IoT ガジェット 商品レビュー

TP-Link Archer AX20 レビュー|1万円以下で手軽にWi-Fi6環境が手に入るAX1800 デュアルバンド Wi-Fi 6 ルーター

更新日:




TP-Link Archer AX20 レビュー|1万円以下で手軽にWi-Fi6環境が手に入るAX1800 デュアルバンド Wi-Fi 6 ルーター

※TP-Link様よりサンプル提供

高速通信を実現する新規格「Wi-Fi 6」こと「IEEE 802.11ax」。新規格登場により、対応デバイスも最近では増えてきました。

「Wi-Fi 6」は、現在メインで利用されている「Wi-Fi 5」とは違い、2.4GHzと5GHz帯の両方を利用できるうえに、接続性の向上、また下位規格との互換性が高く、今後間違いなく移行されていきます。

今回はそんな「Wi-Fi 6」に対応したWi-Fiルーター、「 TP-Link Archer AX20」のレビューをしていきます。

 

TP-Link Archer AX20 インプレッション

TP-Link Archer AX20 インプレッション

IoT製品は日進月歩。高速インターネットといわれる「10Gbps回線」サービスが、一般家庭で当たり前となるのもそう遠い未来の話ではありません。

ですが現状の一般家庭においていえば、そこまでの通信速度は必要なく、現在の光回線の速度(1Gbps前後)で充分ともいえます。

また、カテゴリー6以上のLANケーブルが必要だったり、パソコン自体も最大速度10Gbps対応する必要があり、移行にはまだ消極的な人の方が多いかもしれません。

とはいえ、今後間違いなく訪れる高速通信。そこで間違いなく必要になるのが、「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」です。

そんな新世代のWi-Fi規格に対応したのが、今回紹介するモデルとなります。

やはり「Archer AX20」の魅力は、

1万円を余裕で切る価格で高速通信のWi-Fi6を導入できる

モデルということです。

 

スペック紹介

TP-Link Archer AX20
ブランド TP-Link
モデル Archer AX20
カラー ブラック
電源 12 V ⎓ 1.5 A
規格 IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz
IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4 GHz
Wi-Fi速度 5 GHz: 1201 Mbps (802.11ax)
2.4 GHz: 574 Mbps (802.11ax)
Wi-Fi範囲 4LDK:4× 高性能固定アンテナ / ビームフォーミング / 高性能FEM
Wi-Fi性能 高(High):デュアルバンド / OFDMA / エアタイムフェアネス / 4ストリーム
動作モード ルーターモード
ブリッジモード
プロセッサー 1.5 GHzクアッドコアCPU
有線ポート 1× ギガビットWANポート 4× ギガビットLANポート
USB対応 1× USB 2.0 ポート
対応パーティション形式:NTFS, exFAT, HFS+, FAT32
対応機能:Apple Time Machine / FTPサーバー / メディアサーバー
Wi-Fi暗号化 WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
ネットワークセキュリティ SPIファイアウォール
アクセスコントロール
IP & MACアドレスバインディング
アプリケーションレイヤーゲートウェイ
ゲストネットワーク 1× 5 GHz ゲストネットワーク
1× 2.4 GHz ゲストネットワーク
VPNサーバー OpenVPN
PPTP
プロトコル IPv4
IPv6
WANタイプ 動的IP
静的IP
PPPoE
PPTP
L2TP
クラウドサービス 自動ファームウェアアップグレード
OTAファームウェアアップグレード
TP-Link ID
DDNS
NAT転送 ポート転送
ポートトリガー
DMZ
UPnP
IPTV IGMPプロキシ
IGMPスヌーピング
ブリッジ
タグVLAN
DHCP アドレス予約
DHCPクライアントリスト
サーバー
DDNS TP-Link
NO-IP
DynDNS
サイズ 260.2 × 135.0 × 38.6 mm

 

製品の特徴・概要

TP-Link Archer AX20 製品概要

前述の通り、対応端末が増えてきたとはいえ、一般家庭では現在主流の「Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)」の回線速度でも別段困ることはなく、まだまだほとんどのご家庭で事足りているかもしれません。

また、Wi-Fi6だからと言って爆速が確約できるわけでなく、ルーター自体のスペックや、デバイス、LANケーブル、契約中のプロバイダー等に依存さるため、自身の通信環境を整える必要があります。

ですがWi-Fi 6になれば、速度が上がるだけではなく、大容量の情報を処理ができ、さらにより混線に強くなるという魅力があります。

「Archer AX20」の特徴は、

  1. デュアルバンド Wi-Fi 6、1.8 Gbps 高速Wi-Fiによる高速化
  2. OFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiple Access)による複数端末通信
  3. 処理能力抜群の1.5 GHz クアッドコアCPU搭載
  4. FEM×4+ビームフォーミングによる安定通信
  5. TWT(Target Wake Time)技術による省エネ化
  6. USBポート搭載で個人用クラウド形成可能
  7. アプリ、従来規格対応

