ブログ メンタルヘルス 生活 雑感

Twitter戦略やTwitter運用についての個人的考察(近況も少し)

投稿日:




Hello guys!!ご機嫌麗しゅう。

ワープレに移行してからというもの、承認欲求が抑えられない僕です(嘘ですw)。

そんな冗談はさておき、最近はTwitterが完全に記事投稿ツールと化していまして、アプリも消したし特化用アカウントでたまーに見る程度。LINEなんかも家族間やリアル友達とのやりとりのみで、いくつか参加してるグループLINEすらほとんど見てない状態です。

今SNSって何がトレンドなんすかね、どうでもいいけど。

ともあれ、ワープレ側から連携して投稿してるだけなので、もしアクションしてくれてる人がいたらスンマヘン。

でですね、Twitterに顔出さなくなったのも、色々とワケ(思うところ)がありまして。

そんなわけで本日は、久しぶりにブログらしい垂れ流し記事を書こうかなと。

まぁあれです、ちょっとした生存報告も兼ねて、過去から現在、そして昨今のネット環境やTwitterについての思いの丈を綴っていこうと思います。※現在深夜2時。深夜のノリなので許してねw

 

これまでの経緯なんかをざっくりと

geralt / Pixabay

まずは初めに、誰も興味がないであろう、私のざっくりとした近況報告からです。

興味ない方は「正義とは」の章へジャンプ!
クリックで見出しへジャンプするよん!

実は私、個人事業主としては、もう6期目になります。その間色々とすったもんだがありました。

本職では、あるおっさんと一緒に仕事してたんですが(相手は法人で、簡単にいうと持ちつ持たれつのビジネスパートナー。契約自体は業務委託のような関係)、そのおっさんも結構いい歳だったのでリタイアしてしまったんです。

それがざっくり2、3年前。

すったもんだありながらも、そこで繋がったお客さんもいらっしゃるので、本職を継続しつつ、そしてそんなタイミングでブログ(サイト)アフィリエイトに出会って、一時は本職以上の金を稼げたワケです。

ですが、こんなもんラッキーパンチなだけで、当然長続きするとは思ってはいませんでした。散財することもなく、地道に、質素に、常に危機感を持ちながら堅実に暮らしてました。

とは言え多少調子に乗っていたのも事実で、一時期は本職0、ブログ(に付随するライター業含め)10の割合の時もありました。

そして現在、本職8、ブログ(サイト)2ぐらいに変わりましたw

一応アテクシも一家の大黒柱。

家族がおまんま食べられるぐらいには稼がねばならないので、最近Twitterに顔出さないのは、んなことやってる場合じゃねーってのが大きいですけどね。

 

それでものらりくらり楽しく過ごす

んでですね、ブログ(サイト)のみで、マックス7桁時代もあったんですが、健康アプデは無風だったものの、徐々に目減りする収益。

そして、先のコアアプデによる大打撃。

ブログドリームは比較的早々についえてしまい、大きく稼ぐこともなく、今回ので完全に「あ〜あ(オワタ)」って感じになりました。※最近PVは反転しつつありますけどね

先輩アフィリエイターさんたちがいってた通り、“サイトは飛ぶもの”ぐらいに思っておかないとダメだなと痛感した次第です。

と、周りからも色々聞いてたこともあって、この辺りは予想の範囲内だったので(いや、けどめちゃくちゃ痛いよ?下手すりゃ税金に頃されるよ?)、仕事の比重を変えたり、それ以前から着手していた新たなサイトを運営をしたり、新たな事業を興してみたりと、色々施策を講じながらそれなりにやってました。

あ、それとこれ、誰かがいってたけど、

メモ

アフィリエイトは、“生活できるかできないか”ぐらいの中途半端な収益が一番辛い

これ名言です、ハイ。※今回の変動でアフィ収入はそのぐらいぶっ飛んじまったって察してくれよなw

 

と同時に不幸は続くってヤツ

StockSnap / Pixabay

2年前に子供が生まれたのもあり、「さぁこれからもっともっと頑張るぞ!」と意気込んでいたワタクシ。

いつぐらいだろう、もうはっきりとは覚えてないんですが、地味に不幸の連鎖が続きます。

貰い事故数回、ガチの友人の訃報、信頼してる先輩の入院・訃報、身内の訃報、特に今年に入ってから(いや、もっと前からかも)こういったことが立て続けに何件もありました。

