読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

軽装備で楽々。管理釣り場用(トラウト)初心者オススメロッド【おすすめ18選】

自然・アウトドア 動物
広告

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20160706151733j:plain

※2016/11/15更新

釣りは「初めてだと何を揃えていいかわからない」なんてこともあると思います。逆に、「しばらくやってなかったけど最近釣りに行きたい」、「海や川も行きたい」という衝動に駆られながらも、行けていないことにいら立ちを抱えているという人も中にはいると思います。

こんにちは、つっちーです。

比較的準備も少なくお手軽に出来る釣り、それこそが「管理釣り場」です。釣り初心者は「釣りなんて行きたいときに行って勝手にやっていいっしょ?」なんて思ってるかもしれません。

海は比較的緩いんだけど、川や湖は入漁証が必要で、魚種によっては禁漁期間も設けられています。

それを無視してできるのが「管理釣り場」。というわけでビギナーのために「管理釣り場用(トラウト)オススメロッド」をご紹介します。

 

 

オススメロッド~はじめに~

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20160706145436p:plain

弘法筆を選ばずとは言うけれど、上を言ったら釣り具はアホのように高価です。実際値段の張るものは、持っていて疲れなかったり(軽かったり)、色んな意味で使いやすいのは間違いありません。メーカーも最先端技術を取り入れてアングラーをうならせたいですからね。

細かいことを言えばもっと色々ありますが、ロッドにしてもリールにしても初心者のうちは「いつ辞めるかわからない」と思うので、あまり高価なものはおすすめしません。個人的には中古で揃えるのもアリだと思います。

とにもかくにもやらないことには始まりません。当ブログがそんなきっかけになってくれれば幸いです!

 

入門ロッド+スピニングリールセット

結局どれがいいんだということになりそうなので、管理人が選ぶ、手始めの初心者向け管理釣り場用オススメセットです。

コスパがよく、使い勝手もいいのでちょい釣りにも使えるはず。サブで持っておくのもいいと思います。お値段もセットで約1万円

+ 

何を選んだらいいかわからない人は、価格以上のパフォーマンスを見せてくれる「Abu Garcia(アブガルシア)」をおすすめします。

シマノ、ダイワは安心のブランドですが、「Abu」は価格の割に、デザイン、使い心地、耐久性、高級感もなかなかです。ハマる人にはハマると思いますよ。 

それでは、そんなトラウトに魅了された僕がオススメする管理釣り場(トラウト)用ロッドを厳選してご紹介していきます!※4~6ft前後で選定。3位までランキング。

  

管理釣り場用(トラウト)初心者オススメロッド※チョイ釣りも可 

第1位:Turing Monkey(ツリモン) ロッド 鱒レンジャー改 SP40

コスパ最強!と言ったらコチラです。かなり短い竿なので子供にも扱いやすいと思います。もちろん飛距離は出ませんが、コンパクトサイズなので、ブッシュの多い所では活躍します。

【オススメポイント】
  • コスパ最強ロッド
  • 食い込みバツグン(柔らかい)
  • 遊び用(子供)におすすめ

おすすめ度:★★★★★ 5.0

 

第2位:Turing Monkey(ツリモン) グレート鱒レンジャー改 CT50

最初に紹介したツリモンです。振出仕様より安心感があります。お子さんと初めての釣行に良いと思います。何より安いのがメリットです。かなりおすすめしたい商品です。もちろん大人がお遊び用にもっていてもいい竿だと思います。

【オススメポイント】
  • マス(トラウト)用以外の多目的にも
  • コスパ高し
  • 初めての一本にもオススメ

おすすめ度:★★★★★ 4.8 

 

第3位:SHIMANO(シマノ) ロッド ルアーマチック スピニング S60L  

初心者のうちは柔らかめのバスロッドでもいいと思います。コチラは安心のシマノ製。ルアーとセットで1万円以内に充分おさまります。スタートはこのあたりからでいいんじゃないかと思います。

【オススメポイント】
  • 海のチョイ釣りにもオススメ
  • 5千円未満
  • 安心のシマノ

おすすめ度:★★★★★ 4.9 

 

Turing Monkey(ツリモン) ロッド モバイルトラウト 52L

携帯性バツグンの振出式。値段が値段なので、正直期待はしてませんでしたが割と優秀です。値段相応と言いたいところですが、普通に使えます。本流よりは源流に使うといいと思います。

【オススメポイント】
  • コンパクト(携帯性)
  • 源流などスペースが取れないところでの使用に!
  • 比較的作りはGood!
おすすめ度:★★★★☆ 4.5
 

Turing Monkey(ツリモン) ロッド トラッタストリーム III   562L

ミノーイングモデルですが、スプーンも使いないことはないですし、比較的場所を選ばず使えます。お値段もお手頃なので来ずパ重視の人にはオススメです。特に、ストリームをミノーで試したいという人は是非。

【オススメポイント】
  • ミノーイングモデル
  • 幅広く広範囲に使える
  • ストリームにもオススメ!
 

