読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

「カフェ・ラテ」と「カフェ・オ・レ」の違いはたったこれだけ?!今更聞けないコーヒー雑学

コーヒー・飲み物 日常のこと ゆるネタ
広告

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20160725115423p:plain

「カフェ・ラテ」と「カフェ・オ・レ」の違い、ご存知ですか。

こんにちは、つっちーです。

おそらく比較的多くの人が答えられるはずです。

答えは、使用している「コーヒー(カフェ)」の違いです。

これだけのコーヒーブーム。今更過ぎて人に聞けないという方も少なからずいらっしゃると思いますので、改めて違いを確認するとともに、別の視点でもほんの少し述べていこうと思います。

 

 

「カフェ・ラテ」と「カフェ・オ・レ」の違い

カフェラテ(イタリア語:Caffe Latte)は「コーヒー・牛乳(ミルク)*1と言う意味。そして、カフェ・オ・レ(フランス語:cafe au lait)は「コーヒー・牛乳(ミルク)*2という意味です。

意味としては同じですが、先述の通り、使っている「コーヒー」に違いがあります

 

違いは使っているコーヒー

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20160725113001p:plain

カフェラテ(カフェラッテ)は、エスプレッソマシン*3で抽出した、エスプレッソ (espresso) とよばれる濃いコーヒーと牛乳を合わせたもの

※エスプレッソ (espresso) はイタリアやフランスで最もポピュラーなコーヒー。

それに対し、カフェオレ(カフェオーレ)は日本でもなじみのあるドリップコーヒーと牛乳を合わせたものを言います。

※通常カフェオレはドリップコーヒーとミルクの量が50:50。

 

 

コーヒーにミルクが入っているという点は同じ

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20160725135048p:plain

昨今はスターバックスなどのチェーン店はじめ、コンビニ、ファストフード店でさえも、クオリティの高いコーヒーを誰もが気軽に楽しむことができます。

ラテ、カプチーノ、マキアートなど様々名称がありますが、どれも基本は「コーヒー+牛乳(ミルク)」です。ここでは深く触れませんが、泡立てミルクを使用したり、ミルクの分量が少なかったりするのが主な違いです。

正確には店舗によっても多少違いますし、イタリアンスタイル、アメリカンスタイルでも若干の違いはあります。ですがどちらにせよ、「コーヒー+牛乳(ミルク)」の構図に変わりはありません。

 

コクが欲しいならカフェラテ、マイルドが好みならカフェオレ

ですが、もちろん味は違います。

使っている豆の原産地等もありますが、

  • コクや苦味、ミルクをダイレクトに感じたいのなら、カフェラテ
  • マイルドな飲み口がいいなら、カフェオレ

という考えでいいと思います。

コーヒーが苦手な人(子供など)はカフェオレの方が飲みやすいかもしれないですね。

 

 

スタバでカフェオレが飲める!

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、実はスターバックスではカフェオレを楽しむことが出来るんです!

その方法は2つ。

  • ドリップコーヒー(本日のコーヒーなど)をオーダーし、無料提供されている牛乳(ミルク)で割る
  • 「カフェミスト」を注文する

スターバックスは基本エスプレッソ抽出のコーヒーを提供していますが、ドリップコーヒーも扱っているんです。

もしあなたの良心がとがめないのであれば、ドリップコーヒーをオーダー後、半分ぐらい飲みます。そして、使い放題のミルクで割ればカフェオレの出来上がり!

また、もう一つの方法は、ホットのみですが、「カフェミスト」という商品がスタバにはあるんです。

正規にオーダーするなら、「カフェミスト」を飲みましょうね。僕はカフェラテの値段をケチりたいときや寒い季節などに飲むことがあります。

 

 

それはそうと、アイスコーヒー飲んでるのって日本だけだよね!※アイスコーヒーは日本発祥。

 

 

スタバのおかげで認知されてるけど、海外だとレストランとかにはメニューにすらないよね!

 

  

 

 

カフェラテ、カフェオレについて少し思うこと

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20160725115631p:plain

上記のことはコーヒー好きからしたら、もはや一般常識です。何を今更と思った方も多いでしょう。ですが、個人的にカフェラテ、カフェオレについてずっと思っていたことがあるんです。

というわけで、一つだけ言いたかったことがあるので、この場を借りて述べようと思います。

 

横文字にするとカッコよく感じる

多くのカフェ(喫茶店含む)が、「コーヒー牛乳」と表記していないんです。それはなぜか。

ダサいから」に尽きると思います。

抽出方法はお店によって違うと思いますが、どれもこれも「コーヒー牛乳(または牛乳入りコーヒー)」に変わりないはずです。

コーヒー牛乳よりカフェラテやカフェオレの方がカッコいいのは分かります。名称や呼び名によって与える印象が違うのもわかります。(例:ブロガー、ハイパーメディアクリエーター←もっとダサい可能性大)

ですが、僕らは日本人です。

 

メニューを統一しましょう

そこで僕は提案したいのです。もしかしたら既にやられているお店もあるかもしれませんが、メニュー表記を以下のものにしてみませんか。

  • カフェラテ:珈琲牛乳‐伊式
  • カフェオレ:珈琲牛乳‐仏式

 

 

外来語(横文字)ばかり使わないで日本語使おうぜ!

 

 

別にええやん。

 

  

 

 

あとがき

これだけ日本人の暮らしにもなじみ深くなったコーヒー。後半は正直どうでもいい話なんですが、先日こんなことがあったんです。

ある自営のカフェに入り、メニュー記載の通り、「アイスラテ下さい」とオーダーしました。そして作っているのを見ていると、エスプレッソマシンもないですし、どう見てもカフェオレ。

「(アイスカフェオレやん…)」と思ったので、「カフェオレだよね?」と聞くと、バイトらしきカワイイJDぐらいの女性に、「いいえ!カフェラテです!」とちょっとキレ気味で言われて気持ちよくなりました。

その時はどちでもよかったので、スルーしましたが、こうして記事にした次第です。

そして、これからカフェ等開業予定の方、先ほどの案、ご自由に使ってくださって構いませんよ?

 

<人気コーヒー関連記事>

*1:あるいはミルク入りコーヒー

*2:「レ」がミルクの意

*3:高い圧力をかけて短時間で抽出する専用の機械

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.