IoT ガジェット 便利グッズ・other 商品レビュー

eMeet NOVA WEBカメラ レビュー|テレワークなどにオススメな汎用性重視96°広角フルHD対応ウェブカメラ

投稿日:




eMeet NOVA WEBカメラ レビュー|テレワークなどにオススメな汎用性重視96°広角フルHD対応ウェブカメラ

※メーカーよりサンプル提供

以前同社のWEBカメラ、「eMeet C960」をレビューしましたが、正直やや不自然な色味ながら、価格は3,000円以下、暗所に強く明るさ充分なコスパに優れたウェブカメラでした。

今回は、そのeMeetから新たにリリースされているウェブカメラ、「eMeet NOVA」のレビューをしていきます。

 

eMeet WEBカメラ NOVA インプレッション

eMeet WEBカメラ C960 インプレッション

「eMeet NOVA」は、スペック上ではC960に極めて近いウェブカメラです。

違いはというと、

より広角で焦点距離が広範囲

なのが特徴です。

もちろん、煩わしい設定などは一切不要で、USBで接続するのみのプラグアンドプレイ。

まだまだテレワーク需要が高まりそうな令和時代。手軽なウェブカメラのひとつとして、ぜひチェックしてみてください。

 

スペック紹介

eMeet NOVA
HD USB camera for video calling and web conference
モデル C960
カラー ブラック
センサー 1920x1080p CMOS
ビデオ解像度/フレームレート 1920X1080p/30fps(有効画素数:200万画素)
フォーカス オートフォーカス
フォーカス範囲 >20cm
視野角 96°
マイク数 2つ
マイク指向性 全指向性(無指向性), ノイズリダクション
レンズ 4層
その他 三脚対応ユニバーサルクリップ
サイズ※幅 × 高さ 100mm × 58.5mm × 54.9mm
重量 約143g ※実測

※取説・ショップページ・公式サイトから抜粋

 

製品の特徴・概要

汎用性重視の一般的なウェブカメラです。

他者モデルと似通った部分はありますが、特徴は下記の通りです。

  1. 焦点距離20cm~のオートフォーカス&広角96°
  2. 有効画素数200万画素1080PフルHD対応
  3. ノイズキャンセリング機能搭載2つの無指向性マイクによるクリアな集音
  4. 様々なデバイスとの互換性と簡単インストール

ユニバーサルクリップや1/4インチネジを採用しているのは、同社モデルC960と同じ。加えて、前後しか可動域が設けられていなかったのが、「Nova」は、左右360°回転可能となっています。

100°以上の広角モデルも多々ありますが、本製品も視野角96°と比較的広角仕様です。

持ち運びもしやすいサイズなので、リモートワークのおともに検討してみてはいかがでしょうか。

  • 1080p/30fps、200万画素の滑らかな描写
  • ドライバーインストール不要簡単接続
  • 広角、ノイズキャンセリング機能搭載
  • 同スペック商品が多い
  • 光量不十分、クリアとは言い難い

 

 

eMeet WEBカメラ NOVA 実機レビュー・評価・感想

eMeet WEBカメラ NOVA 実機レビュー・評価・感想

全体的にウェブカメラの市場は、価格もスペックも似たり寄ったりです。

1080P/30fpsのモデルは、大陸製なら大体3,000円前後、名の知れたブランドで1.5倍から2倍ぐらいの価格帯です。

今回紹介する「NOVA」も、何か秀でた部分があるかというと、正直そこまでなく、極めて汎用性重視の製品です。

同社モデルの「C960」も手元にあるので、比較しつつレビューしていきます。

 

化粧箱・パッケージ

化粧箱は、従来モデルと同じ白と青をベースにしたもので、しっかりしています。

また、PSE(電気用品安全法に基づいた)認証など、日本国内のルールに従った製品となっています。

 

パッケージ内容】

  • eMeet NOVA 本体 × 1
  • 注意事項 × 1
  • 保証書 × 1
  • 取扱説明書 × 1
C960より一回り小さいわねウホウホ!
ゴリ子

 

マニュアルは、世界中に販路を持つeMeet製品共通で、日本語を含め英・中・独・伊・西・仏の7言語に対応したマルチリンガルです。

 

筐体・デザイン

eMeet NOVA 筐体・デザイン

カラーはブラックのみで、前面左右にマイク、中央にレンズ、左側にLEDを集約させた、オール樹脂筐体です。

 

ユニバーサルクリップや滑り止めはC960と同じ。詳しくは下記リンクをご参照ください。

 

当然底面には、1/4インチネジ穴を配置。

クリップで挟むだけではなく、ミニ三脚などを用いることで、自由に設置場所を変更できます。

 

ミニ三脚を使用したイメージが上図です。

ただこのネジ穴、おさまりが悪く(恐らく樹脂部分が干渉)、実は無理やりはめています。

おさる
レビューにもあったけどネジ穴サイズが少し小さいウキ!