そして同時に目減りしていく収益。

小さな虚栄心やプライドも一応あるので、平静を保ちながら踏ん張っていたんですが、自分に直接降りかかってきたことではないとはいえ、信頼してる人・近しい人の相次いだ訃報はさすがにキツかった。

一時期はガチで凹みました。

 

精神状態が悪いと悪循環、隣の芝生が青く見える

自分は、できる限り物事を中立・俯瞰(ふかん)で見るようにしてるつもりです。

でも心がフワフワしてるとそうでもなくなります。

幸せそうな人を見たり、TLでうまくいっている人を見かけたりすると、ただただイライラするばかり。ぶっちゃけ気心知れた人ですらそうなってました。

このイライラってなんだろうって考えたときに、自分に自信・余裕がない時や、自分の価値観との隔たりがある場合に「ピクッ」っとなったりするんですよね。

平たく言えば、ただの妬みです。

そう感じてしまう、ちっさい自分も嫌で自己嫌悪の無限ループ。

それでも自分は一応曲がりなりにもインターネットを使ったビジネスを取り組んでる身なので、そう簡単に切り離すことができずって感じでした。

いつもなら何クソっていう反骨精神が生まれるんですけど、そんな気にもならなかったんですよね、当時。

 

そして攻撃的になる自分に嫌気が差す

Pexels / Pixabay

人は人、自分は自分、と言い聞かせてきたものの、心が荒むとやっぱり攻撃的になりやすいと言いますか。

元々の性格的なものが大きいんですけど、私生活含めてモラルないヤツとかマナー悪いヤツ、わけわかんないこといってるヤツには特に物申したくなるんですよね。

でもそんな時「あ、今脊髄反射してる」ってふと気付くんです。

これ、「平常心だったら言ってたかな」とか「あー言わなきゃよかった」とかそんなことがしばしば。Twitterで突っ込もうと思ってテキスト打ち込んで消したことも両手(×10)じゃ数え切れません。

 

 

正義とは

succo / Pixabay

とはいえ私自身のことでいえば、生活はそれなりに充実してます(した)し、自分がいちばんの不幸者なんて微塵も思ってはいません。

これをバネに、より気を引き締めて頑張ろうって気持ちに切り替えられてるので、今もそんな感じで、比較的充実しながら元気にやってます。

冒頭にも言った通り、Twitterにあんまり顔出さなくなったのは、居住地を移したり、仲間内で新しいこと始めていたりと、単純に地味にバタバタしてたってのが大きいです。

ただ、遡ってみたらだいたい1年ぐらい前から(福岡IT講師刺殺事件があった後くらいから特に)徐々になんですけど、こうった経緯もありつつ、“正義ってなんぞや”ってちょくちょく考えるようになったんですよね。

(ここからが本題)←前置き長ぇよw

 

あなたの正義はどっち?

少し哲学的な話になりますが、あなたが思う正義って何でしょうか。

主語が大きいので、2択にします。

  • 自分が正しいと思うことが正義
  • 世間が正しいと判断したことが正義

果たしてどちらでしょうか。

自分の場合、どちらかというと己の価値観で判断し、論ずるタイプなので、どちらかと言えば前者なのかなと思います。

 

SNSはマウント取り合戦

birgl / Pixabay

で、よくよく考えればわかることなんですけど、自分の正義って他人にとっての正義では決してありません。

もっと言えば、

全ての人に共通する正義なんか絶対に存在しませんし、人それぞれ正義の定義は異なります

よく使われる例え話ですが、戦争はどちらの国にとってもそれぞれの正義が存在します。勝てば正義になり、それが正当化されます。

“正義の味方”の正義は本当に正義なのか、敵には敵の正義がある、なんてこともよく言われますよね。

同じように、趣味・ビジネス問わず、SNSを運用しているユーザーは、大義には自分の正義を勝ち取りたい、つまりマウントの取り合いをしているだけのように見受けられます。

つまり、自分の“存在”を他者に知ってもらいたい、認めてもらいたいだけ。

そうじゃなきゃわざわざやらんわけですし。

結局のところ、ブランディングのためのポジショントークしかりですけど、(正義を勝ち取って)優越感に浸りたいだけなのかなと(世の常なので否定もしませんし全然いいんですけど、そんでビジネスにつなげるってどれだけクリーンでも実は結構悪どくね?とか思ったり)。

