ブログ 雑感

三半規管が強い人弱い人のメカニズムと酔うものアレコレ

投稿日:




f:id:Daisuke-Tsuchiya:20151126163749p:plain

僕は昔車酔いがひどく、遠方に行けば必ずと言っていいほど車酔いしてました。

それがいつの頃からか、自分で車を運転するようになってからは人が運転する車であっても酔わなくなりました。

今もさすがに車で読書はできないですけどね。

がしかし、どちらかと言えば酔いやすい方な気もします。

三半規管強い人が羨ましいなと思うのと同時に、そんな思いを記事にします。

 

身近にある酔うもの 

車をはじめ、身近には酔うものがたくさんあります。

まず初めに「身近にある酔うもの」を少しまとめてみました。

 

乗り物(船、電車、飛行機)

乗り物酔いは鉄板です。

まぁ船は身近ではないかもしれないですね。でも確実に酔います。酔い止め必須です。陸に上がってもしばらく気持ち悪いのが続きます。一回酔うと吐いてもダメ、本気で動けなくなります。

ジェットコースター

これもダメな人多いんじゃないでしょうか。

これに関しては僕は案外平気です。むしろコーヒーカップとか「ただ回る系」の方がダメです。

アホの様に回して2時間ぐらい動けなくなったのも、今は昔。

 

VR(3D対応のもの)

昨今はゲームも3D対応いっぱいあるし、映画やテレビも3D対応のモノもあります。

かつてはFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)に激酔いしました。

他にもテーマパークなんかにあるような室内型のアトラクションで3D眼鏡とかつけてみるヤツなんかも、結構な確率で酔います。

 

ホームビデオ

先日友人宅でテレビを見ていて、ホームビデオ的なのが流れました。

素人の手持ち撮影なので当然ガクガクしています。それを見てるだけで気持ち悪くなります。

YouTube動画なんかでもガクガクしすぎていると酔っちゃいますね。

三脚使え!

 

酔うと言ったらお酒、お酒と言ったら酔うものです。

自分は下戸も下戸なので酔うのも早い。気持ち悪くなって終了です。

知り合いの女の子が、朝起きたら知らない男の人が隣に寝ていたそうです。飲み過ぎには注意しましょう。

 

自分

自分に酔うと周りからは鬱陶しがられます。

あまりいいことありません。

聞いてもいない〇〇アピールは鬱陶しい、ナルシストも鬱陶しい、ムキムキマッチョの筋肉アピールも鬱陶しい。

一人でやれ!

 

 

広告

酔う理由

ちょっと脱線しかけたので戻します。

乗り物酔いに限って言えば、酔うのは三半規管が関係しているのは言うまでもありません。

乗り物酔いとは、乗り物の揺れや、加速・減速の際に体に加わる加速度によって三半規管が刺激され た結果起きる自律神経の失調状態です。

『乗り物酔い』を知ろう!原因と対策&解消法、そしてホントによく効くツボ講座! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

他にも原因とされるものを同サイトにて詳しく書いてくれています。

視覚 強い光 目に入ってくる刺激の強さ(流れる景色のスピードに眼球がついて行けず脳が混乱する)
嗅覚 車内や排気ガスのにおい
触覚 乗り物の揺れによって、内耳にある平衡器官がうまく働かなくなる
精神 車に酔った人を見る、不安感、心配事などの精神不安自分は酔いやすいという思いこみ
身体 睡眠不足、過労などの健康状態

出典-『乗り物酔い』を知ろう!原因と対策&解消法、そしてホントによく効くツボ講座! « 製薬・医療・病院・クリニックの派遣のお仕事 | パソナ

精神的な思い込みもあるそうです。

僕の場合、船なんかはこれが大きいかもしれません。

あれ、どうにかならないんですかね。何をやっても一回酔っちゃうと何もできないんですよね。

 

まとめ

先日、家族で旅行行った時に妻がまさに車酔いしました。

僕の運転が荒っぽかったんでしょうね、反省。

余談ですが、一時停車した某サービスエリアのトイレ行ったらね、ずーっと髪の毛をいじってる男がいたんです。

う〇こしに僕はトイレに入って、その時から彼はいたんです。

比較的長期戦のう〇こ(所要時間15分)だったにもかかわらず、彼はまだ髪の毛をセットしてました。※彼は短髪です。

「キミ、さっきから何も変わってないよ?そしてキミのことなど誰も見てないよ?」 と心の中で彼に告げ、自分に酔うのも考え物だなと思ったとさ。

 

以上。

 

三半規管弱いけど何か??

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-ブログ, 雑感

Copyright© 非アクティビズム。 , 2017 All Rights Reserved.