読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

営業畑10年以上の僕が訪問販売の闇を少し語る

こんにちは。

これまで数々転職をして来たものの、会社員時代は営業畑で生きてきました。年数でいうと10数年。

と言ってもフリーになって独り立ちしたので、今も営業マンと言えば営業マンなんですけどね。生涯営業マンです!

著者はこれまで、B2C、B2Bどちらも経験してきました。

お客様も十人十色で面白いんですが、働いている側の人間も十人十色。ですが総じて濃いメンツが揃います。

というわけで、本日は営業経験者(継続中)の著者が、訪販の闇にほんの少し触れてみようかとおもいます。

【訪問販売を撃退したい人にオススメの記事】

 

営業と一口に言っても色々

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20160718155005p:plain

営業と言っても色々あって、中でもやっぱり過酷だと思うのは訪問販売。当然離職率も高いし、社員も比較的若い。若い理由は体力的にもキツイっていうのもあるし、無知な若者を表向きは積極採用と謳って、来るもの拒まずでバンバン採用。そして使い物にならなければ実質クビ(クビとは言わず部署移動。現地採用したくせに県外へ飛ばすなど)。

未だに保険屋とかハウスメーカー(ソーラー含む)、白アリ、不動産、教材、ふとんなど数多く訪販の会社はあります。

求人情報誌でいつでも載ってるところがソレ。

 

根性ある人はいいんじゃない?

因みに僕は教材だったけど、提案営業と言っておきながら、この手の営業はトークがあらかじめ決まってます。反論に関しても、こう来たらこう返すっていうのまで決まってます。まぁ今思えば営業と言っていいのかもよくわからないけどそんな職種。根性論、精神論が普通に横行する職種ですね。机上の空論だーい好き。

因みに契約さえ取れればそのまま給料に反映されるのが魅力です。それが出来なくてつぶれてく人ばっかりだったけど。

根性があってとにかく金が欲しいという人にはうってつけ。因みに僕は比較的取れてたんで楽しくやれてました。

 

一番のキチガイは勤続年数長い上司

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20151113144537p:plain

キチガイ客もかなりいます*1。でも僕は一番のキチガイは平均年齢35歳の会社にずっと居座ってるオッサン上司だと思ってます。※35歳に引き上げているのはオッサンだったりする。肌感では25歳ぐらい。

これ、ディスってるわけではなくて、いい意味でのキチガイっぷりです。なんていうかもう普通じゃない。完全に洗脳(ではなくマインドコントロールに近い)みたいなもので、ぶっ飛んでるんですよね。

こういうことはザラです

他の会社がどうかわからないけど、エピソードを一つ。

訪販って一日100軒回るなんてザラです。そして当たり前の話だけどピンポン押しても秒殺で門前払いがほとんど。それを炎天下でも極寒でも一日中歩いて回るわけです。(あぁ、なんという効率の悪さ・・・。)

100軒回る→門前払い(9割)→凹む→凹んでいるからトークにキレが無くなる→契約取れない→上司に怒られる→休日出勤→精神的、体力的にさらに凹む→上司に怒られる→追いつめられる→更に契約取れなくなる→精神崩壊

大体こんな感じの流れで潰れていきます。これを当たり前のように50、60のオッサンがやるんです。

なぜかと言えば、役職あろうがなかろうがノルマはあるからです。営業所全体で契約が上がらなければ自分の立場が危ういからです。

 

自分のキャリアを生かすために

営業はやっておいて間違いなくプラスになります!これは断言できます。

これまで数々成功者(社長)と呼ばれる方々(一代で年商20億以上の会社経営)にも会ってきましたが、いってしまえば学歴のない中卒の人ばかりでした。

中には大卒もいますし高学歴の方もいましたが、共通して言えることは、全員が“営業経験者”ということ。

今後の仕事で必ず生かすことができる、顧客心理を掴むスキルを身につけるためには、営業という職種はうってつけなんです。

ただ、営業にはタフなメンタルがつきものです。

人生一度きりとはよく言ったもので、行動していれば必ずどこかで転機が訪れます。

自身も数々転職活動をしてきていますが、実体験から言えることは、結局のところ“入ってみなければわからない”というのが仕事というもの。

日本では石の上にも三年とか、石橋を叩いて渡るとか、“忍耐こそ正義”という謎の風習があります。もちろん我慢は必要ですし、所帯を持っているとなるとなかなか踏ん切りをつけるのは難しいかもしれません。

ですが昨今はストレスフルな社会。ぼくの周りでも精神崩壊して、実質社会生活を送れなくなってしまった人を数多く見ています。

合わなければ辞めるのは逃げではありません。将来のための行動です。

もし無理して今の仕事(営業)をしているのであれば、見切りをつけて転職活動するのも一つの手ですよ。

MIIDAS(ミーダス)

MIIDAS(ミーダス)で転職活動

ミーダスは超有名ですが、登録はもちろん無料で煩わしいメールなどは一切なし

基本待ちでOKです。その上面接確約オファーなど、興味を持った企業がオファーをくれます。 

ぼくも利用してましたが、登録だけしておいて「これだ!」という時に動けるように保険かけておくのもいいと思います。

MIIDASはアプリもあるので、自分のキャリアを見直してみてはいかがでしょうか。

レビュー記事:MIIDAS(ミーダス)のレビュー・評価・感想 | 転職なら自分の市場価値を見出せるミーダス!

MIIDAS - 本当のキャリアパスを見いだす転職アプリ
MIIDAS - 本当のキャリアパスを見いだす転職アプリ
無料
posted with アプリーチ

公式サイトはコチラ

 

スポナビキャリア

スポナビキャリアで転職活動

タフなメンタルと強靭な肉体さえあればこなせる営業職

体育大出身の方は特にキャリアについて少し悩むと思います。インセンティブ系の職種はぶっちゃけ学は必要としません。精神論がまかり通る業界なのでハキハキ、元気さえあれば即採用!

あとは自分自身で頑張るのみです!

公式サイトはコチラ

 

最後に

なんだかんだ言っても面白いと言えば面白いです。メンタル弱いと絶対に続かない職業ですね。とは言ってもお金の面ではやはり魅力のある業種です。チャレンジ精神旺盛な人は是非トライしてみて下さい! 

【管理人が読んで欲しい厳選オススメ記事】

 

<あわせて読みたい【営業ネタ関連記事】>

*1:記事最後にまとめてあります

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.