ガジェット タブレット

ALLDOCUBE X スペック詳細|10.5インチ2K 2560 * 1600 Samsung Super AMOLEDディスプレイ AKM Hi-Fiチップ搭載タブレット

投稿日:




ALLDOCUBE X  スペック詳細|10.5インチ2K 2560 * 1600 Samsung Super AMOLEDディスプレイ AKM Hi-Fiチップ搭載タブレット

先日、「Cube」社のご担当者様より、Samsung Galaxy Tab S4キラーとの呼び声高い、「ALLDOCUBE X」が、ローンチされたとの情報をゲットしました。

クラウドファンディングを手掛ける「Indiegogo」にて出資者を募っています。

Indiegogo

Indiegogo
開発元:Indiegogo
無料
総合評価: 4.0

今に始まった事ではないですが、中華端末の多くはクラファンにて製品になることが多く、日本は何でもありの乞食クラファンが横行しているのがやたらと目に付きますが、※国内全てのクラファンを指しているわけではありません。海外では純粋に応援したくなるようなアイテムが多いです。

ALLDOCUBE X」は、Samsung社の専売特許、SamsungスーパーAMOLEDディスプレイを搭載したデバイスです。

メモ

Indiegogoの登録はもちろん無料。メールアドレスとパスワードのみで登録できます。また、"early bird※早割の様なもの"なら26%のディスカウント(今回の製品の場合)が受けられたり、新着の情報が受けられます。

こんな商品があるんだ!なんて発見もあったりするから見てるだけでも面白いウキ!
ガジェットだけじゃなくてしょうもないのももちろんあるウホ!

 

ALLDOCUBE X 概要

ALLDOCUBE X 概要

ALLDOCUBE X」は、10.5インチ2K(2560 × 1600 )Samsung Super AMOLEDディスプレイに、AKM(旭化成エレクトロニクス)製Hi-Fiチップを採用したことによる高品質のサウンドを実現。

オール金属薄型6.9mmの筐体、ミドルハイスペックに採用されるMediaTek社 MT8176 Hexa Core 64ビットプロセッサを搭載。

そして最新OSのAndroid 8.1 Oreo、4GB RAM + 64GB ROMに指紋認証、大容量8000mAhバッテリー&急速充電など、今後の金額次第ですが“使い勝手のいい”端末となっています。

製品スペックをざっと見たところ、以前レビューした、「ALLDOCUBE X1」をより、カジュアルユースにシフトした様な印象を受けました。

 

 

スペック紹介

ALLDOCUBE X スペック紹介

モデル

Alldocube X

サイズ

-

重量

-

OS

Android 8.1 Oreo

CPU

MediaTek MT8176
Hexa Core 64ビットプロセッサ

RAM + ROM

4GB RAM + 64GB ROM

ディスプレイ

10.5インチ2K 2560 * 1600 Samsung Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ

バッテリー容量

8000mAh

カメラ

フロント:8.0MP

リア:8.0MP

その他機能

AKM Hi-Fiチップ搭載

指紋認証

ポンプエクスプレス2.0急速充電

※スマホで閲覧中の方で見切れてしまっている場合、スペック表は横スクロールで確認できます。

多分お値段も安いんジャマイカウキ!スペック的にはミドルレンジ〜ミッドハイの端末だから$300以下は確実だと思うウキ!
下手すると$200以下ウホ!ASUS ZenPad 3S 10と同じCPUでAntutuスコアは7万点前後ウホ!

 

広告

Alldocube X の特長

2,560 x 1,600の高解像度AMOLED液晶搭載

2,560 x 1,600の高解像度AMOLED液晶搭載

Galaxyに採用されているサムスン(三星)スーパーAMOLED(有機EL)液晶といえば、コントラストや視認性の良さ。

AMOLED液晶はどうしても屋外・直射日光下での視認性が悪いのがデメリットとして挙げられますが、その辺りもSamsung製を採用したことで解消できているはずです。

10.5インチの大画面に2560×1600の高解像度を実現しており、 広い色域と鮮やかで自然な描写をしてくれます。

スマホだとディスプレイがせいぜい6インチのため、ある一定以上のスペックならほぼわからないものの、タブレットの場合解像度の違いは顕著。

ALLDOCUBE X1も高解像度(2.5K)を謳っていて鮮明な描写でしたが、ディスプレイサイズが大きくなればなるほど荒さも目立ちます。ディスプレイは鮮明であることに越したことはありませんよね。

また、(Samsung Super)AMOLEDスクリーンのメリットといえばブルーライトの低減。

LCDに比べ、有害なブルーライトは50%もカットされています。VDE認証も取得してるので信頼できますね。

 

厚みわずか6.9mmの薄型ボディ

厚みわずか6.9mmの薄型ボディ

天下のリンゴ社に引けを取らない筐体デザインとなっています。

タブレットの筐体は没個性的なものが多く、特にエントリー〜ミッドハイあたりの中華タブは重量や厚みは二の次にしているデバイスが目立ちます。

ALLDOCUBE Xはその点を見事に払拭し、厚みわずか6.9mmの(おそらく)全体がアルミニウム合金仕様となっています。

 

旭化成エレクトロニクス(AKM)製Hi-Fiチップ採用

旭化成エレクトロニクス(AKM)製Hi-Fiチップを採用

現在は、「Apple Music」「Spotify 」「AWA」、そして配信楽曲4,000万以上の「Amazon Music Unlimited」など、音楽用のストリーミングサービスは多岐に渡ります。

