ガジェット スマートウォッチ 商品レビュー

Xiaomi Mi Watch Lite レビュー|5千円以下廉価モデル、GPS内臓ハイコスパヘルストラッカー

更新日:




Xiaomi Mi Watch Lite レビュー|5千円以下廉価モデル、GPS内臓ハイコスパヘルストラッカー

Xiaomi製品はいまや日本国内にかなり浸透し、ブランドの知名度もかなり高くなりました。

Redmiシリーズをはじめ、Mi BandやMi Watchといったスマートデバイスなど、そのコスパ力の高さは周知の事実。

というわけで今回は、“国境を越えるショッピングを楽しもう(Shop Beyond Borders)”こと「Gshopper」より、5,000円以下で買えるスマートウォッチ『Mi Watch lite」をご提供いただいたので、詳しくレビューしていきます。※国内版は通常時だと少し割高、セール時やGshpperr(グローバル版)の価格です

 

Xiaomi Mi Watch Lite インプレッション

Xiaomi Mi Watch Lite インプレッション

「Mi Watch lite」は、その名の通り「Mi Watch」のライト版。

液晶がTFTだったり、血中酸素濃度を測れなかったり、スポーツモードが少なかったり、GPS精度がほんの少し弱かったり、バッテリー持ちが少なかったりと、お財布には優しい分性能差があります。

とはいえ、スマートウォッチらしい機能はひと通りそろっているため、初めてのウェアラブルデバイスとしてもおすすめのモデルです。

「Mi Watch lite」は、

  1. スマートウォッチやスマートバンドを使ったことがない
  2. 健康管理(睡眠時間)の目安を知りたい
  3. アップルウォッチに憧れている(けど安くおさめたい)

といった方なら満足度は高いハズ。

逆にこれまでスマートウォッチをヘビーユーズしている人にとってはやや物足りなく感じるかもしれませんが、スポーツ利用など割り切った使い方もいいと思います。

同じXiaomi(傘下)でも、「Amazfit GTS」や「Amazfit Bip」といった選択肢も捨てがたいものの、Apple Watchのような四角い形状のディスプレイが好みなら、検討の余地ありの製品です。

【日本正規代理店品】Xiaomi Mi Watch Lite スマートウォッチ 着信通知 スマートスポーツウォッチ 腕時計/活動量計/歩数計/心拍計 5ATM防水 連続9日間使用 GPS&GLONASS搭載(ブラック)
シャオミ(Xiaomi)
Check!

「Gshopper」は、年間90万件以上の注文、156カ国もの販路を持つ、3周年を迎える海外ECショッピングサイトです。

国内においては東京都千代田に、「iZeneジャパン合同会社」として日本法人も構えています。

 

スペック紹介

Xiaomi Mi Watch Lite
MODEL Mi Watch Lite
ディスプレイ 1.4インチLCDディスプレイ
解像度 320*320
スクリーンタイプ TFT
バックライト 最小 350nit (typ)
NTSC 60% (typ)、PPI 323
6軸センサー 3軸加速度センサー, 3軸ジャイロスコープ
その他センサー 心拍センサー, Lセンサー, コンパス, 気圧計 (高度計)
バッテリー 230mAh
スポーツモード 11種類のスポーツモード
サポートされているエクササイズ 屋外ランニング、トレッドミル、屋内サイクリング、屋内サイクリング、フリースタイル、ウォーキング、トレッキング、トレイルラン、プールスイミング、オープンウォータースイミング、クリケット
ヘルスケアとデイリーライフ 心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、呼吸、通知、天気、時計、アラーム、懐中電灯、音楽再生コントロール
衛星測位 GPS / A-GPS / GLONASS
防水性 5気圧
重量 35g (ストラップあり)、21g (ストラップなし)
寸法 41mm * 35mm * 10.9mm
(心拍センサー部11.9mm)

 

製品の特徴・概要

Mi BandやAmazfitは過去にレビューしてますが、「Mi Watch Lite」はそれらとも異なり『Mi Wear』というアプリを介してスマホやタブレットとペアリングします。

