ガジェット スマホ 商品レビュー

Elephone U Pro 実機レビュー・評価・感想|スナドラ660有機ELディスプレイ納得クオリティハイスペスマホ

更新日:




Elephone U Pro 実機レビュー・評価・感想|スナドラ660有機ELディスプレイ納得クオリティハイスペスマホ

※GearBestよりサンプル提供

先に言ってしまいますが、「Elephone U Pro」最高です。

Elephoneスマホのクオリティ史上“最高”と言っても過言ではありません。※2018/2/16現在

カタログ値だけで判断しても、Elephoneが力を入れているのも伺い知れますし、本端末は、Elephone社製にとどまらず、紛れもなくフラッグシップモデルと言って良さそうです。

Snapdragon 660を搭載し、AMOLEDディスプレイ採用のフラッグシップスマホ、「Elephone U Pro」の実機レビューの評価や感想を述べていきます!

文句なしにハイスペ・ハイクオリティスマホウキ!
"Pro"じゃなくても見た目のデザインだけでも買う価値ありと思わせてくれる一台ウホ!

 

Elephone U Pro 実機レビュー

※今回のサンプル製品のカラーはブラックです

Elephone U Proの魅力や特徴を簡単におさらいしておきます。

前述の通り、CPUにはクアルコム社のスナドラ660(Elephone UはHelio P23)を搭載。ストレージは6GB + 128GBの余裕たっぷり仕様。カメラはArcSoftの13.0MPデュアルリアカメラ(インカメラ:8.0MP)を採用。そして、AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)ディスプレイによる高精細かつ省電力化を実現。

その他、流行をしっかり抑えた顔認証(FACE ID)縦長ディスプレイ(5.99インチ-18:9)など、魅力がぎっしりと詰まった端末です。

エッジ部分が湾曲した、サイドエッジディスプレイを採用したことにより、パッと見はGalaxy S8シリーズとそっくりな本端末、その実力やいかに?!

それでは徹底レビューしていきます!

  • スナドラ660搭載フラッグシップモデル
  • こだわり抜かれたデザインとトレンド機能
  • ArcSoft社13.0MPボケ対応デュアルカメラ
  • 中華スマホらしいコスパの高さがやや希薄
  • 対応ケース、フィルムが見つけにくい

※▲GearBestへのリンクです

関連記事徹底解説「GearBest」の使い方と注文方法 | 海外ガジェット専門通販サイト

ELEPHONEデバイスをメイン使用してきたこそわかる、これは見ればわかる凄いヤツウキ!
予算が合えば使って見てほしいスマートフォンウホ!

 

化粧箱・パッケージ

最近のElephoneの化粧箱は、白下地に青文字といった爽やかな印象を与えるものが多かったんですが、Elephone U Proは高級感のあるパッケージングです。

黒一色にワンポイントで光るロゴがいいアクセントになってますね。

箱の中身もしっかりと"Pro"仕様になっています。

パッケージ内容・付属品

【パッケージ内容】

  • 1 * Elephone U Pro 本体
  • 1 * 充電アダプタ(Cタイプ:EUプラグ)※国内仕様の場合は変換アダプタが必要
  • 1 * USBケーブル(Type-C)
  • 1 * SIMピン
  • 1 * タイプCイヤホン変換ケーブル
  • 1 * 保護フィルム
  • 1 * TPUケース
  • 1 * ユーザーマニュアル

※パッケージ内容は一部中華ECサイト(GearBest)からのプレゼントの可能性があります。梱包内容全ての保証はできませんのでご了承ください。

フィルムが同梱されているのはかなり有難いですね。

Elephone U / Elephone U Proはエッジがカーブしたデザインのため、フィルム形状が少し特殊です。

保護フィルムは、海外サイトから別途購入出来るので、予備で持っておいてもなんら問題はありませんが、そのまま使えるのは助かります。

本端末に限ったことではないですが、ケースも同梱されています。端末さえ買えば"Ready to Use"な状態というのは、中華端末ならではの魅力ですね。

マニュアルは英語対応のみ。

変にマルチリンガル対応するより、最低限の説明のスペック表記に留めたこちらの方がずっといいですね。

ELEPHONEはメーカーとして全ての面で刷新されていってどんどん良くなっている印象を受けるウキ!
中華スマホブランド自体のクオリティがどんどん底上げされてきているウホ!

