アクティビティ サーフィン スポーツ・レジャー フィッシング 伊豆

【新島観光レポ1日目】2泊3日のキャンプ生活で訪問できるおすすめスポットや費用を紹介【格安旅行】

更新日:




【新島観光レポ1日目】2泊3日のキャンプ生活で訪問できるおすすめスポットや費用を紹介【格安旅行】

本州からわずか数時間、非日常を味わえる最高のロケーションの新島。

2泊3日のスケジュールで、キャンプ・サーフィン・シュノーケリング・釣り・温泉などを目一杯楽しんできました。

そんな新島の見どころや都度かかった費用、おすすめスポットなどを解説しながら観光レポをしていきます。

まずは1日目です!

極力お金はかけないトリップウキ!荷物は多くなるけどその分自由度が高くて最高の旅ウキ!
美しい海にビーチ、島特有の風土や気候、最高ウホ!

 

新島ってどんな島? - 概要 - 

新島ってどんな島? - 概要 - 

まずは今回の旅の目的地、新島の概要を簡単に説明しておきます。

新島(にいじま)は、東京から南に約160km、静岡県下田市から南東に約36kmの位置にある伊豆諸島の島の一つです。

行政上の管轄は東京都で正式には東京都新島村。

新島村は、新島と式根島の2島からなり、サーフィンや釣り、海水浴、温泉などの観光業の他、漁業が主な産業で、人口は約3000人、面積は23.17 km²の比較的起伏の少ない島です。

東京からわずか160kmにも関わらず、夏は比較的涼しく冬は比較的暖かい温暖な気候。

現在は見る影もありませんが、80年代初めには“ナンパの性地(聖地)”とも言われ、バブリーな栄枯盛衰を経て、現在はアクティビティや自然を満喫できる最高のリゾートアイランドです!

黒潮に乗ってたくさんの海洋生物が集まって来るウキ!ビーチが豊富でサーファー天国の島ウキ!
財政状況や暮らしに関する情報をもっと詳しく知りたい人は公式サイトにまとまってるからチェックしてみるといいわよウホホ!

 

Day1 - 新島港から羽伏浦キャンプ場を目指す - 

カーフェリーあぜりあ

事前情報にて、新島は比較的平坦な島と聞いていたため、目的地の「羽伏浦キャンプ場」へは徒歩にて目指します。

距離にして片道約4kmの道のり。友人とその息子(小5)と私の3人の旅ですが、3人とも体力にはソコソコ自信があったので、炎天下の中ひたすら歩く計画です。

しかしながら我々の土地勘はゼロ。

ベテラン親子に「結構距離あるよ?(苦笑)」などと言われつつ、新島港から徒歩5分、まずは旅のインフォメーションこと新島観光協会を目指します。

 

観光協会で情報収集

新島観光協会

所在地:〒100-0400 東京都新島村黒根
URL:http://niijima-info.jp/
営業時間:8:00 ~ 17:00
電話:04992-5-0001

ここで教えてもらったのが下記ルートです。

後々わかりましたが、このルート、大荷物を持っての徒歩向きではありませんでした。

 

新島港から羽伏浦キャンプ場へは歩かない方がおすすめ

上図は下田港での様子ですけど、(アホな)荷物の量もおわかりいただけると思います。

僕はバックパッカー時代を思い出し、必要最低限の荷物(テント、寝袋、釣竿etc 合計30kg位)とサーフボード。友人は用意周到に、クーラーに目一杯の氷を詰めてこれでもかと荷物を持ってきました(合計100kgは余裕で超える)。※当然いい面もあった

インフォメーションのおばさんが“わかりやすい広い道”を紹介してくださり、それが見事にありがた迷惑(ちょっとした殺意さえ芽生えましたwそしてGoogleマップの50分もあてにならないw)でした。

