ガジェット 便利グッズ・other 商品レビュー

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン 実機レビュー・評価・感想|ハイコスパは本物?!

更新日:




SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン 実機レビュー・評価・感想|ハイコスパは本物?!

SoundPEATS(サウンドピーツ)といえば、Amazonにベストセラーを持つオーディオ機器(主にモバイルアクセサリー)に特化したブランドです。

今回はそのベストセラーになった商品、「SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン」の実機レビューをしていきます!

価格帯としてはリーズナブルな3,000円台、評価は人それぞれだけど大半が高評価で期待できるウホ!

サウンドピーツの無線デバイスは、しっかりと日本の技適(技術基準適合証明)を取ってるから安心できるメーカーウキ!

 

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン 実機レビュー

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン 実機レビュー

いきなりですが、訂正です。

公式サイトにも載っていなかったので詳細は不明ですが、本製品は「Q30 Plus」です。おそらく現行のQ30と同じ製品だと思います。

同社ラインナップにQ12という製品とスペックが類似しており、防水規格や連続運転時間などがやや劣るものの、コスパが高いことからコチラも人気が高い製品です。

そんなサウンドピーツの主力製品、「Q30(Plus)」をサンプル提供いただいたので、徹底レビューしていきます!

 

スペック紹介

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン スペック

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン
モデル Q30
規格 Bluetooth4.1
対応プロファイル HFP/HSP/A2DP/AVRCP
チップセット CSR8645
コーデック APT-X
通信距離 10m
充電時間 1~2時間
待機時間 約100時間
バッテリータイプ 3.7V/55mAhリチウムポリマー電池
寸法 635.0 × 25.0 × 32.0mm
重量 約15.0g

 

製品の特徴・概要

特徴は、防水規格IPX6に対応しているため、雨天でも気にせず使用できます。※防塵対応は無し

また、APTXコーデック対応で、従来に比べ遅延も少なく、臨場感あるサウンドが楽しめます。※APTX/AACコーデックについては冒頭のリンク先記事にて解説しています。ご参照ください。

加えて、CVC6.0ノイズキャンセリング機能が搭載されており、通話時の音がよりクリアになっています。

“低音重視”とのことで、ベース音やドラムなどの音をしっかり聞きたい人にもおすすめです。

バッテリーは連続再生8時間とロングライフ、そして、イヤホン同士がマグネットとなっている落下防止になる仕様です。

主に、ランニングなどのスポーツが趣味の方や、運動中に音楽を聞いていたい方におすすめのモデルです。

音沼はハマりだすとやばいウホ!感じ方は個人差があるからレビューをいくつか見て、必要なことはしっかり確認するウホ!

安かろう悪かろうの時代は終わったウキ!登録商標も取得していて日本向けの販路もしっかり確立しているウキ!

 

化粧箱・パッケージ

化粧箱は黒を基調としたデザインで、オシャレに仕上がってます。※外装フィルムがありましたがすでに剥がしてあります。

スライド式の箱で、中箱も黒一色です。クイックガイドも日本語対応しており、好印象。

クイックガイドの下に、ロゴ付き?のキャリーケースがお目見えです。

見ようによっては「SoundPEATS」の頭文字のS/Pな気もしますが、会社名の「SHENZHEN SOUNDSOUL INFORMATION TECHNOLOGY CO. LTD」のS/Sかもしれませんね。

次はパッケージ内容です。

【パッケージ内容】

  • 1 × Q30 Plus Wireless Earphones 本体
  • 10 × イヤーピース(XS/S/M/L/XL)
  • 6 × イヤーフック(S/M/L)
  • 1 × キャリーバッグ
  • 1 × USBケーブル
  • 2 × ケーブル留め(バックル)
  • 2 × コードクリップ
  • 1 × ユーザーマニュアル

キャリーケース内に同梱されているものもあるので、もう少し詳しく見ていきます。

イヤーピース/チップは耳の大きさが違った場合でも誰でも使えるように、かなり細かく設定されています。

カナル型は密閉性大事ですからね。

キャリーケース内への収まりは上図のようになります。

マニュアルは英語、日本語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語の6ヶ国語対応。

前回サウンドピーツ製品をレビューした時にも言いましたが、不自然な日本語がないのが“中華ブランドらしからぬ”スバラシイところ!(褒め言葉)

 

外観・機能性・使用感

見た目は正直かなりcheesy(安っぽい)です。

レッドという色がそうさせてるのかもしれませんが、コードは細め、コントローラーはプラスチッキーです。

左から音量「−」/前の曲、LEDインジケーター/マイク※小さい穴のところとその隣、マルチファンクションボタン(以下MFB)、音量「+」/次の曲です。

ここの部分にUSBポートも付いています。

 

ハウジング部分は光沢のないメタルで仕上げているので高級感があります。ある意味ここでバランスを取っているような印象です。

 

ペアリング

MFB長押しで電源ONとなります。

ペアリングはMFBを3秒勘押しっぱなしにし、デバイス間で設定していくだけです。

難なくペアリングできました。

この辺りは通常のBluetoothデバイスと変わりないですね。

 

音質

次章でも解説しているので、ここでは簡単に触れておきます。

再生デバイス(プレーヤー)によりますが、低音重視しているだけあってしっかりと低音が響きます。

さらに中高音域とのバランスもしっかりと取られており、日常的に使用するには全く不満のないイヤホンです。

この価格帯ではかなり高水準で、ベストセラーも納得の音質でした。

 

いよいよ次は辛口評価していくウホウホ!ベストセラーだからっていいところだけじゃないウホ!