プロマリン(PRO MARINE) ロッド トラウトエース56UL 

後にお勧めするTuring Monkey(ツリモン)と並んで安価な割に割と使えます。エントリーモデルですが扱いもしやすく、比較的オールラウンドで使えます。見た目も安っぽくないのでファミリーフィッシングにも最適。

【オススメポイント】
  • 可もなく不可もなく使いやすい 
  • コスパの高いオールラウンドロッド
  • 入門用としておすすめ
 

Abu Garcia(アブガルシア) ロッド マスビートエクストリーム

製品によってばらつきがあるなどのレビューも少なからずあるようだけど個人的にはデザインも使い勝手もちょうどいいと言った印象。実店舗で直接見てくるのもいいかもしれません。

【オススメポイント】
  • 少し固めで大物も安心
  • Fujiスプリットシート
  • 自然渓流型の管釣りに吉 
 

RUNA HISANO(ルナヒサノ) ロッド カーボントラウトロッド SP60UL

比較的お値段の控えめのルナヒサノ。作りもしっかりしているし取り回しも特に問題を感じません。源流では少し長めですが本流や管理釣り場で活躍すると思います。メインの一本と言うよりは雑に扱える一本にしたいところ。

【オススメポイント】
  • リールシートの金具小さめ(少しガタつきがでるかも)
  • サブの竿としておすすめ
  • お値段控えめ
 

TR AREA PAQ 56UL 168cm トラウトロッド 振出

これの何がいいってやはり携帯性です。振出と書いてある通りだいぶコンパクトになります。持ち運びが楽なので山歩きついでに携帯するなんて言うのもいいんじゃないでしょうか。

【オススメポイント】
  • 携帯性バツグン
  • 軽量コンパクト
  • サブであると安心(作りは安っぽい) 
 

ダイワ(Daiwa) ロッド トラウト X 60L

柔らかい竿なので扱いがしやすいと思います。トラウトだけじゃなく、アジングや根魚釣りなんかにも活躍しそうな一本です。  

【オススメポイント】
  • 安心のダイワ
  • 丈夫な造り
  • ティップ(先端)柔らかめでアタリがとりやすい
 

メジャークラフト(Major Craft) ロッド トラパラエリアフィッシング TPS-562UL

コチラも柔らかめの竿です。長さもそこまでないので取り回しがしやすいはずです。大物がかかるとかなり苦労するかもしれないけどサブの竿として持っているのもいいと思います。

【オススメポイント】
  • 管理釣り場メインで活躍
  • 女性やお子さんにも扱いやすい
  • あらゆるルアーに
 

Guts(ガッツ) ロッド 鱒レンジャーΣ SP5.6F

個人的にデザインが好きなモデルです。高級感もありながら、あたりもとりやすい優秀な竿だと思います。源流で使用する際10センチ級のアマゴのあたりも逃しません。柔らかめなのでアワセは気を付けて。

【オススメポイント】
  • 見た目の高級感
  • 見た目のデザイン高し
  • スローテーパー 
 

Guts(ガッツ) ロッド 鱒レンジャーΣ CT5.6F オリーブ

ここにきてなぜかベイトリール仕様の商品を。先に挙げたガッツΣシリーズのベイト版です。中にはベイトリール使いたいという人もいますからね。管理釣り場でベイトリール使ってる人はあまり見たことはないけど、磯や湖などで大活躍するかも?!

【オススメポイント】
  • ベイトリール用
  • 安っぽくないデザイン
  • 軽量ルアーまで幅広く対応 
 

メジャークラフト(Major Craft) ロッド FINE TAIL ベイトモデル FTS-B4102UL

そしてもう一本おすすめしたいのがコチラ。何と言っても短いので操作性バツグン。しかもベイトリール用なので、スピニングよりもピンポイントを狙えますし、限られた場所で釣りを強いられたときに重宝します。紹介した中ではお値段高めですが、それでもコスパはいいしおすすめです。

【ココまでのチェック】
  • 扱いやすさグッド
  • スペースが限られているときに
  • お値段高め 
 

ダイワ(Daiwa) ロッド モバイルパック 564TULS 

コチラも振出仕様なので携帯性バツグン。説明にも書いてある通り、色んなシーンでの活躍が期待できます。ちょっと使いたいときにちょっと持ち出しが出来るのは素晴らしい。

【オススメポイント】
  • 小物釣りに活躍
  • コンパクトに持ち運び
  • 海川湖どこへでも 
 

Abu Garcia(アブ・ガルシア) ロッド クロスフィールド XRFS-642UL 

個人的にはAbuはキライじゃありません。お値段もそこまでしないですし、使ってみると案外馴染んできます。二本目の竿として使ってもいいし、初めての釣行でもいいと思います。海山川オールラウンドで使える一本。

【オススメポイント】
  • 全てのライトゲームに使える一本
  • 釣り初心者初めての一本にも最適
  • デザインにも高級感
 

GLOBERIDE(グローブライド) ロッド HS コンパクトモデル 565TUL

コチラも質感、見た目全て安っぽいです。ただ携帯性は優れています。上記のダイワ生と比べると値段も安価で安心。ただやはり少し柔らかめな印象。小物釣りにおすすめの一本。

【オススメポイント】
  • それなりの竿(安っぽい)
  • アタリはとりやすいので初心者向き
  • コンパクトで携帯性よし
 

シマノ ロッド 13 トラウトライズ 56UL

買う場所にもよるかもしれませんがジャスト1万円ぐらいで買える良竿です。少し背伸びしてみたいという人にはオススメです。リールはナスキーあたりとセットで買うのがベストです。

【オススメポイント】
  • サクラマスも狙える!
  • 渓流も管理釣り場もOK
  • オールラウンドに使える一本

 

まとめ

とにもかくにもやってみないと始まらないので是非一度安い竿でも買って最寄りの管理釣り場で釣りを始めてみるのがイチバンです!

釣り具は上を見たらきりがないので、まずは“釣りがどんなものなのか”遊び程度にやってみることをオススメします!ハマること間違いなしですよ!

 

【人気関連記事】

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.