 

接続端子はUSB 3.0を採用。

ケーブル長は約1.8mあります。

 

ショップには137gとの記載がありましたが、実測では143gです。

 

 

eMeet WEBカメラ NOVA 使用感

どこに設置しても角度調節自由なユニバーサルデザイン

通電(使用)時、画像のようにロゴ下部分の青色LEDが点灯するのも、従来モデルと同じです。

 

ユニバーサルクリップも同じ仕様で、薄型液晶でも挟むことができますし、多少厚くても問題なく設置できます。

使用端末Dell XPS 13 2-in-1 プラチナ(7390) レビュー|打倒MacBook Pro?!エンタメから動画編集までこなすフラッグシップモデル

また、カメラ部分が前後だけでなく左右360°回転式のため、従来モデルに比べ、さらにフレキシブルに利用可能です。

 

可もなく不可もなくな画質と音質

上記画像はLINEにてビデオ通話した際のデフォルト画像です。※自分側を拡大

C960は白みがかっていたものの、もう少しはっきりした描写で、同じ明るさでももう少し鮮明な印象です。

比較画像も後述しますが、NOVAは正直なところ、画質、音質共に可もなく不可もなくといったところ。やや寒色寄りで寒々しい雰囲気です。

 

アプリ側にて加工(補正)を加えると、著者の顔のシミなどもお分かりいただけると思いますが(涙)、個人的にはこのぐらい暖色がかっている方が好みです。

オートフォーカスが効いているため、ピントが合わないこと自体はなく、どの距離でも比較的焦点が合います。

ただ少し輪郭がぼやけ気味で、クリアな描写とは少し言い難い印象です。

また音質も、PC内臓マイクと切り替えて何度か試してみましたが、相手曰くノートPC内臓マイクとの違いは全く分からないとのことです。(相手側のデバイスや環境にもよるかもしれません)

とはいえ、決して使えないというわけではなく、遠くからでもしっかりと集音できていますし、価格相応といえそうです。このクオリティなら充分会議に使えますし、快適に通話できます。

おさる
因みにPC内臓マイクで集音作業だけすると、こもり気味で使えたものじゃないウキ!

集音用途に使うと比較的クリアに集音できているのがわかるウキ!

 

 

広告

「eMeet NOVA」と「eMeet C960」の比較

筐体サイズの比較

「eMeet NOVA」と「eMeet C960」の比較

左がC960、右がNOVA

筐体サイズは画像の通りで、NOVAの方がひと回り以上コンパクト設計です。

 

クリップを用いてPCに並べてみると、設置時の占有率はさほど変わらないため、どちらを選択しても問題はなさそうです。

 

画質の比較

eMeet NOVAのカメラ画質

eMeet NOVA

画像は「eMeet NOVA」でカメラアプリを立ち上げた際の画質です。

太陽光が差し込む比較的明るい部屋(日中)では快適に使えます。

しかしながら、この明るい部屋でさえ影の方へカメラを持っていくとノイズが入り、暗くなりすぎる印象です。

また、薄暗い部屋にてテストしてみたところ、ノイズが入り過ぎるため、夜間などのリモート中はデスクライトなどがあった方が無難です。

 

eMeet C960の画質

eMeet C960

C960を同じ環境で撮影してみました。

同じく暗所はノイズは入りやすいものの、明るく映し出してくれます。

画角は90°なので、NOVAと比べてほんの少し画角が狭くなっています。

 

XPS 13 2-in-1(7390)内臓カメラの画質

XPS 13 2-in-1(7390)

最後に番外編で、XPS 13 2-in-1(7390)内臓カメラです。

720Pのため一番不利な状況ですが、色味は一番好みです。

ただ画角は狭く、画像は粗め、ノイズも入りやすく、画質は一番悪いです。暗所においても使い物にならないレベル。

NOVAはやや寒色寄りながら、C960に比べ、より自然な色味を表現してくれます。

暗所での画像は今回掲載していませんが、著者が本製品をメインで使うなら、リングライトやデスクライトは設置しておきます。

正直言うと、スマホのインカメラの方がずっとノイズも少なくきれいに描写してくれるのは間違いありません。

本製品を使う際は、過度な期待はせず、業務用と割り切るなり、ある程度妥協する必要がありそうです。

 

 

気になった点・注意したほうがいい点

既に注意点は前述した通りです。

以前レビューした「TENVIS TW888」同様、お手頃価格のウェブカメラと思って使えば何ら問題ありません。

ただし、

プライバシーシャッターは非搭載

です。

また重複しますが、さらになめらかな画質や高音質を求めるのなら、さらに費用を費やし4K対応や60fps対応などのモデルを選ぶのが賢明かもしれません。

とはいえ、M1チップ搭載のMacBook ProやAirでさえも未だにアップデートされておらず、720Pを継続採用しています。

実際あまりいい評判は聞きませんし、それらと比べても「eMeet NOVA」はクリアで鮮明な描写と言えそうです。

 

 

eMeet NOVA WEBカメラ 総合評価

eMeet NOVA WEBカメラ 総合評価

業種にもよりますが、今後もテレワーク需要は益々増えていくであろうことは容易に想像できます。

現に当メディアで紹介しているいくつかのIoT関連製品は、今もなおよく読まれています。

スマホやタブレットさえあればリモートワークは可能です。(もちろんPC内臓カメラでも事足りる)

ただ一般的に作業効率を重視するのなら、いつでも取り外し可能で様々なデバイスに互換性のあるウェブカメラは必須アイテムです。

「eMeet Nova」は、3000円台という価格的にも手を出しやすい製品なので、選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

【総合評価】
製品名 eMeet NOVA
HD USB camera for video calling and web conference
 総合おすすめ度 4.0

 

 

関連リンク

AmazoneMeet C960 ウェブカメラ

TikGadgetSkypeやzoom会議におすすめ!eMeet NOVA WEBカメラレビュー:(メーカー推奨のレビュー記事)

 

 

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-IoT, ガジェット, 便利グッズ・other, 商品レビュー
-, , , , , , , ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2021 All Rights Reserved.