読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

軽装備で楽々。【管理釣り場用(トラウト)初心者おすすめライン厳選9選】

自然・アウトドア ガジェット関連
広告

※2016/11/15更新

いくつか書き続けた来たこちらのシリーズ。第三段です。

ども、つっちーです。

釣りは興味がなかったらできません。でも興味がなくても案外楽しめるのが管理釣り場です。揃えるものは竿(ロッド)、リール、そして本日ご紹介するライン(糸)です。

【関連記事】

実際ラインが既に巻かれているリール(ラインセットのリール)でも、初心者であればさほど問題ありません。 ですが、ラインは消耗品です。値段もそこまでしないので、予備としても買って置くことをおすすめします。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20160124221622p:plain

また、初心者の頃は特に、ライントラブルがつきものです。ましてや糸付きのリールはナイロンラインが多く、使う前から糸が劣化していたりスプール(糸を巻くところ)の形状記憶をラインがしていルことが多々あります。

劣化していれば当然、ラインブレイクによって、せっかくかかった魚をバラしてしまうことにもなりかねません。少し矛盾しますが、ライン(糸)はしっかり選びましょうね。

 

 

トラウトフィッシングで使うライン(糸)の種類

ラインと一口に言っても多種多様です。リールに合わせたり、ルアーに合わせたり、可視化しやすいものを選んだり、なにを選んだらいいかわからない方もいると思います。ある程度概要さえわかっていれば、詳しく説明する必要もないと思うので、さらりと解説していきます。

ナイロンライン

サンヨーナイロン ライン APPLOUD GT-R トラウト スーパーリミテッド 300m 3lb

まずは一番安価で使い回しがいいナイロンラインから。

ほとんど水と比重が同じなので、わりと自然に水に馴染むことができます。あまり長時間の使用には向いていません。理由は吸水性があるからです。メリットは糸が伸びやすいのでラインブレイク(糸が切れる)しにくい(強い力が加わっても伸びて対応)です。デメリットはヨレやクセが付きやすい点です。

フロロカーボンライン

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R18 フロロリミテッド 100m 2.5lb

次にフロロカーボンラインです。

水より比重があるので沈みます。またクセはつきにくいのも特徴。風が強いときはフロロ使うといいかもしれません。ただ伸縮性が低いので、強い力が加わるとラインブレイクしやすいです。 

PEライン

モーリス(MORRIS) ライン VARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッド プレミアムPE ネオイエロー 0.2号

最後にPEラインです。

最強ラインです。あくまでも強度や耐久性の話。視認性が高いので人が見ても見やすいし、魚から見ても当然見やすいです。つまり魚(トラウト)が警戒します。また、比重は軽めで風が強いときは不向きです。値段も少しするので初心者は手を出さなくてもいいと思います。

 

ラインの太さは3~4lb(ポンド)

正直ラインの太さは細かろうが太かろうが釣れます。ですが、トラウト(管理釣り場)ではせいぜい使っても2~6lb(ポンド)ぐらいまでと思っておいてください。単純に細ければ切れやすいし、太ければ丈夫です。じゃあ太い方がいいかというとそうではなくて、アタリがとりにくかったり、軽いルアー(スプーン)が使いづらかったりします(飛距離が出ない等)。

そこで僕は3~4lbを推奨します。割と3lbをおすすめするところが多いですが、僕は最初の頃4lbのラインを使ってました。正直そこまでシビアに考える必要はありません。

そしてカラーについては、ほとんどのところでクリア系がいいと言及されてますが、初心者の頃は特に気にする必要はないと思ってます。かえってアタリがしっかり見える、視認性の高いラインの方がいいとさえ思います。ただ、「迷ったらクリア系」と考えておいてください。

ライン選びのポイント

簡単にここまでの解説をしておきます。

【ライン選びポイント】
  • オールラウンドで攻めるならナイロンライン!
  • 管理釣り場でのラインの太さは3〜4lb!
  • 慣れて来たらフロロやPEでストリームも攻めてみよう!

