非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

プロ用「ミキサー」の選び方【業務用ミキサー/卓上ミキサーおすすめ厳選ランキング】

※2017/7/10更新

こんにちは。パン&スイーツ大好き男子です。

パンとかスイーツが大好きなんですが、外で買うと結構高いですよね。

「それなら自宅で作ってしまえ」と言うことで、最近はプロ顔負けの自宅スイーツやパン作りをしてる人も多々見かけます。

本日は、『ミキサー』にスポットをあてて書こうと思います。とは言っても、ちゃんと業務用でも普通に使っていて、尚且つ自宅でも使えるものをピックアップしていきますので料理好きの方はご参考にしてくださいね!

 

ミキサーの種類

今回は、ミキサーと言ってもジューサーミキサーは除外します。ジューサーミキサーやブレンダーをお探しの方は下記をご参照ください。

また、料理初心者向けではなく、どちらかというと、ちょっとやってる方向けの話になります。機械が好きなら面白いかもしれませんね。

 

ではまずはじめに、ほんの少しおさらいしておきますが、業務用で使われているミキサーは下記のようなものです。

レマコム 業務用ミキサー (スパイラルミキサー) 125リットル 60Hz専用 RM-20SP/60

 

この手のタイプはスパイラルミキサーと言います。

簡単に説明すると、軸部分だけではなく、ボウルもぐるぐる回るタイプ。

上記は別メーカーですが愛公舎、関東ミキサーなどが有名です。※ほかにもいくつかメーカーがあります。

もう少し小さいタイプだと下記のような(20クォートミキサー)ものがあります。

ホバート ミキサー HL200 20Qt仕様(50/60Hz)

これらの製品は、粉モノを扱う店舗なら大概入れてます。例えば肉まん製造とかピザ屋とか、そういった類のお店です。

作る量によって撹拌量(クォート)を増やすと言ったイメージですね。

レマコム 業務用ミキサー 20クォートタイプ 50Hz専用 RM-B20HAT/50

また、この辺りは動力(三相200V)のものが多く、これれはあくまでもプロ用。まさか一般のご家庭で、この設備を取り入れているという方はそうそういないと思います。(重量も20クォートタイプでさえ100kg前後と、かなり重さがあります)

ご開業予定の方はご注意!!

余談ですが、パン屋やパティスリーは飲食店の中でも資金が必要なんです。

もちろん、お店の規模や資金によってですが、これに加えて揃えなくてはならないものがたくさんあります。

オーブン、ドゥーコン*1、パイシーター、その他諸々の機器類、と挙げればきりがないです。パティスリーであれば対面型の冷蔵ショーケースやブラスト(ショック)チラー*2も必要です。

先ほどあげた機器に加えて、お値段が張る(一台買っただけで100万、200万円すっ飛ぶ機器類)ものばかりです。

パン屋やパティスリーはとにかくお金がかかります。一般的なカフェやラーメン店などの飲食店は什器(厨房機器)に200万あれば充分お釣りが来ますが、とにかく資金が必要です。

 

ご家庭でも使えるプロ用ミキサーランキングベスト5

パンとスイーツでは、実際のところ、使う機器が異なるんですが、ご購入、ご検討の際の注意点を先にご説明します。

例えばあなたが、ご自宅にて、パン作りのためのミキサーを探したとします。本格的にやるとなれば、それなりのものは必要ですが、「自分だけのために作る」なら手でこねれば充分。 

発酵だって一次発酵二次発酵どちらも、家庭用の冷蔵庫やオーブンをうまく使えばできます。オーブン自体も家庭用はビックリするぐらい進化してますしね。

また、パン用とスイーツ用だと若干無理があります。また、卓上といってもそれなりにお値段はしますので、失敗しないためにも下記のことに充分お気をつけくださいね。

  • 自分が何をしたくて、誰に、どこで、どれぐらいの頻度で、どんなものを提供したいのか

では、以上を踏まえて、ご家庭でも使えるミキサーを紹介していきます。

俗にいう卓上ミキサーです。 

第5位:ハミルトンビーチ スタンドミキサーHamilton Beach  6-Speed Stand Mixer

後に紹介する機種もそうですが、パワーもそこまでありません。

ホイップ作りには何の問題もないですが、加水率の低いパン生地(特にハード系)をこねる時は、量と時間に気を付けてください。モーターが焼けます。

若しくはニーダーというこねる機械を使って下さい。

総合オススメ度:★★★★☆
  • 安いのでコスパ重視派に
  • 6段階のスピード設定
  • 連続運転に気を付けて

 