前述の通り、血中酸素濃度などの計測は出来ないものの、

  1. GPS/GLONASS 内蔵
  2. 1.4インチ TFTカラーディスプレイ
  3. 11種のスポーツ(ワークアウト)モード、5気圧防水
  4. 120以上の文字盤
  5. 心拍数/睡眠モニタリング、通知機能
  6. 最大9日間のバッテリー持続

などが主な特徴です。

音声対応やキャッシュレス決済などの機能はありませんが、アプリ通知はもちろん、音楽再生や呼吸、天気、ストップウォッチやアラーム、懐中電灯、その他スマートバンドの一般的な機能は網羅されています。

リストバンド型とは異なる四角いデザインが好みで、なるべく安く抑えたい、そんなニーズにマッチするモデルです。

【日本正規代理店品】Xiaomi Mi Watch Lite スマートウォッチ 着信通知 スマートスポーツウォッチ 腕時計/活動量計/歩数計/心拍計 5ATM防水 連続9日間使用 GPS&GLONASS搭載(ブラック)
シャオミ(Xiaomi)
Check!

「Gshopper」は、年間90万件以上の注文、156カ国もの販路を持つ、3周年を迎える海外ECショッピングサイトです。

国内においては東京都千代田に、「iZeneジャパン合同会社」として日本法人も構えています。

  • リストバンド型とは一線を画すデザイン
  • 安価
  • 十分な基本性能
  • 必要最低限の機能
  • 同価格帯でスペックが劣る

 

 

Xiaomi Mi Watch Lite 実機レビュー・評価・感想

カラーはピンク、アイボリー、ブラック、ネイビーブルー、オリーブの5色展開ですが、国内やグローバル市場向けには、アイボリー、ブラック、ネイビーブルーの3色から選べます。

今回のレビュー品は、ネイビーブルーです。

 

化粧箱・パッケージ

価格的なこともあるかもしれませんが、化粧箱は凝っている印象は特にないものの、Xiaomiらしいスッキリとしたシンプルな化粧箱です。

 

特に緩衝材は使用しておらず、紙製の化粧箱、紙製の台座にそのまま収められています。

 

【パッケージ内容】

  • バンド本体 × 1
  • バンドストラップ × 1セット※本体に装着
  • 専用充電ケーブル(クレードル) × 1
  • ユーザーマニュアル × 1

 

筐体・デザイン

画像はストラップを外した状態です。

全体的に樹脂感が強く、安っぽい印象。センサー部分がわずかに出っ張っていますが、前後共に緩やかなラウンド形状で、角はなくR加工が施されています。

 

因みに、バンドストラップはケース部分を押しながら引っ張れば外れます。

着脱は容易ですが、支える部分は背面と同じ樹脂素材。強度はそこまで期待できないため、着脱時ほんの少し注意は必要ですが、純正社外問わず様々なものがあり、カスタマイズも楽しめます。

 

物理ボタンは、右側面にひとつのみ。

 

充電にはシャオミのロゴが入った、付属のMi Watch Lite専用充電ドック(クレードル)を使用します。

 

ポゴピン仕様はよくあるものですが、ケーブルが底面から出ているため、常に横置きにて充電します。

 

台座にはグッと(カチッとするまで)押し込んで固定するタイプで、恐らくマグネットにはなっていません。

Mi smart band 5や6と同じく、バンドストラップを付けたまま充電できるのはイイですね。

 

実際の充電時表示は画像の通りです。

 

 

広告

Xiaomi Mi Watch Lite 使用感

Xiaomi Mi Watch Lite 使用感

他のウェアラブルデバイスと同様、アプリをインストールしペアリングしていきます。

QRコードを読み込むと「Xiaomi Wear」アプリに促されますが、ストア検索でも問題ありません。

Xiaomi Wear Lite

Xiaomi Wear
開発元:Beijing Xiaomi Co., Ltd
無料
総合評価: 3.8

 

輝度充分で視認性良好ディスプレイ

「Xiaomi Mi Watch Lite」のディスプレイは、TFT液晶。

最近は有機EL(OLED)を採用しているモデルも多く、筆者はそれらに慣れてしまっていることもあり、視認性を少し懸念していましたが、杞憂でした。

 

AMOLED液晶の「Mi Band 6」と比べると、当然暗く感じますが、わずかに暗い(発色が悪い)程度で、思いのほか良好です。

 