といったところです。

今や5G対応スマホも続々とリリースされ、VODなどで4K動画を観ることが一般化されつつある昨今、回線速度が速ければ速いに越したことはありません。

Wi-Fiなのに回線速度が遅い、といった不満を抱えているなら、1万円以下でWi-Fi6対応ルーターを試してみるのは、賢い選択ともいえるかも知れません。

  • Wi-Fi6対応 1.5GHzクアッド・コアプロセッサー搭載
  • 複数端末OK、多機能安定通信
  • スマホ用アプリ"Tether"による簡単設定
  • 簡易NASにスピードは求められない
  • Wi-Fi6に過度な期待は禁物

 

 

TP-Link Archer AX20 実機レビュー・評価・感想

TP-Link Archer AX20 実機レビュー・評価・感想

著者は以前TP-Link社製のWi-Fiルーターを使用していたこともあります。現在はB社のものをメインで利用していますが、正直現時点では全く不便を感じていません。

とはいえ、Wi-Fi6はやはり魅力。そういえば対応デバイスを持っていたこともあり、いい機会なので試してみたくなりました。

TP-Link様、ご提供感謝ウキ!

というわけで、実機のレビューに移ります。

 

化粧箱・パッケージ

TP-Link Archer AX20 化粧箱・パッケージデザイン

さすが世界シェアナンバー1のTP-Link。化粧箱自体が仕様書と言わんばかりに、情報がたっぷり詰め込まれていて、作りこみはしっかりされています。

 

TP-Link Archer AX20同梱内容

【パッケージ内容】

  • Wi-Fiルーター Archer AX20  *1 ※梱包時、フィルターは本体に装着されています

  • 電源アダプター * 1

  • RJ45 LANケーブル * 1
  • かんたん設定ガイド他 * 各1
実際使うのはルーター本体とアダプター、ケーブルねウキ!

 

分厚いユーザーガイドは同梱されておらず、簡易版のみです。

これだけでも設定は可能ですが、さらに詳しく知りたい場合は下記リンクをご参照ください。※マニュアルは英語です

公式Archer AX20 V1 User Guide | TP-Link

 

筐体・デザイン

TP-Link Archer AX20 筐体デザイン

筐体は全面樹脂製のプラスティック筐体。重量がかなり軽く仕上がっていることもあり、高級感はなく一見するとおもちゃのようです。

ルーターのLEDインジケーターランプは前面に配置されています。左から、電源、2.4GHz、5GHz、インターネット、イーサネット、USBの接続確認となります。

 

TP-Link Archer AX20 筐体デザイン背面

背面に、WPS / Wi-Fiボタン、リセットボタン、LEDボタン、USBポート(2.0)、WANポート、LANポート(1/2/3/4)、画像には映っていませんがその隣に、電源オン/オフボタン、そして電源ポートが並びます。

USB接続で、簡易NAS(Network Attached Storage)としても利用でき、全ポートGiga対応のギガビットポート対応となっているので、幅広い使い方が可能です。

壁掛けにも対応しているから置き場所を選ばないのはありがたいウキ!

 

TP-Link Archer AX20 アダプタ

アダプターは「TP-Link T120150-2B1 AC Adapter 5V-12V 12V 1.5A, 5.5/2.1mm, US 2P Plug」です。

横向き形状のため、設置環境によってはありがたくもあり、煩わしいかもしれません。

 

また付属のケーブルは、一番汎用性の高いCAT5e(カテゴリー5e)です。

もしかしたらLANケーブルを変えることでさらに本製品のポテンシャルを発揮できるかもしれませんが、今回は付属品のみでテストしていきます。

 

 

広告

TP-Link Archer AX20 使用感

TP-Link Archer AX20 使用感

「Archer AX20」は、両OS対応の専用スマホアプリ「Tether」にて簡単に設定可能です。

TP-Link Tether

TP-Link Tether
開発元:TP-LINK
無料
総合評価: 3.0

 

Archer AX20 Tetherアプリ

順を追って進めていけば何ら難しい作業はなく、使いやすいUIとなっていて、比較的評価も高いようです。

とはいえ、個人的には(どこでもそうですが)「個人情報抜き取るなぁ~」という印象がぬぐえません。

また、パスワードの再設定などの入力項目も地味に多く、著者の親世代など、機会が苦手な層が自分で設定するのはほぼ不可能です。

取説も簡易的過ぎるので、そのあたりはやや不親切な印象を受けます。

 

一般家庭では充分満足のいく回線速度

Buffalo社製WSR-2533DHP-CG回線速度スマホ

WSR-2533DHP-CG

TP-Link社製Archer AX20回線速度スマホ

Archer AX20

現在事務所で使用している、B社の3~4年前に購入したモデルと、同日(ほぼ同時刻昼頃)の比較です。※著者は5GHz帯しか基本使うことがないため、5GHz帯のみの計測です

既存はアップロードが69.7Mbps、ダウンロードが54.6Mbpsに対し、「Archer AX20」は

  • アップロードが261Mbps、ダウンロードが320Mbps

という結果でした。

爆速ワロタウホw

(B社遅すぎワロタウホホw)

通信距離は2~5mぐらいで、Wi-Fi6未対応の端末での計測となりますが、ここまで違いが出ると変えない手はもはやありません。

B社製は、本来接続台数は8台前後に対し10台以上繋いでいて、このぐらいの数値。B社製でも著者が普段インターネットを利用する程度では充分な速度ですが、改めてみると間違いなく見直した方がよさそうですね。※もちろん後継機種があります

Check!!