音質はヘッドセットはもとより、端末に依存するケースが多くなりました。

ALLDOCUBE XはAKM Hi-Fiチップを採用し、エンタメ用端末として音質にも力を入れています。

 

MediaTek 6コア MT8176 搭載

CPUはMediaTek社製MT8176を搭載。スコア的には7万点前後でミドルハイスペックの位置付けにはなるものの、タブレットの中では高性能の部類です。

メモリはマルチタスクもサクサクの4GB RAMに、ストレージは(ある程度)容量に余裕のある64GB ROM。

もちろんストレージの拡張は最大128GB可能なので、動画やアプリ、ファイルも思いのままです。

 

タブレットなのに指紋認証搭載

指紋認証付きのスマホは数あれど、指紋認証付きのアンドロイドタブは実はまだまだ少ないんです。

Alldocube X1」も指紋認証はついていましたが、インターフェースもUSB TYPE-Cに対応し、いち早くトレンドに着目していると思います。

 

最新OS Android 8.1 Oreo

バッテリー寿命の向上や、これまでできなかったことがAndroid 8.1でできるようになりました。

PiP(Picture-in-Picture)や、安全にアプリを使用するためのセキュリティ強化Google Play プロテクトなど最新OSならではの楽しみが可能です。

 

8000mAh大容量バッテリー&MTK PE急速充電

72時間長時間駆動(スタンバイ時)を可能にする8000mAhの大容量バッテリーに、Mediatekの急速充電規格PE(PumpExpress)に対応。

このインチサイズならこれぐらいは欲しいですが、8000mAhのバッテリーを搭載しながらもこれだけ薄型に仕上げてきたのは高評価ポイントですね。

指紋認証が面白いポジションにあるウキウキ!
ホームボタンを無くしたデザインも個性的でいいかもしれないウホ!

 

 

早割で最大26%の割引を受けるチャンス

early bird discount(早割)で最大26%のディスカウントを得られます。

Alldocube XがIndiegogoに掲載されると、ニュースレターが届きます。都度チェックしていきましょう!

 

価格

現状価格はまだ発表されていないため、分かり次第追記します。正式リリースはもう少し先になりますが、製品サイクルの早い中華市場。しばし辛抱ですね。

今のところLTEやGPS対応の可否は不明です(GPSはないという噂も)。また、商品説明にはストレージの拡張は可能と記載されているものの、スロットがどこにも見当たらないのでその辺りも気になります。

しかしながら、(ALLDO)CUBE製品はすでにいくつか実機を触った感想は、クオリティが高く手頃な価格が魅力のブランドです。

(ディスプレイだけ)Samsung Galaxy Tab S4キラーと言われる高解像度仕様の「X」、正式リリースが待たれます!

価格※価格が分かり次第追記していきます。

【ALLDOCUBE X】

  • 通常価格:-
  • IGG価格:-

Cube公式ALLDOCUBE X Indiegogo Crowdfunding

見た目もスタイリッシュでかっこいいしエンタメ利用に最適ウキ!
カメラ機能はイン・アウト8.0MPでそこまで力は入れてないみたいだけどこのインチサイズならこれで充分ウホ!

 

 

あとがき

当サイトでは中華端末のレビューを多く扱っていることもあり、メーカー(製品制作チーム)の方と直接メールでやりとりする機会が増えました。

Indiegogoを見ていると面白い製品が多々あります。新製品、ワクワクしますね。

今後も追いかけていきます!

 

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

おすすめポケットWi-Fi・モバイルルーター

当サイトで、多く紹介している中華デバイスの弱点といえば、対応電波の弱さ(少なさ)です。

都市部はほぼ問題なく使えるものの、山間部はやや心許ないというのが現状です。

そこで、対応策として、対応電波の多いSIM(ソフトバンク系)を新たに契約するか、「モバイルルーター」を契約するかの二択となります。

当サイトでは、断然モバイルルーターをおすすめします。

理由は単純、すぐに使えて(抜き差しする必要もなく)複数端末でも使用でき、あらゆる作業が快適に行えるからです。

また、中華端末に限らず、外出先で通信デバイスを使用する機会が多い方ならなおさら、フリーWi-Fiはセキュリティが心配ですし、かと言ってデザリングではサクサク作業するとなると厳しいですよね。

当メディア管理人が実際に使って満足だった「おすすめのWi-Fiルーター」を“厳選して”います!

お得なキャンペーンも開催しているので、実質無料で契約できちゃうかも?!

この機会にぜひチェックしてみてください!

BroadWiMAX

最大速度708Mbps最大下り速度440Mbps対応の「Broad WiMAX」。

月額は2,726円とリーズナブル。提供エリア都市部はほとんどカバー、速度も早く回線も安定しています。

今なら初期費用や端末代金が無料のキャンペーンの他、工事の必要がなく即日発送ですぐに使えます。

月あたり約100GBまで使えるため、実質これ一台でほぼ無制限にネット利用が可能です!

これまでモバイルルーターはいくつか試してきましたが、「Broad WiMAXのW05というモデルのギガ放題プラン」が、トータルしておすすめです!

CHECK!!

  • WiMAX業界最安級、月額2,726円
  • 全国主要都市の実人口カバー率99%超
  • 最大708Mbpsの高速通信
  • 工事不要、最短当日利用可能

-ガジェット, タブレット
-, ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2018 All Rights Reserved.