おすすめ音楽 音楽

楽器挫折経験者にウクレレがおすすめな5つの理由|今日からあなたも楽器奏者

更新日:




楽器挫折経験者にウクレレがおすすめな5つの理由|今日からあなたも楽器奏者

当サイトのメインコンテンツはガジェットならびに、管理人が面白いと思ったもののレビューが大半です。

ただ、読者様の中にはレビューしておきながら、“本当に使ってるのか”半信半疑な方も多いはず。

SNS上ではたまに呟いているんですが、僕は今絶賛ウクレレにハマり中です。

ウクレレを選んだのは、過去記事でも言っている通り、これまで幾度となく楽器は挫折してきているため、いつ辞めるかわからないものに大金をかけたくない、でも楽器はやりたいという利己的でワガママな理由です。

元々モノから入る質ではありませんが、廉価(初心者)モデルなら安価で、ギターより比較的誰でも演奏可能、そして持ち運びもしやすいウクレレを選びました。

ちょうどウクレレを始めて半年ぐらい経った頃合いなので、ウクレレをおすすめするその理由や魅力をご紹介していきます!

夏の楽器っぽいけど全然そんなことない(と思う)ウキ!
ノリと勢いで演奏すれば誤魔化せる(かも知れない)ウホ!

 

そもそもウクレレとは

ウクレレとは? What's the Ukulele?

ウクレレ(ukulele)は、ポルトガルから持ち込まれた楽器が起源と言われており、ハワイで独自に改良された弦楽器です。

ハワイアンミュージックだけでなく、様々なアーティストや芸人の方達が起用しているため、ウクレレを知らないという方はまずいないのではないでしょうか。

まずはそんなウクレレの魅力をたっぷりと伝えていきます!

 

特徴

photo by pixabay

形状こそギターに似ていますが、弦は4本と一本少なく、女性や子供でも扱えるサイズ感。

そしてハワイ語で、「飛び跳ねる(lele)ノミ(ʻuku)」という意味もあるそうで、軽快なリズムと優しい音色が特徴です。

ウクレレにはソプラノ、コンサート、テナー、バリトンと4サイズあり、サイズは紹介順に大きくなっていきます。

僕もソプラノを使ってますが、みなさんがよく目にするウクレレは、ソプラノウクレレと思っておいて問題ありません。

ネイティブはウクレレをユークレレ(yoo-kuh-LAY-lee )って言ったりウークレレ(oo-kuh-LAY-lee) って発音するウキ!
ファ?!和製英語って厄介ウホ!

 

楽器挫折経験者にこそおすすめしたい5つの理由

前述の通り、著者は楽器挫折経験者です。

ギター挫折(簡単な曲をコードで数曲)、ドラム挫折(8ビートぐらいまで)、キーボード(一瞬で飽きる)と言った具合。

続かなかった理由は、“難しい”この一言に尽きます。

そこまで熱量を捧げられなかった(当時楽器以上にハマるものがあった)とも言えますが、やはり難しい。

そんな簡単にできるわけないのはわかってましたが、飽き性なのもあり続きませんでした。

ところが、ウクレレはもう半年。

のらりくらりとは言え、ここまで続いた楽器は他にありません

さあ、あなたも今日からウクレレデビューしちゃいましょう!(一緒にセッションしましょw)

 

1.簡単 Easy to Play

ウクレレは簡単に弾ける

とにかくウクレレは簡単です。

とっつきやすさはピカイチだと思います。

何と言っても弦が4本。エレキベースも4弦がありますが、フレットの幅が広いため手が小さいと弾くのは一苦労ですし、アンプやら何やら必要なため、費用もかさみます。

根本、音色も違いますしね。

弦が4本というのは、覚えるのも押さえるのも楽なんです。

ギターで苦労するコードが、数本の指でまかなえることもしばしば。また、弦のテンションがギターに比べて弱いため、力を入れて押さえる必要もないんです。

 

2.カワイイ Kawaii

Kawaiiは日本のみならず、グローバルに使える共通言語です。

そのKawaiiがぴったりと当てはまりそうな楽器です。

インテリアとしてもちょっと置いておくだけでアクセントになりますし、ペニースケートボードと似たようなサイズ感、カワイさでインスタ映えもします。

 

3.安価 Cheaper than the other instrument

もちろん例外もありますし、エントリーモデルなら他にも安い楽器はたくさんあります。

ですがウクレレは、調律の心配もなく安心して使えるモデルが、1万円前後からあるんです。

実際僕がメインで今使っている「アリア AU-2」は、ウクレレ本体のみなら5千円強、チューナーやらケースやらDVDやらが付いたセットでも6千円弱ですからね。

入り口は何も、高いものを揃える必要はありません。コスパの高いエントリーモデルを探しましょう!