「Archer AX20」は、

  • 戸建て3階
  • マンション4LDK
  • 最大接続数36台

が推奨利用環境です。

 

遠隔ではやや弱まるものの比較的安定した通信

朝の回線速度

15m~前後の距離

また別の日の朝の時間帯、二部屋挟んで(15~20mの距離)にても計測を行っています。

画像左は5m前後の距離で計測。アップロードが185Mbps、ダウンロードが350Mbpsと、別辞別時刻と比べても遜色ない数値です。

そして、少し離れたところでは計測した結果、

  • アップロードが183Mbps、ダウンロードが149Mbps

という結果となりました。

2.4GHzではまた変わった結果が出るとは思いますが、それでもこの数値なら、一般家庭においても充分満足のいく環境ではないかと思います。

※設置場所にもよりますが環境によってはさらに弱くなります。

 

Wi-Fi 6の恩恵はそこまでない

PCですが、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応端末も手元にあるので、念のため計測してみました。

参考インターネット回線の速度テスト | Fast.com

先ほどと同様、既存のB社製品との比較です。

 

Buffalo社製WSR-2533DHP-CG回線速度PC

WSR-2533DHP-CG

TP-Link社製Archer AX20回線速度PC

Archer AX20

既存はアップロードが330Mbps、ダウンロードが330Mbpsに対し、「Archer AX20」は

  • アップロードが330Mbps、ダウンロードが310Mbps

という結果でした。

その後何度か別の時間帯にて計測していますが、上下ともに300~350Mbpsという回線速度です。

様々な要因が複合的に絡んでくるため、一概には言えないものの、Wi-Fi6で接続したとしても著者の環境ではさほど変わらないという結果です。

実際体感として感じるほどではありませんし、Wi-Fi6への過剰な期待は禁物と言えそうです。

 

 

気になった点・注意したほうがいい点

「Archer AX20」の魅力は8000円台という価格と、その価格以上の手軽さ、多機能だと思いますが、本製品のウリのひとつである簡易NASは、ユーザーを少し選びそうです。

前述の通り、背面にあるUSBポートは、USB2.0(転送速度480MB/s)と速度に期待はできず、

大容量のファイルを扱うユーザーにとっては不向き

と言えます。

「Archer AX20」は、NTFS、exFAT、HFS+、FAT32といった様々な形式に対応していて、汎用性は高いです。

著者も常に画像を大量に扱いますし、最近は動画編集を行うようになり、ポータブルSSDやHDDを多用しています。

ですが本製品の簡易NAS利用に際して、速度にそこまで期待はしていなかったものの、やはり“簡易”というのが妥当で、実用性にはやや欠ける印象です。

また、クアッドコアの恩恵もあり、パフォーマンス面では思いのほか頑張ってくれていますが、CPU占有率をかなり占めてしまうため、他のデバイスへのパフォーマンスの影響も気になります。

同社にはUSB3.0対応の上位互換のモデルもいくつかあるので、試してみるのもいいかもしれません。

 

 

TP-Link Archer AX20 総合評価

TP-Link Archer AX20 総合評価

Wi-Fi 6対応だからと言って、爆速が確保されるわけではないですし、親機子機がそれぞれ対応している必要があります。そのため急いで買い替える必要は全くありません。

とはいえ旧規格との下位互換もあるので、少なくとも常に十数台のデバイスを接続しているのがデフォルトとなっているような、著者の使用環境ではかなり早くなりました。※体感ではなく数値上

また「Archer AX20」は、WPA3に対応させることで、セキュリティ面においても辞書攻撃や総当たり攻撃から守ってくれます。(ホームケアを搭載したモデルもあったりしますが)

通信環境は今後さらに複雑になり、速度が求められる時代。と同時にフラッグシップのみならずほとんどのデバイスも対応していくであろうことは容易に想像できます。

数日使用していますが、発熱もほとんど気になりませんし現状何の不満もありません。

Wi-Fi通信環境に少しでも不満を感じているなら、「Archer AX20」はコスパ力も高く、充分オススメのモデルです。

【総合評価】
製品名 TP-Link Archer AX20
 総合おすすめ度 4.3

 

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-IoT, ガジェット, 商品レビュー
-, , ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2020 All Rights Reserved.