幸いこれまでイヤホンレビューをたくさんしてきてるから音の違いはわかるウキ!

 

気になった点・注意したい点

音質もそこそこで、3,000円前後の同価格帯製品としてはコスパが高いのはいうまでもありませんが、何点か気になった点がありました。

外装だけではく、いくつかのイヤホンと比較してみての感想ですので、ご購入検討中の方は参考にして見てください。

※確認!

音質は搭載チップや使用している音楽ソフトなど、環境、端末によって全く異なります。また、デバイスとの相性や聴くジャンル、聴き手の好みにも左右されます。
当サイトでは、いくつかの端末でチェックしていますが、エージングまではしていません。10時間程度の視聴ですのであらかじめご了承ください。(しばらく使って変化があれば追記します!)

安定性がやや低い

接続の安定性がやや低い印象です。

僕はデスクワークを主にしているので一箇所からほぼ動かないんですが、トイレに立ったりちょっと離れただけでプツプツと切れたりします。

他社製ではあまりなかった現象なのでマイナスポイント。

 

低音は強いもののドンシャリ感は否めない

この価格帯のイヤホンに“どこまで求めるか”という話になりますが、音量を上げれば上げるほどドンシャリ感がでます。

低音が強いという触れ込みがありましたが、個人的には低音より中高音域の音の方が目立つと思います。

しかもボリュームを上げた際の音質は、心地いい音というよりは前述の通りの安っぽいドンシャリ感です。

比較したイヤホンは下記製品。

価格帯は少し異なります(高い)が、聞き比べると雲泥の差。

ただ、『予算が5,000円以下』などの縛りがあるなら、「Q30」は全く問題ない(むしろいい)レベルの製品です。

 

AAC対応ではない

AACは簡単にいうとiOSに用いられるの高音質なコーデックです。

「Q30」はAPT-Xには対応しているものの、AACには対応していません。そのため、iOS端末では従来のSBCコーデックです。

劇的に音質が劣るというわけではありませんが、本製品はAndroid端末を利用しているユーザー向けの製品と思っておいた方がいいと思います。

SBCでも十分音質は綺麗なんですけどね。

 

端末によって認識しない

実は当初ペアリングしようとしていたデバイスは認識してくれませんでした。

Androidのバージョンなのか、本製品の不具合なのかは不明ですが、Android8.0.0では弾かれてしまいました。

接続ができたのはAndroid7.1.1です。

もう一つ付け加えると、ちょっとだけ安っぽいウキ!とは言っても価格帯としてはハイコスパ製品ウホウホウホ!アクティブユーザーにはおすすめウホ!

“お値段以上”が似合う製品ウキ!ただ、レビュアー含めてサクラも目立つしちょっと誇大広告感はあるかもしれないウキィ…。

 

広告

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン 総評

かなり酷評しましたが、トータルしていい製品です。

肝心の装着感ですが、イヤーピースがたくさん付いているので、どれかしら必ずフィットするはずです(サイズの違いが微妙なので、どれがどれかわからなくならないようにお気をつけくださいw)。

僕はデフォルトのMサイズではポロっと抜け押してしまい使い物になりませんでしたが、Lサイズに変えたところ密閉性もフィット感もバッチリになりました。

  • 初めてのBluetoothイヤホン
  • 予算が少ない中で使うBluetoothイヤホン
  • 運動の時だけに割り切って使うBluetoothイヤホン

と言ったように、割り切った使い方をするなら、断然おすすめのイヤホンです。

逆に、音にこだわりがあったり、高い水準を求めるユーザーにはおすすめはできないかもしれません。

ですがあくまでも個人の感想です。人によっては「不満一切なし!最高!」と思うかもしれません。

間違いなく三千円台のイヤホンとしてはおすすめのできる高水準モデルで、ベストセラーも納得の製品でした。

何と言ってもこのコスパ力、僕自身も運動中など割り切ってガンガン使っていこうと思う製品でした!

【総合評価】
製品名 SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン
 総合おすすめ度 4.2

下手な中華ブランドの製品掴むよりは絶対いいウホ!

SoundPEATSは安心の技適付きウキ!1年保証もついてるから不具合が出たら問い合わせるウキ!

 

あとがき

かれこれ様々なイヤホンのレビューをしてきましたが、聴く音楽のジャンルや音の好みもあったりするので、一概にこれが最高とも言い難いです。

1万円以上するものならつゆ知らず、数千円で購入できるものは正直そこまで変わりません。

予算に応じてご自身でチョイスしてみてくださいね!

 

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-ガジェット, 便利グッズ・other, 商品レビュー
-, , ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2018 All Rights Reserved.