GearBest ガジェット タブレット

CHUWI Hi 9 Air 実機レビュー・評価・感想|中華タブレットコスパモンスター降臨

投稿日:




CHUWI Hi 9 Air 実機レビュー・評価・感想|中華タブレットコスパモンスター降臨

※GearBest様よりサンプル提供

ミドルハイスペックスマホで多く採用されていたMediaTek社の「Helio X20」。高性能CPUなだけに、最近は中華タブレットで散見するようになりました。

今回は、少し時間が空きましたが、「CHUWI Hi 9 Air」の実機レビュー、ならびに評価や感想を詳しく紹介していきます!

コスパ抜群の高性能10.1インチ2Kディスプレイタブレットウホ!価格はなんと2万円ちょいウホ!

その上4G LTE対応だからメインデバイスとして使えちゃうし人気の理由も納得ウキ!

 

CHUWI Hi 9 Air 実機レビュー

CHUWI Hi 9 Air 実機レビュー

CHUWIといえば、中華端使用の購入障壁の一つ、技適マークが付いていないという問題をクリアしている(唯一と言ってもいい)ブランドです。

今回レビューする「CHUWI Hi 9 Air」も、もちろん技適マークが入った製品です(認証番号の記載がないため本当に取得しているかは不明ですが)。

その上コスパがとにかく高い!シャープ製10.1インチ2K(2,560 x 1,600)の高解像度ディスプレイ4G LTE対応、Helio X20を搭載したミドルハイスペックタブレットです。

既存モデルの「Hi8 Air」や「 Hi9」と比べてさらに実用性が高まっており、現行CHUWI製タブレットの中では一番“買い”のモデルではないかと思います。

OSはAndroid 8.0(Oreo)の最新バージョン。PIP(ピクチャーインピクチャー)や絵文字刷新・追加、オーディオのコーデック追加など、最新バージョンならではの新機能を存分に味わえます。

また、カメラはリアにフラッシュライト付き13.0MP、フロントに5.0MPカメラを搭載。中華タブレットにしてはカメラ性能の充実度が高いモデルです。

筐体はアルミニウム合金を用いた厚み7.9mmの薄型仕様、丸みを帯びたボディでスタイリッシュに仕上がっています。

8000mAhバッテリーを搭載、デュアルバンドに対応しているのも高評価ポイントの端末です!

【CHUWI Hi 9 Air】

CHUWI Hi 9 Air 筐体前面

CHUWI Hi 9 Air 筐体背面

  • 2万円強のハイコスパモデル
  • 2K高解像度ディスプレイ
  • 8,000mAhバッテリー
  • 端末がやや熱を持ちやすい
  • 指紋が目立つ

通常価格:$199.99(¥22,506※2018/06/24現在のレート

国内流通しても売れそうな実用性の高いハイコスパ10.1インチディスプレイタブレットウホ!

技適マークあり、スタイリッシュかつ高解像度で死角なしという感じのAndroidタブウキ!

 

化粧箱・パッケージ

CHUWI Hi 9 Air 化粧箱上

CHUWI Hi 9 Air 化粧箱底

CHUWIはシンプルな化粧箱ですがパッケージングがしっかりしています。化粧箱にはフィルムも付いていましたが、反射してしまうためすでに取り除いてあります。

よくよくみてみると、今回入手したのは「European version」みたいですね。

CHUWI Hi 9 Air 簡易スペック

CHUWI Hi 9 Air サーティフィケーション

外箱にも技適マーク(認証番号の記載なし)含め、認証済みのロゴが数々記載されています。本製品についての真偽は不明ですが、過去モデルに関しては技適マークを取得しています。

確認!【技適認定済み】CHUWIタブレット・ノートパソコンまとめ|技適厨のためのおすすめモバイルガジェット

※2018/6/25現在、本端末(CHUWI Hi 9 Air)の証明書は発行されていません。ご購入の際は自己責任の元ご使用ください。

製品サイズに合わせて固定されていて、箱内でカタカタ動くことがないしっかりした作りです。

CHUWI Hi 9 Air の丁寧な梱包

上箱にもスポンジが用いられており、輸送中の耐衝撃にも配慮されています。

パッケージ内容です。

CHUWI Hi 9 Air パッケージ内容

【パッケージ内容】

  • 1 * CHUWI Hi 9 Air 本体
  • 1 * 充電アダプタ
  • 1 * USBケーブル
  • 1 * 保証書
  • 1 * 製品検査報告書
  • 1 * 適合証明
  • 1 * ユーザーマニュアル

アダプタはCタイプのコンセントプラグ形状です。純正のアダプタを利用したい方は変換プラグを別途揃える必要アリ。

created by Rinker
カシムラ
¥421 (2018/07/16 16:01:00時点 Amazon調べ-詳細)

CHUWI Hi 9 Air の紙媒体

珍しく紙媒体が少し多めです。上から取扱説明書、保証書、検査報告書、適合証明です。

マニュアルは中国語と英語ですが、「注意事項」の項のみマルチリンガル対応。

Hi9 Air 日本語対応なしの取扱説明書

なぜここだけ?という問題はさておき、日本語にも対応しており、さすが日本の技適マークを取得しているだけのことはありますね。

外箱持った瞬間にわかる、「これいいやつやん!」ウホ!

