ガジェット グロー 加熱式タバコ 商品レビュー

日本国内限定デザイン「glo Hyper+ 東京・ユナイテッド・エディション」 レビュー|市松模様ベースのポップなスタイリッシュデザイン

投稿日:




日本国内限定デザイン「glo Hyper+ 東京・ユナイテッド・エディション」 レビュー|市松模様ベースのポップなスタイリッシュデザイン

BAT Japanこと、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンから「ワイルド・エディション」に引き続き、日本限定デザイン「glo Hyper+ 東京・ユナイテッド・エディション」がリリース。

今回はその数量限定モデル「グロー・ハイパー・プラス・トーキョー・ユナイテッド・ブラック」と「グロー・ハイパー・プラス・トーキョー・ユナイテッド・ホワイト」両者ともにゲットしたので実際の質感も併せてレビューしていきます。

確認

20歳未満の者の喫煙は、法律で禁じられています。
加熱式たばこの煙(蒸気)は、周りの人の健康への悪影響が否定できません。
健康増進法で禁じられている場所では喫煙できません。
加熱式たばこの煙(蒸気)は、発がん性物質や、依存性のあるニコチンが含 まれるなど、あなたの健康への悪影響が否定できません。

 

東京がコンセプト、市松模様モチーフの2ラインナップ

東京がコンセプト、市松模様モチーフの2ラインナップ

8月16日より、全国のgloストアとgloスポット、glo & VELOオフィシャルオンラインショップにて数量限定で発売。

価格は980円(税込)と、リーズナブルな設定です。

本エディションは、“伝統的な日本文化と最先端の文化が融合する都市「東京」”がコンセプト。

  • 浅草エリアのスタイリッシュな「伝統モダン」
  • 渋谷エリアの都会的かつ革新的な「ニューカルチャー」

が融合した、1つの都市に同居する2つの魅力を市松模様をモチーフにポップな色使いと共に表現しています。

価格含め毎度のことながら、若者受けがよさそうなオシャレなデザインセンスを見せつけてくれるglo。数量限定なので早めのチェックを!

 

 

広告

glo Hyper+ 東京・ユナイテッド・エディション 実機レビュー

リリースのタイミング、そして市松模様をモチーフにしているのは、やはり東京2020オリンピックを意識しているからでしょう。

スペシャルエディションというだけあって化粧箱からカワイイデザインです。

上記画像左が「glo Hyper+・トーキョー・ユナイテッド・ブラック」、右が「glo Hyper+・トーキョー・ユナイテッド・ホワイト」の化粧箱です。

 

ブラックの方は、“伝統モダン”とのことなので正当な四角を並べていますが、“ニューカルチャー”イメージのホワイトは三角形や平行四辺形を並べているのがわかります。

 

※最初と左右逆になってます。すみません。

通常モデルとは当然異なりますが、梱包資材自体も限定デザインとなっていて、スタイリッシュな印象です。

 

【パッケージ内容】

  • glo タバコヒーター(G403) × 1
  • USB-Cケーブル × 1
  • クリーニングブラシ × 1
  • ユーザーマニュアル × 1

アダプターは付属していないため、充電時は別途必要です。

 

ホワイトとブラックのメインボディに、サイドパネルが“スペシャル”なデザインとなっています。

 

因みに本エディション、2つのデバイスを横に並べると「東京」の文字が出現するユニークな仕様となっています。

こういう遊び心はたまりませんね。

また“伝統”がイメージとなっているブラックは、よく見ると七宝柄なんかも入っており、和のテイストが存分に感じられます。

 

因みにセンターのが通常版のglo Hyper+です。

こうして並べてみると、スペシャル感が良くわかります。

 

余談ですが、リリース当初のglo Hyper+の型番は「G401」、本モデルは「G403」となっています。

もしかしたら、通常モデル含め現行モデル全てがアップデートされているかもしれません。

 

筆者個人的には、ポップな色遣いでより目立ちそうなホワイトの方が好みですが、本エディションは両方持ってこそです。

筆者含め地方民にからすれば、東京自体にそこまで思い入れはないかもしれません。

ですが「市松模様」やリリースのタイミング、そして「伝統モダン」、「ニューカルチャー」といった日本らしさが詰まった限定モデル。

後々欲しくなっても手に入らないので、gloユーザーは今のうちにゲットしておくことをおすすめしておきます。

【総合評価】
製品名 glo Hyper+ 東京・ユナイテッド・エディション
グロー・ハイパー・プラス・トーキョー・ユナイテッド・ブラック
グロー・ハイパー・プラス・トーキョー・ユナイテッド・ホワイト
 総合おすすめ度 4.5

 

 

吸わないオーラルたばこ4種が続々登場

ほぼ同時期に、口に含んで歯茎でニコチンを吸収する、いわゆる嗅ぎたばこことオーラルたばこ「VELO(ベロ)」ブランドから、夏にピッタリの「ベロ・パッション・ブリーズ・ミディアム・ナノ」を筆頭に、今後もさらに強い刺激の「インテンス・シリーズ」、「ベロ・ポーラー・ミント・インテンス・ナノ」、「ベロ・ルビー・ベリー・インテンス・ナノ」、「ベロ・フリーズ・インテンス・ナノ」 が続々と登場。

リリースタイミングが同じなので、こちらは簡単に紹介しておきます。

 

先行で販売された「ベロ・パッション・ブリーズ・ミディアム・ナノ」は、マンダリンオレンジ、パッションフルーツ、マンゴーをイメージしたフルーティーな甘みが配合された夏らしいテイスト。

 

筆者は嗅ぎたばこは苦手すぎて、各社同様のランナップを立ち上げているものの、嫌煙家に対する対外的なパフォーマンスとしての商材、もっと言えば、売れない製品と思っていましたが、案外ニーズがあるようです。

サンプル商材につき、パッケージはかなり手が込んでます(^^;

 

以前当メディアでも紹介しましたが、当初のパッケージがリサイズされ、価格改定もされたので、消費者的にはありがたいですね。

 

パウチ自体のニオイはまさに南国のトロピカルフルーツたちのいい香りが広がります。

歯茎に入れるとフルーティな甘さだけでなく、ピリピリとした刺激がしっかりあり、ニコチンを感じます。

爽快感より甘めのテイストなので、南国系のフルーツ好きなら、マッチすると思います。

【総合評価】
製品名 ベロ・パッション・ブリーズ・ミディアム・ナノ
 総合おすすめ度 2.3

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-ガジェット, グロー, 加熱式タバコ, 商品レビュー
-, , , ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2021 All Rights Reserved.