発色もよく、色分けやアイコンなど、各モード選択もわかりやすく設計されています。

スワイプやタップが基本操作で、プラスアルファ物理キーを用いるイメージです。

 

ベゼルは少し広めで、ディスプレイいっぱいに表示というわけではありません。

ディスプレイをもう少し広げられなかったのか疑問は残るものの、四角い形状の恩恵もあり、縦長や丸形ディスプレイより、通知含め見やすくなっているのは確かです。

 

システム(本体設定など)は日本語対応されておらず、部分的に英語力を必要とすることはありますが、UIがわかりやすいため、問題なく操作できるはずです。

 

加えて、アプリはもちろん通知関連は日本語にバッチリ対応しているので、英語が苦手でも安心して使えます。

 

カスタマイズ性が高く気分に応じて楽しめる

スマートウォッチのメリットのひとつ、文字盤を自由に変更できるカスタマイズ性。

本製品も当然変更可能です。

 

このあたりはさすがXiaomi。デフォルトだけでなく、ウォッチフェイスは豊富にそろっています。

ローカル(本体)には5件登録できるため、スマホなしでもカスタマイズ性が高いと言えそうです。

 

 

気になった点・注意したほうがいい点

注意点というほどでもありませんが、

  • 似た性能のモデルがあり過ぎる

ような気がします。

価格もほとんど変わらずさらに高性能なのが「Mi Band 6」なんですよね。

改めて確認したところ、ディスプレイサイズもMi Bandの方が大きい…。

価格がもっと安い「OPPO Band Style」や、安いだけでなく同じようなデザインの「Amazfit Bip S Lite」という選択肢もあります。

性能や価格的に横並びのものが多く、デザインも似たものがある中、『Mi Wear』アプリが好きとか、GPS必須であれば「Xiaomi Mi Watch Lite」をチョイスする理由となり得そうです。

 

またアプリは「Mi Fit」や「Zepp」と似てはいるものの、キャラクター的なものがいるなど少し毛色の異なるUI。

個人的には「Mi Fit」や「Zepp」などのアプリの方がシンプルで好みなのと、同メーカー(Huamiなど傘下含む)内でいくつかアプリが存在するので、そろそろひとつのアプリに統一して欲しいというのが本音です。

また、たまに通知が来ない(なぜか接続が切れている)ときがあるので、要改善希望。

筆者の場合、血中酸素濃度やストレスチェック他、もう少し細かくトラッキングして欲しいので、少々価格がしても「Mi Watch Lite」と「Mi Watch」なら、「Mi Watch」を選びます。

 

 

Xiaomi Mi Watch Lite 総合評価

Xiaomi Mi Watch Lite 総合評価

以前レビューした、体温や血圧も計れる『TICWRIS GTS』によく似たサイズ感であり、質感だなという印象です。

ただ上記モデルは精度が低く、「Mi Watch Lite」の方が断然精度は高いので、比べるまでもありませんが、これまでXiaomi製以外含め様々なモデルに触れてきた経験から「Mi Watch Lite」を製品単体で見てみると、

  1. ひと通り機能がそろっていて
  2. バッテリー持ちがソコソコよく
  3. 安価

なので、そこまで細かいトラッキングを必要としないなら、充分おすすめ出来るモデルです。

またGPS内臓が必須条件という人も多いと思います。

価格的なメリットも大いにあるので、ぜひチェックしてみてください。

【日本正規代理店品】Xiaomi Mi Watch Lite スマートウォッチ 着信通知 スマートスポーツウォッチ 腕時計/活動量計/歩数計/心拍計 5ATM防水 連続9日間使用 GPS&GLONASS搭載(ブラック)
シャオミ(Xiaomi)
Check!

「Gshopper」は、年間90万件以上の注文、156カ国もの販路を持つ、3周年を迎える海外ECショッピングサイトです。

国内においては東京都千代田に、「iZeneジャパン合同会社」として日本法人も構えています。

【総合評価】
製品名 Xiaomi Mi Watch Lite 
 総合おすすめ度 4.0
  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-ガジェット, スマートウォッチ, 商品レビュー
-, ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2021 All Rights Reserved.