 

Elephone U Pro 使用感

ゴリラガラスとメタルボディの恩恵か、バッチリ綺麗に反射していますね(すみません)。背面はElephoneの十八番、見る角度で煌めく鏡面仕上げになっています。

前面は受話口、インカメラ、センサーや通知ランプ、背面にバックカメラ、指紋認証、フラッシュライトがあります。

右側面にはボリュームボタンと電源ボタン。

左側面は何もありません。

上部にSIMスロット。

下部にスピーカーとUSB Type-C端子です。

DSDS対応のデュアルNanoSIMです。

MicroSIMご利用の方はご注意ください。

microSIMならSIMパンチでセルフSIMカットもできます!ご参考ください。

セルフSIMカットは誰でも簡単にできますが、SIMは借り物です。MVNOによっては返却義務がある場合もあります。また、通信ができなくなる可能性もあります。SIMカットを実行する際は、自己責任でお願いします。

 

ネットワーク(接続性)

ネットワークタイプ FDD-LTE,GSM,WCDMA
GSM B2/B3/B5/B8 (1900/1800/850/900)
WCDMA B1/B8 (2100/900)
TD-SCDMA B34/B39 (2100/1900)
CDMA BC0 (800)
FDD-LTE B1/B3/B7/B20 (2100/1800/2600/800)
TDD-LTE B38/B39/B40/B41(2600/1900/2300/2500)

WCDMAはB1/B8なので、よくあるの中華スマホ同様、SoftBank系が一番相性がいいです。

プラチナバンド非対応のため、山間部や地下はつながりにくくなりますが、都市部ならSoftBank系、ならびにドコモ系のSIMなら使えます(著者が田舎在住でメイン機利用していて何も困っていません)。

中華端末には珍しく、CDMA(BC0)に対応しているため、au系黒ロムでも通話には対応しています。

ですがLTEのメインバンドには非対応のため、au系をご利用の方はWi-Fi環境下使用のサブ機にするか、DSDSをうまく利用するのがいいかもしれないですね。

どちらにしても、サブ機利用するのももったいないので、メイン機利用もアリだと思います(著者が人柱になります)。

ちなみに著者はドコモ系のMVNOとソフバン系どちらも利用してますが、問題なく使用できてます(メイン利用の通話SIMはdocomo系)!

ドコモ系MVNO一部紹介

U-mobile

おすすめ度:

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

おすすめ度:

※楽天ポイントが溜まる・使えるのが最大のメリット

mineo

おすすめ度:

BIGLOBEモバイル

おすすめ度:

OCN モバイル ONE

おすすめ度:

ほとんどの中華スマホは技適マークがありません。利用は自己責任になりますのでご注意ください。

 

次章にて詳しく使用感は解説して行きますが、下図の通り問題なく4Gキャッチしました。

外出時も良好に使えてます。

Android8.0の仕様なので、古いバージョンとは若干表示などは異なりますが、これまで同様APN設定を済ませればOKです!

中華スマホの設計上対応バンドが微妙なのはしょうがないウキ!
結局はユーザーの使用環境次第だから安いからって理由だけで飛びつくのはやめるのが吉ウホ!