緩やかな坂が炎天下と大量の荷物により、心臓破りの坂へと変貌し、キツすぎたせいで、画像はほとんどありません。

通りがかりの「新島ストア」というスーパーに立ち寄り、何も買わずに涼みがてら水分補給しつつ小休憩。

勝手な思い込みでしたが、島価格はもっと差があるのかと思ってました。

本州よりやや高いものの、毎日船が出ていて都内から数時間、物資の供給が常にあるので納得の価格帯ですね。

ジュースでいえば、内地と比べて20〜30円の差と言ったところでしょうか。

歩けど歩けど一向に目的地には着かず…。とにかく荷物がありすぎました。

そしてしばらく歩くと村立の中学校が見えてきました。

ここに限らず、新島はさすが東京都。

道も建物もしっかりと整備されていて「本当に離島?」と思わざるを得ないような(無駄な)建造物もあります。

帰ってから新島村の行政をチェックしてみたところ、地方ど田舎出身の著者からすると、“潤いすぎている”というのが正直な感想です。

気になる方は、新島村公式HPをチェックしてみてください。

Check!!

役場公式HP東京都新島村ホームページ

 

そしてさらに延々と歩くこと1時間。Googleマップのストリートビューで予習した最後の直線です。

ここまでくれば羽伏浦キャンプ場もすぐそこ、頑張れ、俺たち!

 

石の動物園

新島名物?石の動物園の案内が出てきました。

そして奥に見えているパンダの隣に、「スポーツ広場」、「キャンプ場」、「石の動物園(二回目)」の案内が!

本当に長かったです。私ごとですが、この日背中の筋を痛めてたこともあり、息をするのすら苦痛だったので本当に本当に本当に苦行でした。

キャンプ場に行く前にクラブハウスにて受付を済ませます。

石の動物園の名前の通り、園内には石の動物がいたるところに点在しています。

新島の貴重な資源、コーガ石を彫刻しているそうです。

 

クラブハウスにて受付

奥に見えているのがクラブハウスです。

中に入ると、シルバー人材センターから派遣されたおばちゃんが案内してくれます。

クラブハウス内は冷房完備、建物も綺麗です。

 

羽伏浦キャンプ場に到着

整備された林道を抜け、キャンプ場を目指します。

広大かつ管理が行き届いたキャンプ場で、200張までテント設営が可能とのこと。

各テントサイトにコーガ石のバーベキュー台があったり、トイレ・シャワー・炊事場と至れり尽くせりなキャンプ場です。

炊事場には調味料だけでなく鍋、コンロ、食器も多数あります。なんでも揃いすぎていて、正直ガチキャンパーは幻滅するかもしれません

炊事場を撮影したかったんですが、グループが占領していたため撮影していません。

確認

大きなグループが占領していると炊事場が使いにくい場合もありますが、ところどころに流し台が設置されているので、水が使えないということはありませんのでご安心ください。

ただ、ロケーションは最高です!外国の方も多く異国情緒すら味わえます。

荷物を極力減らしてレンタサイクルするかケチらないでレンタカーやタクシーを使うのがおすすめウキ!
どうしてもいらないものを持っていきがちだけどなんでも手に入るから必要最低限がいいわウホ!

 

テント設営

僕はガチキャンパーではありませんが、アウトドア大好きっ子なので一通りアイテムは持っています。

とりあえず日差しが強い&夜露の心配もあるので日陰にテントを設営。友人ファミリーはこの隣に設営しました。

ちなみに使用しているハンモックはこちらです。

テント設営してひと段落ウキ!
と思いきやこの後もハードスケジュールウホ!

