イヤホン ガジェット 商品レビュー

GENKI Waveform ブラック レビュー|高級感やや高め?遊び心と無難な2色のカラバリ

更新日:




GENKI Waveform ブラック レビュー|高級感やや高め?遊び心と無難な2色のカラバリ

以前レビューした、2デバイス同時接続や通話と音楽の同時接続にも対応した高機能イヤホン「GENKI Waveform」。

今回は、もう一つのカラーバリエーションであるブラックのモデルをレビューしていきます。

 

GENKI Waveform (ブラック) 実機レビュー

前述の通り、今回は仕様や機能面などは割愛。

その他実際の使用感などの詳細レビューは下記をご確認ください。

 

化粧箱・パッケージ

以前はサンプルでしたが、今回は正規品。

サンプル時にはなかった、日本市場向けの化粧箱外箱が加えられています。

 

ですがパッケージングはほぼ変わりません。

 

強いてあげるとするなら、まだ日本語に非対応だった取説とケーブルがサンプルよりしっかりしたものとなっています。

 

サンプル時は細く、やや貧弱だった付属ケーブルですが、USB-C to USB-Aケーブル、USB-C to 3.5mmケーブル共に径が太くなり、プラグ部分も一方はL型、一方は長く頑丈で、堅牢性も期待できそうです。

 

前述の通り、取説は日本語他多言語に対応しています。

 

筐体・デザイン

スマートケース

オール樹脂製のため、ブルー同様プラスチッキーな印象があるのは否めませんが、タイトルにも記載した通り、(本カラーの方が)高級感があるような気がします。

 

ブルーは上部がゴールドとなっていたせいか、樹脂感が一層際立ってましたが、ブラックはMacのスペースグレーを彷彿とさせます。

配色の問題もあるとはおもいますが、少なくともブルーより落ち着いた印象を受けます。

 

内部の配色も異なり、イヤホン格納箇所にはグレーのパーツが用いられています(ただこちらに関してはブルーの正規品も同じかもしれません)。

また、サンプル時にはなかった各種認証なども印字されています。

 

イヤホン

ケース同様イヤホンに関しても、ブラックの方がカラーのバランスがとれている印象です。

 

好き好きではあるものの、イヤーピース(のカラー)との統一感もより感じます。

以前のレビューでも言った通り、Waveformには、シリコンタイプ、フォームタイプ、ウイングチップそれぞれ、S・M・L3サイズのイヤーピースが同梱されています。

 

とはいえ、いずれにせよやや安っぽい樹脂感は健在なので、もう少し価格を抑えて欲しいというのが本音です。

 

 

広告

GENKI Waveform ブラック 使用感・評価・感想

以前のレビューにも追記しましたが、しばらく使用してみて改めて気づいた点を記しておきます。

あくまでも個人の感想ですが、iPhone(AACコーデック)で使用時は、本イヤホンの良さはあまり感じられませんでした。

決して低音質というわけではないものの、奥行きや臨場感はやや感じられません。

またAndroidでもaptX対応デバイスだと同様です。

 

「GENKI Waveform」は、aptX Adaptive対応です。

高音質を求めるなら、ペアリングするデバイスもイコライザーやaptX Adaptive対応のものを用意し、視聴環境を整えることをおすすめしておきます。

 

 

GENKI Waveform ブラック 総合評価

GENKI Waveform ブラック 総合評価

カラーバリエーションなので、つまるところ好みの問題ですが、個人的にはブラックの方が面白みには欠けるものの、普段使いはしやすいのではないかと思います。

機能盛りだくさんとはいえ、価格が価格なだけに安っぽいのは致命的。

樹脂感が全面に出ているブルーは、安っぽさが否めないので、筆者個人的には迷ったらブラックがおすすめです。

【総合評価】
製品名 GENKI Waveform
ブラック
 総合おすすめ度 4.5

※Makuakeのプロジェクトページへのリンクです。現在は終了しています。

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-イヤホン, ガジェット, 商品レビュー
-, , , , , ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2022 All Rights Reserved.