なんにせよ、綺麗事だけじゃおまんま食えんので、ホワイトだろーがブラックだろうがグレーだろうが、何かしらやらなきゃならないんですけど。

とはいえ犯罪はダメですよ(そのための法であり道徳であり)

 

殺伐とするSNS

けどなんて言いますか、最近のSNSはそういった“ポジショントーク”が露骨に多いような気がしてなりません(おまいう案件だし後頭部にブーメラン刺さりっぱなしだし、ドチャクソ自戒)。

ポジトークってのは何もビジネス垢だけじゃなくて、“存在(アカウント)”がある以上、発生してるんじゃないかと思います。

ブランディングする気があろうがなかろうが、その人の“立場(ポジション)”で発言しているわけですからね。

んで、最終的にはちょっとでも尖れば炎上、変なことをすれば炎上、人と違えば炎上。そしてさらに集団意識が高まり皆でここぞとばかりに叩く。

けどそれって主張してるその人にとっては正義なんですよね(もう一回言うけど法を犯したり道外しちゃいかんと思うよ)。

と同時にこれもよく言われてますが、炎上に限らずちょっとした同調圧力を見かけるたびに

「あーコレってただのイジメやん」

って最近常々思う。

また、少し話は違いますが、やたらと個人特定したがる人もいて、何か起こせば当人に全く関係のない親兄弟、配偶者、子供、住所や職場、学校など、ありとあらゆるものが白日のもとにさらされます。

こういうことをする奴は注目を浴びたいだけの承認欲求クズだと思いますが、いい大人が平気でネットリンチする世の中、狂ってますわ。

正直子供にはこんな殺伐とした世界見せたくないし、こんなことをして欲しいとは思えない。

ちなみにこれ、「自分は断じて違う!」っていう人でも同じじゃないかと思ってます。

例えば、一対一で議論してたとします。当然最初は一対一、けどどうしてもその人の“ポジション(要はインフルエンス力)”によって、本人にその気は無くとも、(ファボのつき方とかRTの数とかで影響力ということにおいて)強者対弱者になることの方が多いんです。

その人の横つながり(フォロワー)にインフルエンサーがいて、そしてそのインフルエンサーがファボなり、リプなり、RTしようものならもう地獄。

普段だったらありえないところまで拡散され、次々に飛び火していきます。

 

そのツッコミってどうなの

今に始まったわけではないものの、そもそもが他人の人生に首突っ込むほどその人のこと知らないし、大多数の人が自分の発言に責任なんか持っちゃいないし、ツッコミ入れた人を本気でどうにかしたいなんて思っちゃいないですよね。

大概、みんな明日になりゃ忘れてるし。

自分を含め、こういう浅はかな行為が“無敵の人”を生む一端を担ってるのかななんて思ったり。

冷たく言い放った言葉で、その人が明日死ぬかもしれないし、深く傷つくかもしれない。もしくはそれによって脅迫されたり粘着されたり、下手すりゃ殺されるかもしれない。

悲観的なツイートばかりしてる人でも実はめちゃくちゃ充実してることもあるだろうし、逆にハッピーなツイートばかりしてる人でも、裏に実はものすごく悲しい出来事があるかもしれません。

 

スーパードライ

cocoparisienne / Pixabay

発言しなきゃわからないことも当然あるし、発言することで何かがわかるかもしれない。

けどよくいう“マジレス”って世間一般社会通念上の総合的な価値観、もしくはそれらから総合的に得た主観であって、果たして本当にそれが正義(正しいこと)と言えるのか甚だ疑問でなりません。

筋が通っていようがいまいが、公への発言には責任持たなきゃいかんし、公序良俗に反してなければ(もっといえば運営が垢バン措置さえしなきゃ)何言ってもいいのかって言われると正直俺にはわからんのです。

“ネット”だから何いってもいいのかっていうとそうでもないと思う。

それと、なんだかんだ言って、マジョリティにマイノリティはやっぱり勝てないんですよね。※民主主義の根本ですし、me too運動みたいに小さな声が社会を動かすこともあるので、一概には言い切れないものの、傾向として。

結局、ビジネス・趣味含めて色々とうまく運用できてる人ってめちゃくちゃドライ。

よく言えば割り切れている人、悪く言えばただの冷たい人

(無関心とも言える)←むしろこっちの方がデカイのかな?