中華端末のクオリティが上がったとはいえ、細部まで配慮されたメーカーは少ないウキ!CHUWIは全体的に国内流通しててもなんらおかしくないクオリティウキ!

 

CHUWI Hi 9 Air 使用感

筐体・デザイン

CHUWI Hi 9 Air 筐体フロント

CHUWI Hi 9 Air 筐体裏面

CHUWI Hi 9 Airのカラーバリエーションはブラック一色のみ。前面には5.0MPのカメラ、裏面にフラッシュライト付き13.0MPのカメラが付いています。

左側面に電源ボタン、音量調節ボタン。

CHUWI Hi 9 Air 筐体左

CHUWI Hi 9 Air 筐体右

右側面には何もありません。

ボトムも同様にフラット。

CHUWI Hi9 Air 認証取得済みロゴ

認証済みのロゴ

タブレットなのでデザインは没個性的ではあるものの、アルミニウム合金をマットに仕上げており、落ち着きある雰囲気です。

上部に3.5mmイヤホンジャック、MicroUSBポート、左右にスピーカー。

CHUWI Hi 9 Air 筐体上部

スタイリッシュに仕上がっていますが、カラーのせいもあり指紋がかなり目立ちます。専用ケース(カバー)があった方がいいかもしれません。

SIMスロットは上部をパキパキと外して開ける仕様。比較的簡単に取り外しできます。ただ、爪が折れたら修復不可能なので、個人的にこの仕様はやや不満。

SIMはDSDS対応のデュアル(Micro)SIMです。4Gも問題なくキャッチしました。ストレージ拡張はMicroSDカードにて最大128GBまで可能です。

注意

こちらの記事でも簡単に紹介しましたが、このSIMスロットの仕様はアタッチメント付きSIM(※SIMパンチなどでサイズ変更したSIM:下記URLご参照ください)は100%引っかかります。著者は分解して取り出しましたが、十分ご注意ください。

参考セルフSIMカットレビュー!SIMパンチでサクッとmicroSIMをnanoSIMへ!

SIMスロット周りの収まりは綺麗だけどここだけプラスチック(樹脂)製だから折れやすいかもしれないから注意ウホ!

普通の人なら気にならないレベルだけどここだけちょっと浮く感じはするウキ!

 

ネットワーク(接続性)

ネットワークタイプ FDD-LTE,GSM,WCDMA
GSM 2/3/5/8(1900.1800.850.900)
WCDMA 1/2/5/8(2100MHz.1900MH.850MHz.900MHz)
FDD-LTE 1/2/3/5/7/8/20(FDD:2100MHz.1900MHz. 1800MHz.850MHz.2600MHz.900MHz.800MHz)
TDD-LTE 40(2300MHz)

対応バンドは中華端末に相性のいいソフトバンク・ワイモバイルならバッチリです。LTE・3G共に主要電波のB1/8を網羅しているため、実用性に長けています。

ドコモ回線の場合、LTEは主要バンドB1/B3に対応、3GはB1の主要電波のみ。auは残念ながら非対応となります。

著者がドコモ系のMVNOをメインで使用しているので、オススメのMVNOもご紹介しておきます。

ドコモ系MVNO一部紹介

U-mobile

おすすめ度: 4.4

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

おすすめ度: 3.9

※楽天ポイントが溜まる・使えるのが最大のメリット

mineo

おすすめ度: 4.2

BIGLOBEモバイル

おすすめ度: 4.0

OCN モバイル ONE

おすすめ度: 4.0

ほとんどの中華端末は技適マークがありません。中華(海外)端末を利用は自己責任になりますのでご注意ください。

よくある中華端末の対応バンドだけど、タブレットだからWi-Fi環境下で使用するシーンが多いんじゃマイカウホ?

DSDSにこだわる必要もないし、やっすーいドコモ系の通信専用の格安SIMでも突っ込んでおけばOKウキ!