 

起動-電源ON-

OSはAndroid8.0(Oreo)。素のAndroidですが日本語化は起動してすぐにできます。

これまでのUIから一新されましたね。

若干表示も変わりました。

と思った矢先、アプデしたらさらに表示が変わりました。

パッと見何かわからないアイコンもあったりしますが、新鮮な気持ちで触れますね(左がアプデ前、右がアプデ後)。

ストレージは64GBバージョンもあるので、SDカードで拡張したい方や128GBも必要ない方はそちらを選んだ方が割安です。

古いファイルを削除して空き容量を増やすことも出来るので、ストレージを食いたくない方はクラウドを利用するなり工夫してください。

設定内もシンプルになっていて使いやすくなったウキ!
アプリアイコンはフラットデザインでカワイイウホ!

 

ベンチマークスコア

AnTuTu Benchmarkは使い勝手悪くて嫌いだったんですが、アプデで一新されましたね。

というわけで、スコアチェックです。

AnTuTu Benchmark

AnTuTu Benchmark

AnTuTu Benchmark
無料
総合評価:★★★★☆ 4.0

総スコアは137769、CPUが63020、GPUが30479でした。

多少前後するとは思いますが、同じSoCを積んだZenFone 4と同等のスコアですね。

スコア上はミッドハイ以上、フラッグシップ機と言ってしまってもいいんじゃないかと思います(現時点ではElephoneの最上位モデルですし)。

Geekbench 4

Geekbench 4

Geekbench 4
¥120
総合評価:★★★★☆ 4.3

Geekbench 4のスコアはシングルコアが1628、マルチコアが5750と、Galaxy S8までには届かないものの、S7シリーズは充分凌駕するほどのスペックです(Geekbench 4内、「Galaxy S8」マルチコアスコア:5213)。

アプデしてたり自動インスコしてたりでバックグランド動いてる状態でのテストだったっからもう少し高いスコア出るかもウキ!
どちらにしても10万超えのスコアが出てるし数値上は高水準間違いなしウホ!

 

カメラ性能

設定変更一切なし(デフォルト)のオート撮影

Elephone U(Pro)は、他モデルと比べてカメラ性能が向上しています。

同メーカーで、ダブルレンズを搭載した端末は本モデルが初。カメラ機能もかつてよりかなり充実しています。

基本はオート撮影で問題ありませんが、ISOや露出、ホワイトバランスの他に豊富な撮影モードがあります。

オート撮影だとその場の環境(明暗など)により、色味がちょこちょこ変化するのが少し気になりましたが、オートフォーカス(AF)も早くなり、かなりクリアで自然な描写をしてくれます。

インカメラによるオート撮影

8.0MPのインカメラも自然な色味で綺麗な描写です。

また、ArcSoft社のアルゴリズムによる“ボケ描写”が、Elephone U(Pro)のウリです。

右上のアイコンをタップすることでF値(カメラの絞り)を開放することができます。※表示が若干違うのはアプデ前(左)とアプデ後(右)の違いです。

被写体がいまいちですけど、何枚かイメージフォトをご紹介しておきます。

上下どちらの画像も、左が絞り開放で撮影しています。

撮ってみて思うのが、これまで中華端末でいくつも見てきた、“無理やりなボケ”という感じではありません。

突然暖色になったりするなど、オート撮影は少しクセはありますが、ナイトビジョンにも強いですし、中華端末にしてはレベルの高い撮影ができそうです。

ただ、セルフィー用のフラッシュライトは付いていないため、セルフィーでライトを仕様したい場合は、画面を真っ白にしてフラッシュライト代わりにする仕様です。

青白い寒々しい画像になるのでセルフィー好きの方はご注意ください。

でもここのサイトで撮影している機材は全て中華スマホウキ!
ある程度の水準はもうクリアしてるからあとは好みの問題ウホ!

 

マルウェアチェック

Mobile Security & Antivirus

Mobile Security & Antivirus
無料
総合評価:★★★★★ 4.6

マルウェアやスパイウェアも巧妙化しているので、未然に防ぐ意味でも必ずチェックしておきましょう!