ちなみにこれ、ディスってますけどややディスってます。(普通にすごいなぁとも思います)

集客ツールだったり、単純に情報収集だったり、日頃の鬱憤を発散したり、生存確認や(自称)メンヘラのためのセーフティネットの役割や、「見て見て!俺(私)すごいでしょ?!」「俺(私)かわいそうでしょ?!」的な承認欲求の穴埋めツール、歪みを正す抑止効果も当然あるから、いろんな面で有益なのは間違いない。

純粋に実績を積み上げてきた人ももちろんいるし、趣味でやってる人や、むしろ何も考えてない人もいます。粘着するのが生き甲斐になってたり、クソリプばかりする人もいます。そして、言葉が通じない単なる基地外も言わずもがなたくさんいます。

けど顔出ししてようがしてまいが、それらは所詮ネット上の虚像であり、もしかしたらそのリアルっぽい顔も全部嘘かもしれません。

元も子もないですが、リアルで会ったことがあったとしても、絶対に本心まではわかるはずがありません。表向きは優しそうに見えても裏の顔はゲスだったりしますしね(逆もまた然り)。

 

SNS運用とは

そもそも自分は、ブログを始める前(ほんの数年前)まで、ちょっとネットサーフィンするぐらいのゴリゴリの情弱。インターネットとリアルを明確に分けられるほどリテラシーは高くありません。

以前は、全く触れてこなかったインターネットの世界が新鮮で、こんな世界があるんだ的な感じで楽しくてしょうがなかったんです。

その頃に出会った人たちも大切な存在なのは変わりないですしね。

でもネットに慣れるにつれ、闇も知るようになったし、いい意味でも悪い意味でも自分の価値観をはるかに超える人種が腐るほどいるのを理解しました。

と同時に、しっかりネットとリアルとは分けなきゃダメだなとも感じます。

現在は「あれ?こっちの方がおかしいのかな」、「あれ?これ俺の価値観でしかないな」なんて(一応)思うようになってしまって、ただ呟くのでさえちょっと考えるようになってしまって、純粋に楽しめなくなっちゃったんですよね。※行動できてるかは知らんw

 

Twitterは議論するだけ無駄

そもそもTwitterってその名の通り、自由に“呟くこと”が目的

知らない人地味に多いと思いますけど、実はSNSではないし、コミュニケーションツールでもないんですよ。Twitter社自身がそう言ってますから。

要は情報発信の場であり、本来はブログのような位置付けです。

なので、完全な一方通行でいいはずなんですよね。

めんどくせー事言う輩もいそうなので、一応ソースあげときますね。

ソースは古いですが、Twitterのエンジニア担当バイスプレジデントを務めるMichael Abbott氏のお言葉によれば、

私たちはソーシャルネットワークではありません。私たちは情報ネットワークです。

We're not a social network," Abbott said, "We're an information network.

Twitter's not a social network?

とはっきりいっています。

もう一つソースです。

それが現在の日本では歪んだ使い方となり(海外も同じかもしれないけど)、やれフォローしたらフォロバは当たり前、横入りコメの場合「FF外から失礼」が礼儀、やれフォロワーの集め方だの、やれビジネス運用だのと、変なルールや活用法が定着しています。

情報発信と言うより、コミュニケーションツールとして意味合いが強くなり、いつしかリアルとネットとの境がなくなりました。

顔出しする・しないの議論がよく出てきますが、この辺は“顔出し推し”する人が増えたことで、独自ルールが発展し、歪んできたんじゃないかと思っています(日本語の文字数のせいでもあるだろうけど)。

実名顔出しっていわばFacebookですやんって話ですし。

個人的には日本人美徳の礼儀は素晴らしいものですし、マナーは最低限必要派です。“ネットだから何をいってもいい”というのも否定的です。初絡みでタメ口っていうのも理解に苦しみます。

ただ、これもリアルとネットの境界が薄い、自分が決めた独自ルールにすぎません。

とはいえ、マウントを取り合ったりすることが果たして本来の使い方なのでしょうか。もしかしたら、議論をしようとする人の方が“悪”なのかもしれません。

本来は一方通行でいいはずなんです。

自分は議論が好きな方なので、ここは考えさせられる部分でもあり、反省点でもあります。

 