 

都立羽伏浦公園を抜け羽伏浦海岸へ

テント設営後、友人ファミリーは釣り、僕はサーフィンというスケジュールです。

友人ファミリーは今来た道をそのまま戻り、出発地点の新島港へ。僕はキャンプ場から徒歩5分の羽伏浦海岸へ向かいます。

羽伏浦海岸は、キャンプ場から羽伏浦公園を突っ切ればすぐに到着できます。

この羽伏浦公園、平成6年6月1日竣工、供用面積191,389.22平方メートルの広大な公園。

さすが都立ですね、たまにイベントをやってるみたいですが、心の底から税金の無駄遣いではないかと思いました。ここまで整備する必要があったのか甚だ疑問です。

そして、波ありませんでした…。

完全なショアブレイク、サーフィンはできそうになかったので水だけ浴びて早々に退却。

余談ですが、新島の砂浜は黒い砂が混じっていて“白い砂浜”を想像していましたが、伊豆白浜の方が砂は細かく白い印象。

ガラスが混じったようなキラキラした砂と火山灰といった感じで、裸足だと小傷ができそうな鋭利な砂でした。※ショアはむしろ砂利

そんなこんなで、背中の筋も痛かったので、友人ファミリーと合流することにしました。

砂というより砂利だしショアブレイクでもすごいパワーだったウキ!
体感としては湘南の台風スウェルのショアブレイクのパワーぐらいあるイメージウホ!正直海知らない人は気をつけた方がいいレベルヨウホ!

 

新島港 - 釣り -

友人ファミリーと合流し、堤防内で釣りをしている地元の方に、釣法や最近釣れているものなどの情報を一通りもらい、それぞれおもいおもいの釣りです。

僕は普段からあまりエサ釣りをやらないこともあり、もっぱらルアー(主にジギング)。一応今回の旅では、小物用大物用二本竿を用意し、友人ファミリーは持参したエサでのぶっ込み釣りや、ルアー(ミノーイング)です。

時合いも釣果の期待できる夕まづめ、気合いを入れて挑んだものの、釣果は惨敗でした。

友人の子供がアジを6匹、僕と友人がムツ?系の魚を4、5匹釣り納竿。※ガッカリしすぎて画像なしです

ただ堤防から下を覗くと魚影が濃いウキ!マダイやメジナ、サヨリとか、50cmオーバーの魚が普通に泳いでいるのが見えるウキ!
ただ見えてる魚ほど釣れないウホ…アングラーならわかると思うわウホ…。

 

湯の浜露天温泉

新島のもう一つの魅力といえば温泉!

暗すぎて何が何だかわからないと思いますが、明るいとこんな感じです(別日撮影)。

新島港から徒歩数分の無料温泉施設「湯の浜露天温泉」で、一日の疲れを癒しました。

「湯の浜露天温泉」は、ギリシャのパルテノン宮殿風の造りがシンボルの大小6つの温泉からなっています。それぞれ湯船の温度が違うので、熱いお湯が苦手な人もぬるいお湯が苦手な人どちらもゆっくり浸かることができます。

そして本温泉、水着着用・男女混浴で24時間無料で入ることができ、足湯やシャワー、コインロッカーまで完備。※コインロッカーのみ有料

近くに有料の「間々下温泉」もありますが、そちらへ出向く必要もないかもしれないですね。

眼下には、「間々下海水浴場」眺めることができ、サンセットと合わせれば最高のロケーション!

少し舐めてみたところかなり塩辛かったので、泉質は間々下温泉同様、ナトリウム系塩化物強塩温泉だと思います。

温度調節も自由にできちゃうから周りの方への配慮もしたいところウキ!
疲れを癒したい時間帯は皆一緒ウホ、混雑してる時は節度をある行動を心がけたいウホ!

 

テントサイト(羽伏浦キャンプ場)へ戻り夕飯・就寝

辺りはすっかり暗闇。また1時間かけて徒歩でテントサイトへ戻ります(もはや修行)。

温泉に入ったからといって疲れは完全に癒しきれず、ヘロヘロになりながらもなんとか羽伏浦キャンプ場に戻ってきました。

時間はすでに22:00近く。これから火起こしです(これも修行)。

友人の息子も何事ひとつ言わずに歩き続け、夕ご飯を食べずに就寝。大人たちは釣った魚と友人が用意してきてくれた肉やらを食べ、24:00過ぎに就寝しました。※疲れすぎていたため画像はなし

ここまで島でかかったお金、0円ウキ!船の乗船券で支払ったお金(4,000円×往復=8,000円+サーフボード券片道:700円=8,700円)はもちろんあるウキ!あくまでも島でかかったお金ウキ!
これだけ遊び尽くして一切お金かからないとか新島最高ウホ!