 

4.ポータブル Easy to Go

ポータブルなウクレレ

楽器の煩わしさと言ったらその大きさです。

Kawaiiと少し重複しますが、サイズが小さいのは持ち運びに最適。何処へでも持っていけます。

室内で弾くのはもちろん、公園やキャンプ場、川や海などアウトドアに持っていくのもオツです。

 

5.簡単でも奥が深い Dipends on a Player

全ての楽器に言えますが奏者によって全く違う表情を見せます。

正直コードで弾くのはさほど難しくないです。ただ、簡略化?された楽器だからこそ奥が深いんです。

アルペジオやカッティングなど、ギターと同様の奏法はもちろん、ハワイアンミュージックだけでなく、あらゆるジャンルの音楽が奏でられます。

ポップス、ロック、レゲエ、スカ、ラティーノ、ジャズ、ボサノヴァ、演歌、童謡に至るまでどんな音楽にもハマります。

練習はもちろん必須ですが、音域が狭いからこそ表現力が養えるのもウクレレの魅力です。

解説

  • アルペジオ:和音を一音ずつ低い音や高い音から順番に弾く演奏技法
  • カッティング:実音とブラッシングと休符を交ぜながら歯切れ良くリズムを生み出す演奏法

簡単だけど簡単じゃないのが魅力ウキ!
音もうるさすぎないし気軽にサッと出してサッと弾けるのがやっぱり魅力ウホ!

 

広告

ノリと勢いで弾くのが楽しいウクレレ

ノリと勢いで楽しめるウクレレ

気軽に演奏できるのがウクレレの魅力です。

現代はインターネット社会、楽譜も無料でいくらでも手に入ります(ギターやピアノも同様)。ですが慣れるまでは正直難しいです。

そこでおすすめしたいのが、「ウクレレ 初心者」等で検索すれば、必ずヒットするYouTubeでも動画をあげてくれている『ガズレレ』さん。

他にも有料級のサイトはいくつもありますが、“リズムに乗って歌う”ことをモットーとしており、まさに音楽を楽しみながら簡単に演奏できます

逆に言えば、多少間違えても声を出してリズムに乗って演奏すれば、勢いとノリでカバーできちゃうんです。

このサイト(ならびに動画)は、ウクレレ登竜門としてチェックしておくことをおすすめします。

 

追記:現在はもっぱら「U-フレット」さんにお世話になってます。

こちらのサイトの素晴らしい点は、

  • 邦楽・洋楽問わず豊富にある
  • 楽曲の視聴ができる(キーやイメージが掴みやすい)
  • ウクレレ表示も可能(ピアノも可)
  • 自動スクロール機能実装(速度を任意に変えられる)

この4点です。

ある程度コードを覚えて来たら次のステップとしてオススメのサイトです!(スマホの全画面広告だけ正直うざいのでやめていただけると嬉しいですw)

リズムも大事だけどいくつかコードを覚えれば流用できるウキ!
うまく弾こうとしなくてもジャカジャカしてるだけでも案外まとまった音が奏でられるウホ!

 

演奏動画

しっかりした動画ではありませんが、第一弾は中華ウクレ、通称ウスレレとの簡単な比較動画です。

スマホでサクッと撮っただけなので少しわかりにくいですが、短い動画となっておりますので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

現在編集中です。もうしばらくお待ちください。

 

管理人おすすめ(使用)ウクレレ

管理人おすすめ、現在使用している初心者におすすめのモデルをご紹介します。

冒頭のリンク先でもレビューしてますが、コスパめちゃくちゃ高いです(楽天で購入するのがおすすめです)!

アリア AU-2

 

 

あとがき

実際手元に来て1時間みっちり練習すれば5曲ぐらい弾けるようになります。

有名な話ですが、ギターで苦労するFのコードがたった2本指で済んでしまうんですからね、敷居はグッと下がります。

恥ずかしながら下手くそですが、動画も今後はこちらのページに随時アップしていきますので、ご興味のある方はたまにのぞいてみてください!

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-おすすめ音楽, 音楽
-, , ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2018 All Rights Reserved.