 

おすすめライン

では管理釣り場用おすすめラインのご紹介です。

サンヨーナイロン ライン APPLOUD GT-R トラウト スーパーリミテッド 300m 3lb

仕様

全長:300m
TEST(lb):3
号柄:0.65号
素材:ナイロン
カラー:カムフラージュカラーリーフシルバー
75mマーク付
1ランク細く(通常のナイロン約7%)、強力は同レベルを実現したSLS製法
耐摩耗性もSAF構造により、通常ナイロンの20倍以上を発揮
ハイレベルなスペックを身にまとい、超玄人好みのGT-R独特の質感を実現

Amazonより引用

トラウトの名前がついている通りトラウト用に設計されたライン。少しラインは見にくいかもしれないですが、他と比べて若干細いので飛距離がでます。軽いスプーンを使いたい人にはおすすめ。

【オススメポイント】
  • トラウトフィッシングのための専用ライン
  • 軽量スプーンでも安心の飛距離
  • スレマスにもばれにくいラインカラー

おすすめ度:★★★★☆ 4.8

 

ユニチカ シルバースレッド トラウト クリアー 150m

仕様

シルバースレッド トラウト クリアー 150m■素材:ナイロン■長さ:150m≪ユニチカ トラウトライン≫●トラウトに警戒心を与えにくいクリアーカラーを採用。●優れた操作性で思い通りのアクションを発揮。●150m巻で2回に分けて使える75mにマーキング付き。

Amazonより引用

可もなく不可もなく、標準的なライン。値段ももちろん安めで使い捨て感覚で使えるので数個持ってるともしもの時に安心です。カラーもクリアなのでオールラウンドで使えます。

【オススメポイント】
  • 標準的なラインで使い勝手がいい
  • オールラウンド対応
  • コスパ高し

おすすめ度:★★★★★ 4.6

 

モーリス(MORRIS) ライン バリバス トラウトアドバンス VEP 91m 

商品の説明

素材は従来のナイロンに比べ約20倍の耐摩耗性を誇るVEP製法ナイロン。
しなやかさはそのままで根ズレやコスレに対する驚異的な強さを得ています。
さらに通常の標準直径より平均7%ダウンの細さ、結束強度10%アップ。ラインでアタリをキャッチする、高視認性も特徴です。

Amazonより引用 

個人的に二番目ぐらいに使ってるかもしれません。見やすい(視認性も高い)し値段もそこまでしないいので、初心者でも扱いやすいと思います。良いサイズの魚ががかかっても比較的対応できます。

【オススメポイント】
  • 視認性高いのでアタリがとりやすい
  • 独自製法により強度アップ
  • 初心者も安心の使いやすさ

おすすめ度:★★★★★ 4.7

 

サンライン トラウティスト ワイルド 150m

仕様

トラウティスト ワイルド 150m■長さ:150m■素材:ナイロン≪サンライン トラウトライン≫●ロングキャストからショートレンジアプローチにも対応●150m巻で75mマーキング入りですので、目的に応じてムダなく巻き替えができます。

Amazonより引用

コチラはその名の通りどちらかというと渓流用。先ほども言った通り、僕は色より投げ込むポイントの方が重要だと思っています(もちろんスレもあるけど)。特に渓流は見やすい方が(個人的には)やりやすいので自然渓流型の管理釣り場で重宝します。

【オススメポイント】
  • 渓流におすすめ
  • 流れに負けない視認性
  • 150m毎でマーキング有り

おすすめ度:★★★★☆ 4.5

 

Daiwa(ダイワ) プレッソライン TYPE-N 

商品説明

サイズ:#1●号数:4lb●糸巻量:100m●PRESSOナイロンが100mパックでお求めやすく!カバー周り対応の高強力・高耐摩耗性ナイロンライン!