SNSは本当に必要なのか

Free-Photos / Pixabay

とにもかくにも、昨今のSNSは特に、

“何を言ったか”よりも“誰が言ったか”の方が重要なツール

本来はその人のバックグラウンドや、よく絡んでる人だったり、普段の主義主張や、深い部分まで知らなきゃいけないのに、ほとんどの人はその人の上っ面の部分しか見ないわけで。

というかたまたま見かけたものに対して、深く考えもせず、「お、もそしろうそうw燃料注いだろw」ぐらいにしか思ってないですよね。

炎上が好きな人は、いわゆる一般常識に反したことをワザとやって注目を集めてるわけですが、それはまぁ自己責任でしかないのもわかります。まさに自業自得、身から出た錆。

端から見てても、インフルエンサーがしょうもないことで賞賛されてたり、インフルエンサーに媚び売ってたりするのも気持ち悪いですからね。

いや、ゴマスリゴリゴリマンだけじゃなくて、便乗RTや逆張りRTばかりの奴も大して変わらん。だってそれ、あなたの発言じゃなくて第三者の“誰か”の発言だから。

んでタチ悪いのは、人間の行動心理先読みして“ワザと”煽ったり、逆張りしたりして注目を集める人。こういうのが一番悪質だと思う。

人心掌握に長けた戦略・スキルと言えば聞こえはいいけど、なんというかモヤる。

そんなもん見なきゃいいだけの話だし、そこまで考えなきゃいいだけの話なんですけど、ミュート使おうがブロック使おうが、何かしらの形で回ってくるんですよね。

ビジネスでちゃんと(割り切って)運用できてないならなおさら、

  • 「俺にとってSNSって“本当に”必要?」
  • 「身内でわちゃわちゃするならクローズドでよくね?」
  • 「リアルの方がよっぽど大事じゃね?」

結果、「SNSってどうやって使ったらいいんだー!(ツマンネ)」って徐々になってきたんです。※散々互助ってたお前が何を言うって感じですけどねw

 

うまく活用できない負け犬の遠吠え

Hundefan / Pixabay

こういうこと言うと、「んじゃインフルエンサーになりゃいいじゃん」「何それ、インフルエンサーになりたいだけっしょ?」「活用できるようにすりゃあいいじゃん」「自分がなれないからってただの負け犬やん」ってなことをいう人いるでしょ、絶対。

そう!負け犬の遠吠えですw

ネット上で中途半端な実績しか出せず、何もかも中途半端。悔しいけど完全に敗北です。

いや、別にインフルエンサーになりたいわけじゃないんだけど、アフィリエイトはとりあえず敗北。もうこれ、抗えない事実、異論なし。

自分はフラフラしてますけどリアルではそれなりに成果を上げてきたし、そこそこ世渡りできると自負してます。これまでもその辺はソツなくこなせてるんで。

けど、昨今のSNS戦略がどうも胡散臭く見えてしまって(たとえクリーンであっても)、ネットでの深い関係性の構築ってのは俺には無理かもって悟りました。

いろんな意味で有益なツールなのは間違いないです。

一時期は精力的に動いてた時期もあったんですけど、何度でも会いたいって思えるほど深い関係にはそうそうなれないんですよね。結局表面しか知らないし。

まぁこれに関してはそういう凝り固まった固定概念を持ってる自分が悪いだけなんですけど、浅く広くの付き合いにあまり価値を感じない方なので、諦めるしかないですね。

 

 

余談:めんどくさい性格の人へ

余談です。※垂れ流し記事なりに、多少なりとも有益な情報をw

自分もひん曲がった性格だなーとは昔からつくづく思っていて、なおかつ友人、近親者に心の病気を抱えている人が何人もいたこともあって(今は回復)、一時期心理学系の文献を読み漁ったり民間資格を取ったりしたことがあります。

ただただ注目してもらいたいだけのかまってちゃんや、ファッションみたいな人も多いですけど、ストレスフルな現代社会では、切っても切り離せない心の病気。

心の病気と一口に言っても、依存症、双極性障害(躁鬱病)、発達障害(自閉症・アスペルガー症候群・ADHDなど)、パニック障害、PTSDとか、他にもまだまだたくさんあります。

人間の心ってめちゃくちゃ複雑。そこが興味深くて、ぶっちゃけ答えなんかないと思うんですよね。

「いやいや自分は断じて病気じゃねーし」なんて思っていても、現代社会に“生きづらさ”を感じることって普通にありますよね。

そこで、こんな記事書いてたらちょっと思い出したので、現代社会の“生きづらさ”にスポットを当てて、ついでに記しておきます。

 

