スポーツ・レジャー トラウトフィッシング フィッシング

【トラウト】管理釣り場用初心者オススメスルアー/スプーン【おすすめ7選】

更新日:




【トラウト】管理釣り場用初心者オススメスルアー/スプーン【おすすめ7選】

darrenquigley32 / Pixabay

管理釣り場は本当に手軽なんです。

仕事終わりに1時間とか、ちょっと時間できたから2時間遊んでこようなど、タックルさえ揃っていればいつでも行けます。

必要なものは竿、リール、ライン(糸)、あと一つがルアーです。今回はそのルアーの選び方とオススメを紹介していきます。

※ライディングネットなども有った方がいいですが、なくてもできます。

 

ルアーの種類

元々釣りをやったことのある人にとっては常識中の常識ですが、初めてとなるとそうもいきませんよね。

管理釣り場と自然渓流でも若干違いますし、使っていいルアー、ダメなルアーがあります。

ここではほとんどの管理釣り場で使うことのできるスプーンを主に紹介していきますが、簡単にルアーの種類だけ説明しておきます。

スプーン

【Tamatebako】 スプーン ルアー 3g 2.5g カラフル 7種 光を反射するスパンコールルアー 【13個セット 】

見ての通りですが、金属製のスプーン状の板のようなルアーです。

距離を出したければ重量があるものを選べばいいだけですが、形状やカラーも様々です。重さも一つの目安となるものの、形状によって(スローリトリーブでも)よく動くものや、沈みにくいものなどがあります。

実際管理釣り場で使う場合は3gぐらいまでで充分です。

 

スピナー

Great Barrier Leef(グレートバリアリーフ) ルアー GBL007 スピナー10個セットA

コチラも同じく金属の板(ブレード)が付いています。

水の抵抗でこの板が回転して魚を誘います。ほとんどの管理釣り場はバーブレスフック(かえしが付いていない針)を推奨しているので、あまり使用頻度は多くないかもしれません(あまりバーブレスフックのスピナーは見かけない)。

ただ、スプーンやミノーで反応が渋いときには実は有効だったりします。

 

プラグ(ミノー)

マイクロミノー ウルトラライト五目プラグ 3.8cm 2.2g 人気カラー4色コンプリートルアーセット [並行輸入品]

厳密にいうとミノーはプラグの中の一つ。

シンキング(沈む)タイプからフローティング(浮く)タイプまでかなりの種類が出ています。実際マス釣りで使うサイズは5cm以下と言ったところでしょうか。

プラグは種類も豊富で、お値段もそこそこするのでやりながら自分に合ったものをそろえていった方がいいと思います。

 

ワーム

ダイワ(Daiwa) ルアー 月下美人 クロスビーム 1.5インチ グローピンク

淡水であればブラックバス、海水ではメバルやカサゴなどのロックフィッシュを対象としたライトゲームや、その他コチ、ヒラメなどでもよく使います。

ほとんどの管理釣り場、渓流で禁止されているので使うことはないですが、ハードルアーに比べて香りもついているので比較的釣果は高いです。

上記に上げてきたのがハードルアー、それに対し、ワームはソフトルアーです。

 

 

広告

オススメス管理釣り場用スプーン

ルアー スプーン 30個セット トラウト/ニジマス/バス

やってみると分かりますが、かなり奧が深いです。

場所に依っては一切釣れないなんてこともありますが(単純に魚が少ないorスレすぎている)、ある程度設備が行き届いていて、よく放流を行っている管理釣り場なら、初心者でもほぼ100%釣れます

 

カラーについて

カラー選定が重要との声もよく聞きますが、魚に色を識別する細胞があるのか若干疑問を持っています(魚によってはあるようですがない魚もいるそうです)。

ですが先人たちによって、定番カラーや釣果が多く得られるカラーというのは少なからずあります。

簡単に最低限必要なカラーだけ紹介しておきます。

【カラー選び】
  • 放流直後のカラー:色や蛍光色など
  • 活性が落ちているときのカラー:茶色や深緑など
  • 比較的万能に使えるカラー:シルバーなど
  • 夜に使えるカラー:黒など

 

ただ初心者のうちはラインブレイク(バラし)根がかりルアーを必ず無くします

簡単に選び方の解説です。

 

ルアー選びのポイント解説

特に決まりはありませんし、好きなように選んだらいいと思います。ですが、先述した通り、ルアーは根掛かりなどで悲しいぐらい無くします。

経済的にゆとりがあればいいですけど、地味に高いんですよね。

というわけで、最初のうちは特に、メーカーにこだわらず、安いコスパのいいものを選ぶのが理想だと思います。

簡単ですが、ポイントをまとめておきます。

【ルアー選びポイント】
  • ロストしまくるのでまずは安い軽量のスプーンを揃えるべし!
  • 慣れて来たらミノーイングも挑戦してみよう!
  • さらに慣れて来たら重量のあるルアーで自然渓流を攻めてみよう!

 

では、これらを踏まえて、おすすめスプーンをご紹介して行きます!※一部スプーンではないですが使用感は同じなので紹介しています!

