAhに対し、本製品は500mAhのバッテリー容量。純正に比べると、動作時間は約6時間なので、大幅に少ないです。

また、背面(仕様書含む)を見る限り、技適マークの存在の確認はとれませんでした。

純正コントローラーのバッテリー

  • バッテリー持続時間:約40時間
  • 充電時間:約6時間
ネジ穴の横にある小さい穴がリセット(電源オフ)ボタンウキ!

 

充電用のType-C接続端子も同じポジションとなっています。

互換プロコンのボタン配置

左図の「選択」は、少しわかりにくいですが「+」「-」ボタンです。

「T」ボタンが"turbo"、つまり連射ボタンとなります。

※連射機能を使いたい場合は、任意のボタン(例えば「A」ボタンを押しっぱなしにした状態で「T」を押します。
他のボタン配列は純正コントローラーとほぼ同じです。純正コントローラーの詳細レビューは、下記ご参照ください。

 

 

Nintendo Switch用互換Proコントローラー 使用感レビュー

Nintendo Switchとのペアリング方法(初期設定)

ペアリング方法は、各ショップページにて解説されていますが、ほとんどの業者が自国語や英語の取説をそのままコピペしただけの機械翻訳。日本語が不自然だったり、売れれば何でもいいと思っている業者が実際に多いので、改めて解説しておきます。

中華企業はレビュアーは買ってるって公言してるわねウホ!

日本もやってないわけないと思うけど…ウホゥ…(小声

では気を取り直して、まず、ニンテンドースイッチを立ち上げたら、「設定」を選択。

 

次に「設定」内、下の方へスクロールしていくと、「コントローラーとセンサー」という項目があるので選択します。

 

「コントローラーとセンサー」を選択したのち、一番上の「コントローラーの持ち方/順番を変える」へ進んでいきます。

 

最初でもいいんですが、真ん中に配置されている「ホーム」ボタンを5秒間長押しし、インジケーターランプが点灯している状態で、「L」「R」を押すと、接続完了です。

 

レスポンスのいい振動とジャイロ感度

Nintendo Switchの「Joy-Con」や「Nintendo Switch Proコントローラー」には、非常に細かな振動を発生するリニア振動モーターが搭載されています。

本モデルは、HD振動、ダブルモーター、デュアルモーターなど、様々な記述があります。

ですが恐らく、HD振動に関していうと、特許技術も絡んでくるため誇大広告(虚偽)とも言えそうです。

とはいえ、振動レベルは4段階程度あり、純正に近い感覚の振動が伝わってきます。

ジャイロセンサーは、加速度センサーと相まって純正同様のレスポンスとなっています。

振動のON/OFFは、設定から変更できるわウホウホ!

プレステ仕様のコントローラーも数多くありますが、本モデルはスイッチ用(PCも繋げられます)ということもあり、ボタン配列もほぼ同じなので、かなり使い勝手がいいです。

 

バッテリー持続時間は短いものの軽量で使いやすい

純正Proコンの重量は246gに対し、本モデルは208g(たまに207g)と約40g軽量。バッテリー容量の違いによる軽量化ともとれますが、純正に比べかなり軽く感じます。

バッテリー容量は半分以下の500mAhなので、当然持続時間は短いものの、長時間プレイやお子さん向けともいえそうです。

またグリップ部分の人工皮革は、スベスベのABS樹脂部分に比べ、かなりグリップが効いていて、滑り防止に役立っています。

 

インジケーターランプは青色に点灯

純正のインジケーターランプ(LED)は緑色ですが、本モデルは青く点灯。

ペアリング時は、4つのランプが素早く点滅し、充電時は4つのランプがゆっくり点滅します。※純正と同じく、ゲームプレイ、接続時は、ランプ1つで1コン、2つで2コン、3つで3コン、4つで4コンといった具合に点灯。

 

 

広告

気になった点・注意したほうがいい点

本モデルは、ショップページの商品説明に統一感がなく、本体仕様書とも異なる表記が多々あり、(中華企業の売れればOK的なハングリー精神に敬意を表しつつ、)突っ込みどころ満載の商品です。

ですが、価格が価格なだけに、概ね不満はありません。

しかしながら、本モデルは社外品。当然純正プロコンと全く同じ、というわけではありません。

気になった点をいくつか紹介していきます。

 

NFC(amiibo)非対応

冒頭から言っているように、本スイッチ互換Proコントローラーは、NFC(amiibo)非対応です。

NFCは「Near Field Communication」の略で、近距離無線通信のことウキ!

現状スイッチでは、amiiboで使うことがメインだけど、スマホではキャッシュレス決済(おサイフケータイ)なんかに搭載されてる機能ウキ!

