非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

【地磯釣り】『極める』ってことに限界はない~クチジロを求めて~

【地磯釣り】『極める』ってことに限界はない~クチジロを求めて~

一見自己啓発みたいなタイトルですが、全然そんなじゃないです。

僕の友人にもうアホがつくぐらいの釣り好きのK君という人がいます。

そんなアホがつくぐらい釣り好きのK君が、ついこの間とうとうやってのけました。

 10キロクラスのクチジロを釣り上げたんです。

いや~、見るからにデカいですね。化け物サイズ。


photo by フィッシングナカダ 店長日記

調べればすぐに出てきますので、名前と証拠写真です。※静岡県在住の原田さん

もう一枚写真が有るので貼っておきます。

何はともあれおめでとうございます。

 

追記:そして釣り上げた直後の写真を載せてくれとしつこく言われたので、載せておきます。

満面の笑み。ホントに嬉しそうですね。こんなところで釣ってるんですね~。

 

はじめに-事の経緯-

少し前の話なので記憶を頼りに書いていきます。

確か僕は実家に帰省してたときに電話がなりました。その電話の主はK君(名前だしちゃってるからK君じゃないんだけどね)。

「やったよ。」

とのこと。

あ、因みにGW中5月の出来事です。

時間が経った今でも未だに延々と語られます。どうやら石鯛師の中では相当すごいことらしいんです。

K君曰く、「石鯛師が一生かけても釣れるかどうかわからないサイズを釣った」と自慢できるサイズとのこと。

興味ない人には「ふーん」かもしれませんが、実際かなりすごいことなんです。

 

アングラーなら誰もが釣り上げたい大物

一応著者も一通りの釣りはやってきています。川も湖も海も。

僕はどどちらかというとルアーマンなんですが、アングラーなら大物を釣り上げたいという気持ちわかりますよね。

大物を釣り上げた時の喜びは何者にも代えがたい喜びがあります。

“釣り”と一口に言っても、色んな釣りがあります。でもこのクチジロをターゲットにした釣りはそんな生易しい釣りじゃありません。

クチジロの概要・説明

まずはクチジロという魚自体の説明から。

 イシガキダイ(石垣鯛、学名 Oplegnathus punctatus) は、スズキ目イシダイ科に属する魚の一種。北西太平洋熱帯亜熱帯域に分布する大型の肉食魚で、同属のイシダイと同様食用や釣りの対象魚として人気が高い。また、特に本種の老成したオスを指してクチジロ(口白)という呼称もある。

イシガキダイ - Wikipedia

見てもらえばわかる通り、イシガキダイのことです。どちらかというと暖かい所の魚です。

僕が住んでる静岡県でも大物を釣るとなると、伊豆諸島まで行かなきゃ釣れません。

なので彼はいつも伊豆の下田港から神津島へ渡ります。

お金がかかりすぎる釣り 

神津島に着いたら終わりじゃなく、そこからさらに渡船で、四畳半とか(もうちょい広いところもある)の磯に降りて、まさに地磯という狭小スペースで釣りをします。

だから気候に左右されることも多く、ベタ凪(風も波も穏やかこと)じゃないと、降りられない(釣りができない)んです。 

因みにこの島でもなくて、拡大していくとさらに周りに細かい島というかがあると思います。

実際に釣ったところの写真も貰ったので載せておきます。


※実際に釣り上げる前の写真です。

だから、離島まで行ったはいいけど、磯には降りられないなんてこともざらにあ理ますし、大物が釣れる季節なんかも限られてますし、乱獲により個体数も減っていますし、成長速度も遅いため、物理的な理由でも幻の魚らしいです。

こんなサイトもあったので引用。

 幾多の底物師が超大型クチジロに挑むものの、なすすべもなく敗れ去っていった。日本の磯釣り50年の歴史の中で、クチジロほど釣り人を翻弄し続けた奴はいない。カニやエビなどの甲殻類を捕らえるときは、潮下からひたひたと忍び寄り、一気に捕殺する。そして、おもむろに頬張る。その行動は、まるで獣王が狩りをしている姿を連想させる。一方、ウニや貝類を捕食するときは、悠然と潮上まで上がってエサ場を確認後、テリトリーを主張するかのように ”グゥーッ” と発するノド笛の一鳴きで群がるエサ盗りたちを威嚇する。クチジロが餌場を確保する姿は、まさに王者と呼ぶにふさわしく、威風堂々としたものがある。

出典-http://members3.jcom.home.ne.jp/ishidai-wazao/kyuukyokuno-yume.htm

それだけ石鯛師にとっては価値ある魚ってことです。

行くにも金かかる、餌にも金かかる、道具にも金かかるっといった具合に、本当に好きじゃなきゃ出来ない釣りです。

さらに言えば、運も実力もなきゃ釣れないってことですね。

でも本音を言えば、「ちょっと高い波来たらさらわれちゃうよ?もう、ホント、命がけだよね。興味なければ、行きたくもないよね。」

なんていうかもう、狂気の沙汰。

 

そんな彼でもまだまだ釣りたい

彼は凄まじいコウシャク垂れなので、僕はこの話を延々聞かされてます。

どんな仕掛け使ったとか、どんな釣りだったかとか、どんな餌使ったとか。

彼は釣りのクラブ入ってたり、大会にも出たりしてます。小さいころからあらゆる釣りをしてきていて、「釣りでは絶対に負けたくない」と言います 。

先日も釣りに行って僕が先に釣るとむきになってやってました。

こういう自然が相手の遊びに関しては、本当に目を見張るものがあります。

それほど釣愛が強いってことなんだけど、それでもまだ釣りたいらしいんです。

 

まとめ 

結局何でもそうだけど、物事って限界なんかなくて、限界作ってるのも自分で、その閾値を上げてくことでどんどん幅が広がっていくんだろうなという、無理やり感丸出しの自己啓発みたいな話でした。

 

追記
「一緒に磯に降りた周りの方々の力添えがなかったら釣れなかった」とも言っていました。

こういう謙虚な姿勢も運を味方につける要因かもしれませんね。

追追記
更にこれを釣った原田氏から剥製の写真が送られてきたので載せておきます。

なんとこの棚、全部お手製、性格の細かい彼は友人と一緒にミリ単位で微調整して付けたそうです。

壁やクロスを傷つけることなく着脱、高さ変更も可能です。

釣りに対する情熱、感服いたします。 

 

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.