 

 

広告

伊豆諸島・離島を思い切り楽しむために

せっかく離島に行くなら、普段できない体験を思い切り楽しみたいですよね。

現地の人に聞いて行き当たりばったりの旅も楽しいですが、前もって準備しておけばさらに充実すること間違いなし!

大人も子供も“行ってよかった”と思える体験を満喫しましょう!

 

アクティビティジャパンでアウトドア体験

stux / Pixabay

「アクティビティジャパン」は、日本全国 の様々なアウトドアスポーツ・文化体験を予約できるサービスです。

離島ではやはりマリンスポーツが人気!ダイビングやスノーケリングなど、本州では見ることができない美しい海や魚たち。

日本国内200以上のジャンルに約13,000プランの最高のワクワクする体験があなたを待っています!

 

Check!こんな人にオススメ!

  • 普段できないレジャー体験を楽しみたい!
  • インストラクター付きで安全と安心を確保しながら楽しみたい!
  • 一人でも大人数でも季節問わず楽しみたい!

 

日本全国13,000以上の遊びが見つかる!

 

 

あとがき

1日目はとにかく疲れました。

勝手もわからなかったので無駄な動きもあったと思いますが、それでも充実した内容となりました。

釣りの情報やサーフィンの情報など、島民の方々は快く教えてくれました。また、キャンパー間でもお互いに情報交換したりするのも旅の醍醐味と改めて思いました。

二日目へ続く。

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

おすすめポケットWi-Fi・モバイルルーター

当サイトで、多く紹介している中華デバイスの弱点といえば、対応電波の弱さ(少なさ)です。

都市部はほぼ問題なく使えるものの、山間部はやや心許ないというのが現状です。

そこで、対応策として、対応電波の多いSIM(ソフトバンク系)を新たに契約するか、「モバイルルーター」を契約するかの二択となります。

当サイトでは、断然モバイルルーターをおすすめします。

理由は単純、すぐに使えて(抜き差しする必要もなく)複数端末でも使用でき、あらゆる作業が快適に行えるからです。

また、中華端末に限らず、外出先で通信デバイスを使用する機会が多い方ならなおさら、フリーWi-Fiはセキュリティが心配ですし、かと言ってデザリングではサクサク作業するとなると厳しいですよね。

当メディア管理人が実際に使って満足だった「おすすめのWi-Fiルーター」を“厳選して”います!

お得なキャンペーンも開催しているので、実質無料で契約できちゃうかも?!

この機会にぜひチェックしてみてください!

BroadWiMAX

最大速度708Mbps最大下り速度440Mbps対応の「Broad WiMAX」。

月額は2,726円とリーズナブル。提供エリア都市部はほとんどカバー、速度も早く回線も安定しています。

今なら初期費用や端末代金が無料のキャンペーンの他、工事の必要がなく即日発送ですぐに使えます。

月あたり約100GBまで使えるため、実質これ一台でほぼ無制限にネット利用が可能です!

これまでモバイルルーターはいくつか試してきましたが、「Broad WiMAXのW05というモデルのギガ放題プラン」が、トータルしておすすめです!

CHECK!!

  • WiMAX業界最安級、月額2,726円
  • 全国主要都市の実人口カバー率99%超
  • 最大708Mbpsの高速通信
  • 工事不要、最短当日利用可能

-アクティビティ, サーフィン, スポーツ・レジャー, フィッシング, 伊豆
-, , ,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2018 All Rights Reserved.