とはいえ、普通にゲームをプレイするだけなら、NFC(amiibo)はなくてもさほど影響はありません。

著者もそうですが、アイテムが欲しいとかキャラクターが欲しいとか、コレクター気質がないのであれば、なければないで問題なく遊べます。

というより、ジョイスティックが故障していてたとしても、amiiboには使えるので、本製品を使う場合は割り切るしかありません。

 

amiiboのエラーが毎回通知される

しばらく使ってみましたが、通信状況は良好です。数時間プレイしてみても、接続が不安定で切れてしまったということは、今のところありません。

一部レビューで、“繋がらない・すぐ接続が切れる”といった声も見かけましたが、本製品は様々なショップや業者が売りさばいているため、相当数出荷されています。中華製品だからというわけではなく、分母数が多いので、初期不良品が出るのは容易に想像できます。

 

ですが、使っていて少し鬱陶しく感じたのは、上記アナウンスがちょっとしたタイミングで毎回出ることです。

ゲームプレイ中に通知が来たことはないものの、地味にストレスです。

加えて、純正コントローラーは「HOME」ボタンを押せば本体が起動しますが、本製品は「HOME」ボタンを押しても4つのランプが点灯するだけで本体は起動してくれません。

本体を起動したのち、「HOME」ボタンを押して接続となります。

 

2020/1/23追記:バッテリー持続時間は4~5時間程度

バッテリーはカタログ値で6時間(業者によっては12時間表記も)程度となっています。

しかしながら、実際は4~5時間程度と思っておいた方がいいです。

これだけ持てば充分とも言えますが、本家プロコンと比べると、充電頻度は圧倒的に多いです。

キッズは親御さんが時間制限等設けていると思いますが、ゲーマーがぶっ通しで10時間プレイといったことはできないので、その場合は2台持ち、3台持ちも視野に入れておいた方がいいかもしれません。

 

2020/1/23追記:パススルー充電非対応

パススルーというと少しニュアンスが異なるかもしれませんが、要はゲームをしながらの充電ができません。

実はこれ、かなり致命的で先述の通り、バッテリー持続時間は本家のプロコンより短いため、プレイ中にバッテリー切れ、なんてことにもなりかねません。

そうならないためにも、プレイ後は充電することを徹底しておきましょう。

 

2020/5/15追記:ショップ、製品(ロット)によって多少個体差アリ

何度か言っているように、本製品における一番のメリットは、“安い”の一点。何の不満もなく使用していたので、今回新たに2台目を購入しました。

そこではじめてわかったのですが、別のショップ(今回は楽天)を利用したところ、先に挙げた「amiiboのエラーが毎回通知される」ことがなくなりました。

その代わり、ペアリングがすんなりいかなかったり(一回目のみ)、インジケーターランプの表示がやや異なったりと、どうやら安物なりの個体差がありそうです。

というより、品質管理が均一には行われていないって感じウキ!

とはいえ、使えないというわけではなく、以前と変わらず使えています。

プロコンが故障して以来、本互換コントローラーを使用していますが、耐久性もほとんど変わらないので、ガチでおすすめです!

 

 

Nintendo Switch用互換Proコントローラー 総合評価

Nintendo Switch用互換Proコントローラー 総合評価

約2,000円で、ほぼ純正と同じ感覚で使える互換コントローラーと思えばかなり満足度の高い製品です。

もしNFC対応のコントローラーが欲しいなら、下記商品なんかもおすすめです。

AmazonBEBONCOOL スイッチ プロ コントローラー

これでも純正の半額ぐらいねウホ!

サードパーティ製のコントローラーは、ある程度の妥協は必要かもしれません。完璧な互換・サポートを望むなら純正一択ですが、ガチ勢ならさておき、娯楽で遊ぶぐらいなら、サードパーティーで充分。

一応各ショップ、大概1年保証は付けていますし、いくらかのサポート体制への不安はあるにせよ、価格を考えれば及第点ともいえます。

この辺りを妥協できるなら、わざわざ地味に高くて壊れやすい、純正Proコンを選ぶ理由は特にありません。

中華製「Nintendo Switch用互換Proコントローラー」、おすすめです!

【総合評価】
製品名 Wireless Controller For Switch
 総合おすすめ度 4.1

 

 

ゲームは娯楽だからこそ自分が楽しめる環境へ

消耗品とはいえ、ニンテンドースイッチのコントローラーは、プレイステーションやかつてのデバイスに比べると、圧倒的に壊れやすいような気がします。

著者のプレイ時間は1,000時間を余裕で超えてきているので、壊れるのも当然といえば当然ですが、あらゆるコンシューマーゲームをプレイしてきて、コントローラーを1年足らずで買い替えたのはスイッチが初めてです。

しかも純正コントローラーは、キッズやティーンには手痛い出費のハズ。

できるだけ出費を抑えたい方はぜひ検討してみてください。

また、在宅が多くなっているご家庭では、ゲーム中、テレビ(モニター)を占拠されたりと、何かと不便だと思います。

Switchはポータブルデバイスなので、様々なモードでプレイできますが、やはり画面が小さいと疲れます。

ポータブルモニターがあると、どこでも大画面でプレイできるので、色々なものを組み合わせて自分のベストなゲーム環境を作ってみてくださいね。

参考Lepow 15.6インチ FHD モバイルディスプレイ レビュー|実用性と携帯性に優れたお手頃おすすめサブモニター

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-Banggood, ガジェット, 便利グッズ・other, 商品レビュー
-, ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2020 All Rights Reserved.