 

ディスプレイ・ファームウェア

2K(2560 × 1600)の高解像度ディスプレイは伊達じゃありません。同じインチサイズVOYO i8 Maxの1920 × 1200ピクセルと比べて明らかに鮮やかさがあります。

スマホではドット数が多かろうが少なかろうが、ある一定のスペック以上であれば、そこまで鮮やかさなどの違いは感じられません。

しかしながら、ディスプレイサイズの大きいタブレットでは顕著です。

AMOLED(有機EL)ディスプレイほどではないにしても、発色がよく視認性もバッチリです。

 ファームウェアはカメラフォルダすらない素のシンプルなAndroid。

デフォルトの(プリインストール)アプリも必要最低限しか入っていないので、必要なアプリは適宜入れて使いやすいようにアレンジするのが吉です。

ちなみに何かしらのアプリを入れてもいいんですが、画像はファイルマネージャーから探せます。

CHECK

画像を確認する場合は「ファイルマネージャー」→「DCIM」や「Pictures」などから選択可能です。

 

メモリ・ストレージ容量

やはり、メモリは4GBあると余裕があって安心できますね。

いくつか(PUBG他、データ容量の多い)アプリをインストールしてしまっているので、多少の前後はありますが、端末入手時点のストレージは約8GB(うちシステムが6.9GB)占めていました。

欲を言えば128GB欲しいところだけど拡張できるし問題ないウホ!

なんだかんだ言って4GB + 64GBの組み合わせが一番多いしちょうどいいウキ!

 

ベンチマークスコア

今回も「AnTuTu Benchmark」、「Geekbench 4」両者でスコアチェックしていきます。

ミドルハイスペックスマホ(タブレッド含む)に搭載されるHelio X20(MT6797)。AnTuTuの過去のテストでは9万点前後叩き出しています。おそらく今回も近いスコアが予想されます。

 

AnTuTu Benchmark

AnTuTu Benchmark

AnTuTu Benchmark
無料
総合評価: 4.1

「CHUWI Hi 9 Air」のAnTuTuスコアは102,854、CPUが45,599、GPUが25,203という予想を上回る結果でした。

あくまでもベンチマークスコア上ですが、CPUやGPU共に優れた処理能力を保持しているのが伺い知れます。

 

Geekbench 4

Geekbench 4

Geekbench 4
¥120
総合評価: 4.3

CPUはシングルコアが1,546、マルチコアが4,620で、GPUは3,466という結果でした。

SNSはもちろん音楽再生や映画鑑賞などのストリーミングやブラウジング、データ容量のそこそこ多い3Dゲームも、一切ストレスを感じることなくサクサク使えます。※ゲームにもよります

試しにPUBGをプレイして見たところ、目立ったラグもなく快適に遊べました(低解像度モード)。気にならない程度ですが、時々ほんの少しカクツキがあります(PUBGだとそれが致命傷ですけどw)。

この大画面で重めのゲームがサクサク楽しめると最高ウホ!

ハイスペなのは言うまでもないけど、ちょい使いだけでは勿体無いスペックウキ!

 

カメラ性能

CHUWI Hi 9 Air バックカメラ

バックカメラ(13.0MP)にて撮影

カメラ性能は正直微妙です。こうしてみると十分綺麗にも見えますが、バックカメラは同じ画素数でもVOYO i8Maxの方がより自然な描写でした。

飛び抜けてはいないものの記録媒体として充分といった程度で、ALLDOCUBE X1(T801)のカメラ性能と同じ印象です。

CHUWI Hi 9 Air インカメラ

インカメラ(5.0MP)にて撮影

インカメラに至っても同じで、少し寒色が強い印象を受けます。

ただ、光量さえあればセルフィーも充分綺麗ですし、アプリなどを使って加工すればインスタ映えするような写真も普通に撮れると思います。

あとは好みにもよるので一概には言えないものの、"Not too bad(悪くわない)"が妥当なカメラ性能です。

中華タブレットのカメラ性能はどんどんよくなってきてるウホ!

タブレットでカメラを使う機会はそこまで多くないかも知れないけど一定以上のクオリティは欲しいウキ!

 

マルウェアチェック

Mobile Security & Antivirus

Mobile Security & Antivirus
無料
総合評価: 4.6

スパイウェアやマルウェアを高精度で検出してくれる「ESET」のアプリでチェックしていきます。

Hi 9 AirのAndroidのバージョンは8.0と最新ですし、CHUWI製品でこれまでウィルスを検出したことはありません。問題なくフル活用できますね。

 

 

広告

気になった点・注意したほうがいい点

「CHUWI Hi 9 Air」は目立ったマイナス点が見当たりません。同サイズ&同スペックのタブレットの中では一番バランスよく仕上がっていると思います。

粗探しをしても取るに足らないことですが、2点だけ注意点です。

 

重量がある

中華端末では毎度のことですが、Hi 9 Airも560gとそれなりの重量。軽量化をもう少し頑張って欲しいです。

フラッグシップモデルともなれば軽量化に力を注いでいるブランドもありますが、この部分は全体的に見てもやや手薄。ディスプレイサイズからしても、500gを切るか500g前半ぐらいまでにとどめて欲しいですね。