実は多い?Highly Sensitive Person(HSP)

Anemone123 / Pixabay

つい先日、アベマでも放送されていましたね。また、メディアや書籍、漫画でも数多く取り上げられているので、聞いたことがある人も多いかもしれません。

現代人に実は多い「Highly Sensitive Person(HSP)」について、少し触れておきます。

メモ

Highly Sensitive Person(HSP)というのは、直訳すると、繊細過ぎる人。
全人口の15~20%に見られ、生まれ持った気質で生涯変わることのない性質です。

参考:The Highly Sensitive Person

ちなみにこれは、エレイン・アーロンっていう先生が考案したもので、今もなお研究されています。

注意していただきたいのは、これはあくまでも病気ではなく、他の動物にもよく見られることで、そういう性質を持った人のことを指します。

もう一つ言っておくと、性格が内向的だとか外交的だとかはそこまで関係ありません(そもそも内向的とか外交的というのは、社会生活の中で後天的に身についていくものなので)。

ほんの一例ですが、こういうやつです。

  • 身の回りの出来事がめっちゃ気になるぅ〜
  • 大量のタスクがあるとテンパるぅ〜
  • 空気をよんだり人の顔色うかがいまくるぅ〜
  • 刺激が多いとイライラするぅ〜

こういうことが当てはまる人は、もしかしたらHPSかもしれません。

 

気になる人はチェック

自分は海外渡航・バックパッカー経験があり、多少世界をみてきました。

関連スペイン人とフランス人と付き合った話。ラテンの血はやっぱりアツい?!【@海外モテ期】

もちろん外国人にもシャイな人はたくさんいるし、“世界”でくくるのは無理がありますが、実際日本人はシャイな人が多いです。

シャイさとの因果関係は特にないみたいですけど、日本人におけるHSPは、5人に1人どころか、もっと多いような気がしてなりません。

所詮ネットのセルフチェックなので信ぴょう性には欠けるものの、気になる方はチェックしてみてください。

▼エレイン・N・アーロン博士の翻訳サイト
Are You Highly Sensitive?

▼設問数多めですがこちらの方が回答しやすいかも
HSP診断テスト - 選ぶだけの簡単セルフチェック

俺は全然当てはまらなかったけどなwむしろHSSじゃねw

でもセルフチェックで当てはまったからといって、HSPを理由に、できないことを当たり前にしたり、逃げるのを正当化するっていうのもちょっと違うと思うので、あまり鵜呑みにしすぎない方がいいと思います。

 

 

広告

夢を持った若者へおじさんから一言

qimono / Pixabay

老害っぽいですけど、4年ぐらいサイト運営を続けている身なので、今からブロガーやアフィリエイターになろうとしてる人に一言伝えておきます。

SNSに限らず、きっとあらゆることで共通するので肝に命じておいてください。

自分は、ネットがわからないながらにも地道に努力してきました。こんな性格なのでメンターなど存在しません。

情報商材も買わないし、サロンにも入ったことはありません。

多分ラッキーパンチでうまくいった人より時間も費やしたし、サイト運営についても相当試行錯誤してきました。

「何でこんなに努力してるのに報われないんだ」

こういう人、実際多いと思います。

手っ取り早く稼ぐ方法なんか存在しませんし、人を騙したり、姑息な方法を使ったり、法を犯すぐらいしか手っ取り早く稼ぐ方法はありません。

当たり前ですが、手っ取り早く稼ぐにも努力が必要で、努力しなければ何も生まれません。

けど、成果が出なけりゃいくら努力しようが無意味です。やってる“つもり”になってるだけじゃ、それはやってないのと同じ。

自分を含め、結果が出ない大多数の人は、圧倒的に努力量が足りない、そして方法・方向が間違っています。

中には努力を重ねてスペックのハンパない人(それ見るとどうやっても勝てないと毎度打ちのめされる)もるし、“その星に生まれた”かのような、全てのタイミングがマッチして、何をやってもうまくいく人もいたりします。

