ブログ マネタイズ 雑感

LINEスタンプ製作から審査・リジェクトまでの経緯

投稿日:




「よし、出来た~!!」ということで、先日とうとう42個のスタンプを製作しました。

審査に時間がかかるというのをどこかで聞いたことがあったので、「とりあえず1ヶ月、2か月ぐらいかかるんだろうなぁ」と出来上がった安堵感と、日ごろの業務に追われていたのでのんびり待ち構えていたら、ソッコーできました、メール。

今審査期間すごく速いんですね(2016/1/15現在)。賞味2日しかかかってません。結果リジェクトだったので再審査してもらうとこになるんですが、備忘録も兼ねて「LINEスタンプ制作から審査、リジェクトまでの経緯」をお送りしていきます。

 

審査スピードがめちゃくちゃ早い

一昔前は3か月待ちとか4ヶ月待ちなんていわれていたように思います。まさかこんなに早いとは思っても見ませんでした。

ネット上で調べてみると、2015年現在は「5日間」前後とのこと。

この記事のエントリが2015年の7月なので、今後はさらに増員やシステムが変わったのかもしれません。

作る側にとってはストレスなく再審査が出来るのでいいですね。

ただその分競争も激化してるだろうことも周知の事実。

 

リジェクト理由

※すみません。またしてもスクショとり忘れ。なので文章のみです。しかも内容もうる覚え。

僕の主なリジェクト理由は以下の3つ。

  • ちゃんと色濡れや!!×5個
  • 著作権怪しいのがあるぞ!!×2
  • お前の描いたヤツか証明しろや!!

こんな感じです。なんてことでしょうか。

何ともしょうもない理由(ちゃんと色塗れてなかったの多過ぎ)ですね。

 

必ず確認しましょう

僕の画力でさえもそれなりに色を使っています。

一生懸命作って、シュミレータ使って確認もしたんです。(大変過ぎてイライラしながら。)

このシュミレータは自分の作った画像がどんな状態で送信されたかかわかる優れものです。実際に使うとこんな感じです。

僕のプロフィールアイコンになっている、通称「丸い人」。読者さんからは石ころと命名頂いています。※今回のLINEスタンプにこいつはいれてません。また、現在のアイコンとは異なります。

で、僕のような凡ミスをしないように、1枚1枚しっかり確認することをおすすめします。

画像が複雑になればなるほど塗り忘れがあるような気がするので。

 

広告

二次創作の疑いあるのもダメ

当ブログを読んでいただいている人ならもしかしたら見たことがあるかもしれません。下記画像みたいのはダメみたいです。


※参考画像

まぁそりゃそうです。ダメでしょうね。

怪しいかなぁと思ったんでスライムは消したんですがダメでした。

また、こんなTweetも見つけました。

NOBOさんのようなクオリティの高い画像はさておき、僕のようなヘタクソ画像でも結構厳しいんですね。 

 

権利を証明できないとダメ

スタンプ審査の際に、「自分の作ったものだよ~」っていうことを証明するためにブログやサイトを登録するところがあるんです。

それがどうやらあいまいだったのか正直よくわからないんだけどこういう文言です。

5.4.権利者からの許諾が証明できないもの

 というか、今回よくわからなかったのでスルーしてしまいました。(たぶんこれでまたリジェクトされるでしょう…)

 

まとめ

とりあえず画像の訂正は滞りなく出来ました。

再審査がもしかしたら数か月かかるというオチかもしれないけど、とりあえず、今は待つのみ!!

とにかく(売れなかったとしても)いち早く販売出来たらいいなぁと思ってます。無駄な時間を使わない為にも、作るときは慎重に作ってみてくださいね。

 

自分で作るのがちょっと自信ないかもという人には下記のようなサービス利用してもいいかもしれないですね。 

LINEスタンプで稼ぐスタンプクリエーション

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-ブログ, マネタイズ, 雑感

Copyright© 非アクティビズム。 , 2017 All Rights Reserved.