Lenovoなど過去の端末では何度かウィルスを検出しましが、Elephone端末は一度も出たことがありません

バンド対応さえしてくれれば、今後は大本命のメーカーになるんですけど、ちょっと惜しいところです。

サブ機なんてもったいないウキ!ガシガシ使いたいからこそちゃんとチェックするウキキッ!
価格がそれなりにするんだからサブ利用なんか愚の骨頂ウホ!

 

その他注目機能

注目機能だけではなく、個人的に評価したいポイントなどの解説も含みます。

まだ使い始めて間もないので、新たに発見し次第追記していきます。

サイドエッジディスプレイ

顔認証や指紋認証、NFCなどのトレンド機能は全て収まってるのでこれらに付いてはあえて説明はしませんが、Elephone U Proの特徴の一つにサイドエッジディスプレイがあります。

公式動画で見たものとは少し違いましたが(アプデしたからかもしれません)、サイドエッジに任意のアプリなどを設定できます

 

小ささを感じさせない5.5インチディスプレイ

現在メイン利用しているElephone S8(画像左)ですが、かなり大画面なのがお判りいただけると思います。

ですが大きい分、手へのフィット感が少し悪く、重量もずっしりくるというデメリットがあります。

この端末を使っていたからということももちろんありますが、Elephone U Proを手に持った瞬間、「軽い!薄い!でも画面でかいし見やすい!」と叫んでました。

こうしてみると重量はそこまで軽いわけではありません。ただ、中華デバイスはヘビー級端末も多いのでかなり軽く感じます。

もう一つ付け加えると、AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)ディスプレイの恩恵もあり、視認性もよく省電力ともなれば使わない手はなさそうですね。

もしかしたら今後はこのスペックの製品が主流(ミドルスペック)になるのかもしれないウキィ
中華スマートフォン市場おそるべしウホ!

 

広告

気になった点・注意したほうがいい点

注意点を探して見たんですが、今回はガチで見当たりません。

中華端末特有の対応バンドの少なさ、サポートの薄さ、アクセサリー類の手に入りにくさなどは、製品と直接関係ないので除外します。

アラを探せば何かしら出てくるんですけど、今回は何もありません。

強いていうならその価格でしょうか。

Elephone U Pro(128GB)なら5万超え、Elephone U(128GB)なら4万超え。どちらも決して安いとは言えません

でも、Elephoneは年々クオリティが上がっていると思いますし、予算に合うなら持っていて損はない端末です!

日本国内仕様端末でもっと低価格帯もあるしよく吟味するウキ!
安かろう悪かろうの時代が終わって高かろう良かろうの時代到来?!ウホ!

 

Elephone U Pro 総評

ZenFone 4を筆頭に、今後はこのあたりのスペックのスマホが、ミドルスペックの基準になってくるかもしれませんね。

仕様書(メーカーサイト)では全く触れられてませんが、スピーカーの音質は音ごもりも無くクリアで綺麗です。

18:9の縦長ディスプレイに対応したアプリもどんどん増えてきましたし、スタイリッシュさに重きを置きたい方にはオススメのスマートフォンです。

スペックに妥協がないぶん、全ての作業がストレスフリーにサクサクヌルヌル使えますし、細部までこだわりを感じさせてくれるいいスマホでした!

【総合評価】
製品名 Elephone U Pro
 総合おすすめ度 4.7

※▲GearBestへのリンクです

関連記事徹底解説「GearBest」の使い方と注文方法 | 海外ガジェット専門通販サイト

不具合があれば順次追記していくウキ!
気になることがあればコメント欄からじゃんじゃん質問してほしいウホ!

 

あとがき

管理人の仕様用途もそこまでハードユースではないので、Elephone U Proは正直オーバースペックなんですよね。

でも、メインスマホとして使っていきます。

3Dゲームを試しにプレイして見ましたが、ラグもなく普通に楽しめました。

海外旅行にも普通に使えますし、オススメのできるスマホでした!

 

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-ガジェット, スマホ, 商品レビュー
-, , ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2018 All Rights Reserved.