Amazonより引用

プレッソという初心者にはちょっとキツイアホらしい値段の高いダイワの製品があります(ロッド、リール、小物まで)。 プレッソを持っていたら併せて使いたい一品な気がします。もちろん他社リールに巻き付けても問題ありません。

【オススメポイント】
  • 視認性Good
  • 耐久性Good
  • 摩耗性Good

おすすめ度:★★★★★ 4.6

 

モーリス(MORRIS) ライン バリバス トラウトエリア マスターリミテッド SVGナイロン 3lb

仕様

エリアトラウト専用ライン
ラインカラー:ナチュラル
150m巻
2回に分けて使える中間マーキング付き
平行巻

Amazonより引用

外観がオシャレですよね。 しかもエリアトラウト専用と謳っています。エリアで使うべき製品です。こちらも細く設計されているので魚がスレている場合や、飛距離を出したいときなどに重宝します。

【オススメポイント】
  • エリア用設計
  • 細く飛距離UP
  • クラス最強強度

おすすめ度:★★★★☆ 4.5

 

サンヨーナイロン ライン APPLOUD GT-R トラウトエディション 300m ウォーターグリーン 3lb

仕様

全長:300m
TEST(lb):3
号柄:0.8号
素材:ナイロン
GT-Rトラウト専用タイプ
耐摩耗性は通常ナイロンの20倍の摩耗強度を発揮
超軽量ルアーも飛距離アップのスベリ効果

Amazonより引用

ダントツで一番使ってます。300mというのが何よりもうれしい。 ラインは所詮消耗品です。ガンガン使えるのであると便利です。ラインでのアタリもとりやすくクリアがあまり好きではない人はこれがイチバン。

【オススメポイント】
  • トラブルレス
  • 視認性Good
  • 定番品ながら安定感のある品質

おすすめ度:★★★★★ 4.7

 

サンヨーナイロン ライン GT-R Pink Selection 300m 3lb

仕様

ナイロン製

GT-Rシリーズの超視認性ピンクタイプ。トラウトにも最適なスーパーファインサイズ対応。ハリス同様の強力と、柔軟性・高感度を両立させた超パワーライン。耐摩耗性は通常ナイロンの20倍の摩擦強度を発揮。

Amazonより引用

とにかく見やすくしい!という人におすすめです。ピンクが好きだという人もおすすめです。ただ、魚がスレているときは少し食いが悪くなるかもしれないので覚悟はしておいてください。

【オススメポイント】
  • 通常ナイロンラインの20倍の強度
  • 優れた視認性
  • 安心の強度で大物にも対応

おすすめ度:★★★★★ 4.8

 

サンヨーナイロン ライン APPLOUD GT-R トラウト GOLD 300m 3lb

仕様

全長:300m
TEST(lb):3
号柄:0.65号
素材:ナイロン
カラー:シャンパンゴールド(ドンピン)
吸水を抑えるナイロンを使用。気温0度以下の環境でも水分による硬化を防止
ラインサイズが通常より細く、やわらかいので繊細なスプーンをより遠くへ飛ばすことが可能に
ソフトな仕上がりで結節部分の締め込みが良く、結節強度もUP

Amazonより引用

特に寒い時期に効力発揮します。今回紹介した中では値段が一番高いです。 ただそれだけ魅力たっぷりのライン。ラインを変えただけでトラブルが減ったという話も耳にします。色はゴールド。

【オススメポイント】
  • 極寒でも安心
  • 飛距離UP
  • 廉価リールでも安心

おすすめ度:★★★★★ 4.7

 

まとめ

段々板についてきた管理釣り場シリーズ。冒頭にも言った通り、ナイロンラインを選ぶことと、ラインの太さは3~4lb、カラーは好きな色でいいと思います。

春夏秋冬出来る管理釣り場へ是非行ってみましょう。

初心者のうちはラインはそこまで気にしなくていいと思いますが、使ってみるとその違いに驚くはずです。

 

【トラウト人気関連記事】

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.