 

SIMスロット周りの立て付けが弱い

SIMスロットカバー(樹脂)がよくみると浮いています。

ツメが引っかかればパキッと音がするのでこの状態でしっかりとハマっています。この収まりで全く問題はありません

ただ、少しパカパカしていて立て付けが若干弱い印象を受けます。

また、筐体・デザインの章末尾の「注意」の部分でも記載しましたが、このタイプのSIMスロットは“SIMが入り込むと取るのが大変”です。次モデルがあればSIMピンを使うタイプに改良して欲しいです。

あと大きいのとカラーのせいもあるけど指紋が目立つウホ!気になる人はケースやフィルムを活用するウホ

無理やり“粗探し”しただけだからさほど気にする必要ないウキ!正直予算が合えば(合わなくても)オススメのタブレットウキ!

 

CHUWI Hi 9 Air 総評

CHUWI Hi 9 Air 総評

CHUWI Hi 9 Air」のスピーカーは上部にステレオスピーカーが配置されています。ボトムに配置されることが多いスピーカーを、上部に配置しているというのが少し新鮮でした。音の広がりを念頭においての仕様かもしれないですね。

最大ボリュームでもやや音が小さい印象はあるものの、音がビビることもなく音質はソコソコです。

また、記事内で何度か紹介している同SoC搭載、“なんちゃってSurface”こと「VOYO i8Max」と厚みを比較するとこれだけ違います。

上が「VOYO i8Max」、下が「CHUWI Hi 9 Air」

仕様用途は異なる端末ですが、筐体デザインは薄型スタイリッシュに仕上げています(厚み:7.9mm)。

MT6797 ( Helio X20 )搭載タブレットの中では、トータルコストパフォーマンスは最強の端末と言えるかもしれません。※2018年6月現在

メインタブレットとして長く使っていこうと思います!

CHUWI Hi 9 Air価格

【総合評価】
製品名 CHUWI Hi 9 Air
 総合おすすめ度 4.7

※▲GearBestへのリンクです

関連記事徹底解説「GearBest」の使い方と注文方法 | 海外ガジェット専門通販サイト

あらゆる面にほぼ死角なし、完成度とコスパも言うことなしのデバイスで大満足ウホ!

Type-Cが主流となってきた時代にMicroUSBはちょっと残念だけどこれも取るに足らないウキ!グッドプロダクトウキ!

 

あとがき

海外サイトを覗いてもまだ保護ケースのバリエーションがほとんど無いですね。メインタブとしてガシガシ使っていきたいので、ここのラインナップも充実して欲しいものです。

クラファンで資金が集まった小型ゲーミングPCの「CHUWI HiGame」も気になりますし、CHUWIはますます目が離せないメーカーになってきましたね。

 

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

おすすめポケットWi-Fi・モバイルルーター

当サイトで、多く紹介している中華デバイスの弱点といえば、対応電波の弱さ(少なさ)です。

都市部はほぼ問題なく使えるものの、山間部はやや心許ないというのが現状です。

そこで、対応策として、対応電波の多いSIM(ソフトバンク系)を新たに契約するか、「モバイルルーター」を契約するかの二択となります。

当サイトでは、断然モバイルルーターをおすすめします。

理由は単純、すぐに使えて(抜き差しする必要もなく)複数端末でも使用でき、あらゆる作業が快適に行えるからです。

また、中華端末に限らず、外出先で通信デバイスを使用する機会が多い方ならなおさら、フリーWi-Fiはセキュリティが心配ですし、かと言ってデザリングではサクサク作業するとなると厳しいですよね。

当メディア管理人が実際に使って満足だった「おすすめのWi-Fiルーター」を“厳選して”います!

お得なキャンペーンも開催しているので、実質無料で契約できちゃうかも?!

この機会にぜひチェックしてみてください!

BroadWiMAX

最大速度708Mbps最大下り速度440Mbps対応の「Broad WiMAX」。

月額は2,726円とリーズナブル。提供エリア都市部はほとんどカバー、速度も早く回線も安定しています。

今なら初期費用や端末代金が無料のキャンペーンの他、工事の必要がなく即日発送ですぐに使えます。

月あたり約100GBまで使えるため、実質これ一台でほぼ無制限にネット利用が可能です!

これまでモバイルルーターはいくつか試してきましたが、「Broad WiMAXのW05というモデルのギガ放題プラン」が、トータルしておすすめです!

CHECK!!

  • WiMAX業界最安級、月額2,726円
  • 全国主要都市の実人口カバー率99%超
  • 最大708Mbpsの高速通信
  • 工事不要、最短当日利用可能

-GearBest, ガジェット, タブレット
-, , ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2018 All Rights Reserved.