「下積みがあって今こうなんだ」的なことも散見するけど、そこまで努力せずにうまくいった人も実は多いです。

いわばそういう人は天才肌。凡人は、人一倍努力するのが当たり前。

そう、大前提として世の中は理不尽です。

でも人は1人じゃ絶対に生きていけません。自分の場合、家族やいつでも弱音を吐ける友人がいなかったら、とうの昔に潰れています。

努力が裏切らないなんて真っ赤な嘘。けど努力は間違いなく必要。適性も様々です。やってみなければわかりません。だからこそ面白い。

そこで、未来ある若者へおじさんから5つ程伝えておきます。

メモ

  • 努力の方向性を間違えると無価値
  • 常に変化に対応する
  • その上で時には切り替え(捨てること)も肝心
  • 変なプライドを持たない(謙虚さや誠実さを常に持つ)
  • 自分にとって本当に大切な人(横つながり)を大事にする
だけど“努力をした”という“経験”は無価値じゃないよ!

 

 

気持ちを新たに

geralt / Pixabay

かなり前の話なので名前は出しませんが、フォローしてる方が全部フォロワーをリセットするといって、0にしたんですよね。

正直、「うわ、ダッセwいちいち報告なんかしないで勝手にやればええやん」なんてちょっと思いましたけど、いやまぁこれはこれで確かにめちゃくちゃ合理的な判断かなと。(こんな記事書いてるお前はなんなんだっていう完全にブーメランなんだけどもw)

自分もやろうかなと1mmぐらい考えました。もしくはアカウント消そうかとも思ったんですけど、ずっと使ってる垢なので愛着もそれなりにあるし、100%後悔するのでそこまで出来ません。

ただ、さっきも言ったように、現時点で自分は完全な敗北者。気持ち切り替える為にもなりふり構わず無心で頑張るのみ。

多すぎる情報邪魔!(とりあえず今は)

noteなんか死んでも買わん!(とりあえず今は)

メルマガなんかも絶対登録しない!(とりあえず今は)

教えも請わない!(とりあえず今は)

情報商材もクソ!(これはずっと変わらん)

んなもんに頼らねぇ!てめーの力だけで取り敢えずやる!←全然謙虚じゃねぇw

本当は、アフィカスとしてはSNS戦略が昨今の時代優先度を一番高くするべきのかもしれません。けど無理なんですわ。

とまぁ結局のところアテクシ、色々気になっちゃうネット耐性の低い、性格がひん曲がったウンコマンなんですわ。

このアカウント(@EN__project)はビジネス運用なんか考えてない、所詮ブログ開設時に作っただけのなんの戦略もない個人垢。

小手先の情報に振り回されるぐらいなら、Twitterなんか見ない方がマシと判断したまでです。※サイト用垢は複数持ってるけどね

負けたことは認めるけど、今後もアフィリエイトは続けるし、アフィリエイト以外でもまだまだこんなもんじゃ終わる気は無いです。

再浮上するから待ってろよw※誰に言ってるのこれ、恥ずw

Twitterから姿を消した今でも、気にかけたり仲良くしてくれる人が一定数いたりもするので、その方達にはもう、頭上がりませんよ。

多分今後も有益なツイートなんかしませんし、基本記事投稿用メインで、やったとしても日常のしょうもないことしかTweetしないので、フォロワーさんも興味無かったらガンガンフォロー外してくださいねw(こんなの当たり前なんだけども)

 

 

最後に

なんだかまとまりがなくなっちゃいましたが、最後まで読んでくれてあざっす!

色々言ってきましたが、先に述べたように、メインは記事投稿ツール、これまでと何か変わるかっていうと別に何も変わりません。

なんども言ってますが、優先順位的にTwitterなんかやってらんねぇ!ってのがデカイです。別に病んではいないですw

むしろ今充実してます。…たぶん…ダレカヤトッテクレメンス…(兎にも角にも子供可愛すぎ)

けどネットは情報過多&早過ぎで若干疲れたってのも事実。無作為に広げすぎた。

それと、もし自分の発言で傷付いたことある人いたらたらまじでごめん。

こんな記事書いたのは、夜中にふと思い立ち、ただ単に深夜のノリでなんとなーく筆を走らせてみましてんw

後日読み返して「きっしょ!w」って思ったら消すと思われます。

最後に、

何これ、こじらせ女子(厨二病)かよw

ここのところバタバタしてて、自分の時間皆無だったから、また島にでも行って心を浄化してきますわ。

まったねー、バイバイ!

Ciao!

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-ブログ, メンタルヘルス, 生活, 雑感

Copyright© 非アクティビズム。 , 2019 All Rights Reserved.