第4位:KitchenAid  キッチンエイド スタンドミキサー クラシック Classic KSM150

キッチンエイドを使ってるパン屋、パティスリーはかなり多いです。

こちらの機種は若干お値段が安いですが並行輸入品のものも多く、その場合はメンテが若干心配です。

ヘッドが跳ね上げ式なので、使っていると(負荷をかけすぎると)ぐらつく症状が出てきます。

総合オススメ度:★★★★☆
  • 跳ね上げ式ヘッド
  • お値段安めでもブランドにこだわりたい方に
  • 要プラグ確認(3ピン→2ピンのアダプタ必要)

 

第3位:KitchenAid キッチンエイド ボールスライドタイプ KSM5

日本国内で売られている一番スタンダードなタイプがコチラ。

ホイップクリームを作るのには鉄板と言ったところでしょうか。ビーター、ドゥーフックも付属してるのでご家庭でのパン作りにも使えます。

※負荷はかけすぎないように!ホイッパー(6本組ワイヤー)は最初からついてますが、メレンゲなどキメの細かい泡立ちを作りたい人は別売の目の細かいホイッパー(12本組ワイヤー)を別途購入してください。

総合オススメ度:★★★★☆
  • スタンダードタイプ
  • 安定した撹拌力
  • ガッチリ固定取り外し簡単アームリフト式

 

第2位:KitchenAid キッチンエイド スタンドミキサー(6.9L) KSM7

更に少しグレードアップした製品です。

ご家庭のパン作り、スイーツ作りはもちろんのこと、料理教室などにも使えます。先ほどのKSM5より処理能力が2倍になってます。その割に静音設計です。

ただ当たり前ですが、その分お値段は上がります。

総合オススメ度:★★★★★
  • 優れた静粛性
  • プロ御用達の撹拌能力
  • 嬉しい付属品(※各ショップで確認の必要あり)

 

第1位:卓上型ミキサー ケンミックス KMM-770

1位、2位は甲乙つけがたいです。

ドゥーフックが付属でついていないのが難点ですが、飛散防止カバーなど、嬉しい機能がたくさんついてます。

イギリス製かアメリカ製か悩むところですが、僕はアメリカよりイギリスびいきなのでケンミックスを推しておきます。

総合オススメ度:★★★★★
  • 飛散防止カバー
  • 愛公社が輸入元なのでメンテも安心
  • ホイップを作るのに最適

 

 

まとめ

色々と話してきてここで言うのも何ですが、卓上タイプでパン作りは、故障の原因にもなるとメーカーが言っていたりします。

パン作りで使う時は少量、加水率の高いソフト系のパン、そしてなるべく短い時間で使うようにしてください。ご紹介した1位のケンミックスにドゥーフックが付属していないのはそのためです。

業務用の据え置きのミキサーでさえも、過負荷で使いすぎるとギアが飛んでしまったりするぐらいなので、安い買い物ではないので大事に使いたいですよね(ギア式の場合)。

ただ、お菓子作りには重宝すること間違いなしです。一点注意することと言えば、量が少なすぎると原料がホイッパーに当たらず撹拌できないということも起こりえます(ボウルサイズが大きいとそうなります。必ずしも大は小を兼ねません)。量をそれなりに作るときはめちゃくちゃ重宝するので参考にしてください。

以上。

卓上ミキサーおすすめだけど何か??

 

*1:発酵などを自動でやってくれる機械

*2:瞬間的に冷やす機械

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.