 

オルルド釣具 マイクロスプーン

前述の通り、初心者ならずともルアーは必ず無くします。

特に底を攻めたりすると不本意ながら根がかりします。上記商品は嬉しいセットな上に良く釣れます。表示はグローカラーですが他のカラーバリエーションもあります。アクティブ×ベーシックカラーを押さえておけば充分です。

【オススメポイント】
  • バーブレスフック標準装備
  • 一個当たりわずか数十円
  • 作りもそれなりに丁寧

おすすめ度: 4.8

 

コチラもおすすめ!【オルルド釣具】10個セット マイクロスプーン 3g 3.0cm/4個(4色) & 3g 2.8cm/6個(6色)

 

 

ロッキーマウンテンアウトフィッターズ・マイクロスプーン

いかに狙った場所に正確にキャストできるかも、釣果を増やす上では必要なスキルになります。

自然渓流ではある程度重量が必要ですが、管理釣り場なら2.5gあれば充分です(1.5gも選択可)。キャストもしやすく飛距離もそこそこ出るので練習にも最適なスプーンです。

【オススメポイント】
  • 扱いやすいベーシックフォルム
  • すぐに使えるバーブレス仕様
  • 選べる豊富なカラー

おすすめ度: 5.0

 

 

ナイトアーミー 激揺れシリーズ 2.0g マイクロスプーン 5個セット

同じくセットですがアピールの強い激揺れシリーズ。

作りはそれなりですが、問題なく釣れます。バーブレスフックになっているのですぐに使えます。重量はやや軽めですが本流や渓流でももちろん使用可能です。ナマズも釣れるかもしれませんよ(釣果有り)。

【オススメポイント】
  • 作りは比較的しっかり
  • かえし付きなので交換必要
  • ラインカッター付き

おすすめ度: 4.0

 

 

ZacT craft(ザクトクラフト) ルアー セニョールトルネード

少し迷いましたが持っていて損はないかもしれないので紹介しておきます。

飛距離はそんなに出ないんですが、とにかく釣れます。ですがトラウト入門と言うよりは、他の人が釣れていないときの予備で持っておくぐらいの方がいいと思います。

釣れすぎて禁止の場所もあるそうですので、ご使用の際はご注意ください。

【オススメポイント】
  • ミミズに似せたシルエット
  • 良く釣れますが玄人からは少し白い目で見られるかも?
  • もしもの時の予備に(ボーズ逃れ)

おすすめ度: 4.0

 

フォレスト(FOREST) ルアー ミュースタンダード 2.2g

言わずと知れたフォレストのMIUシリーズ。

ただ巻きでも使えるので、ビギナーにもおすすめです。ただ一個当たりの単価は400円前後で少々します。ロストし過ぎると、かなりの痛手になるはず。

キャスティングもしやすく、リトリーブもしやすいので初心者よりはある程度やったことのある人の方がいいかもしれません。

【オススメポイント】
  • カラー豊富
  • ワイドな動き
  • 基本アイテムとして

おすすめ度: 4.6

 

 

ダイワ(Daiwa) ルアー プレッソ レイブ 2.5g

しっかりとしたメーカーでそろえたい、と言う方には定番と言ってもいいかもしれませんね。カラーラインナップも多いので少しずつ集めていくのもいいかもしれません。コチラも同じくワイドな動きで誘います。ゆっくり巻いても表層を狙える優れものです。※在庫切れが多いのでご注意ください。

【オススメポイント】
  • ワイドアクション
  • スローリトリーブ可
  • 表層攻めたい時に

おすすめ度: 4.7

 

 

SHIMANO(シマノ) ルアー カーディフ エリアスプーン ロールスイマー 1.5g

安定のシマノ社製で、なおかつエリアトラウトの第一人者、村田基氏のプロデュースしたスプーンでもあります。

見た目は普通ですが、こだわりが相当詰まっています。ラインナップは他にも有りますが、1.5gと比較的軽量なのでスローリトリーブが可能。※在庫切れが多いのでご注意ください。

【オススメポイント】
  • 誰でも扱いやすい
  • 村田基氏プロデュース
  • ローリングアクション

おすすめ度: 4.8

 

 

フォレスト(FOREST) ルアー Chaser(チェイサー) 1.2g

曲面ではなくセンターに少し加工が施されている形状です。

その為絶妙な振動を起こしてスレたマスにもアピールしてくれます。スローな巻き取りや、フォールなどオールラウンドに活躍してくれるはずです。

【オススメポイント】
  • スローリトリーブ
  • センターリッジ形状
  • スレマスにアピール

おすすめ度: 4.6

 

 

 

まとめ

全4回に渡って書いてきましたが、習うより慣れろとはよく言ったもので、とりあえずモノを揃えて行ってみるのがいいと思います。分からなければ隣の人に聞くのもありですしね。高いものを揃えなくても、安いものでも何の問題もなく釣れます。

大物がかかったときはあたふたするかもしれませんが、それでも自然渓流と違って、水が動かない止水域である、管理釣り場の魚はすぐにヘタるし、若干引きが弱いです。管理釣り場の面白さにハマれば自然渓流に出たくなるはずです。

ただし、自然相手の釣りは時間の調整や天候に左右されますよね。また、自然渓流はご存知の通り禁漁期間が設けられています。

そんな時は釣りアプリでイメージトレーニングするのもいいかもしれません。

課金要素強いのが玉に瑕ですが、不動の釣りアプリといったら「釣りスタ」です。海・川(湖)どちらのアングラーも楽しめる作品となっています。

釣りスタ

釣りスタ
開発元:GREE, Inc.
無料
総合評価:★★★★☆ 4.2

 

【人気関連記事】
  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-スポーツ・レジャー, トラウトフィッシング, フィッシング

Copyright© 非アクティビズム。 , 2018 All Rights Reserved.