ガジェット 便利グッズ・other

2018年版オススメ中華スマートウォッチランキングまとめ【厳選版】

投稿日:




【厳選版】2018年版オススメ中華スマートウォッチランキングまとめ

スマホやタブレットだけじゃない!中華ガジェットはコスパ最強です!

その一つがスマートウォッチです。

本ページでは、数々の中華ガジェットをレビューしてきた管理人が、中華ECサイトと連携を組み、今年度実際に売上数の多い端末を紹介しています。

それでは「2018年版オススメ中華スマートウォッチまとめ」をご紹介していきます!

スマートウォッチをつけちゃうともう普通の時計には戻れないウホ!
一気に生活の質が向上するウキ!安いのでもいいからつけてみるウキ!

 

2018年版おすすめ中華タブレットランキングまとめ

Amazonはじめ、国内大手のショッピングモールでも、ベストセラー製品のほとんどが、実は中華製です。一昔前と比べれば、近年の中国製品のクオリティは目を見張るものがあります。

これまで様々な中華デバイスに触れてきましたが、とりわけ、名の知れたメーカーの製品であれば、国内流通製品同様、何の心配もなく使えると思って間違いありません。

スマートウォッチ市場は特にその傾向が強く、コスパはもちろんですが、人気メーカーの製品がランキング上位を占めています。

実際、模倣品やクオリティの低い製品なども、市場に出回っているのも確かです。安くても偽物や粗悪品を掴んでしまっては元も子もありません。ぜひここで、実際に売れている生のランキングをチェックしてみてください!

それでは、次章よりランキングをまとめていきます!

 

第1位:Original Xiaomi Mi Band 2

Xiaomi Mi Band 2」は、2,500円前後と手の出しやすい価格で、安いけど使えるというのがぴったりのデバイスだと思います。売れているのも頷けるコスパの良さと完成度の高さです。

また、Xiaomi Mi Band 2は、OLEDディスプレイ、タッチ操作、歩数計、心拍計、IP67相当の防水性能、最大20日間のバッテリーなどが主な特徴となっており、スポーツを楽しむアクティブユーザーに重宝します。

難しい操作も無く、設定も楽々。スマホと連動することで健康管理ができるとともに着信やその他お知らせもしてくれます。初めてのウェアラブルデバイスとしてもおすすめです!

  • 有機EL(OLED)ディスプレイ
  • 20日間長寿命
  • アクセサリー類が豊富
  • 必要最低限の機能
  • デバイス単体でできることが少ない

Mi Band 2 の実機レビュー

 

第2位:MPOW D6

前述のXiaomi Mi Band 2は、言わずと知れたシャオミ製のウェアラブルですが、メーカーにこだわらなければ間違いなくMPOW D6」の方がコスパが高いです。

歩数計、心拍、消費カロリー、睡眠時間など、フィットネストラッカーとしての機能は同程度備わっています。IP67の防水規格にも対応し、1,000円強で手に入るスマート(スポーツ)ウォッチの中では一番完成度が高いのでは無いかと思います。

取り扱いが海外ECサイトのみなのがネックですが、着信などもしっかり教えてくれますし、スマートウォッチがどんなものか知りたいという方にオススメです。

※OEM製品のため、別のブランド名で売られてますが割高です

  • 超低価格フィットネストラッカー
  • 有名メーカーと遜色ないクオリティ
  • MicroUSBでダイレクト充電可
  • サポートがやや心配
  • 壊れやすいという触れ込みも?

 

第3位:Original Xiaomi Huami AMAZFIT BIP

2014年設立のHuami社は、Apple並びにウェアラブルデバイスで相当数のシェア率を誇るFitbitと並び、14.7%の世界市場シェアを誇るメーカーです。Huamiは、様々なメーカーから資金を調達し、Xiaomiと共同開発もしています。現在Pace(※後述)、Arc、Cor、Bip(※ここで紹介しているモデル)、Moonbeam、EquatorなどがAmazfitブランドのラインナップとなっています。

“青春版”と書かれている通り、若者をターゲットにしたスマートウォッチです。

特徴は、45日間の超ロングライフバッテリー、GPS + GLONASSシステムによる正確な(に近い)データ収集、オフライン決済、防水・防塵機能(IP68相当)、心拍やその他計測などの機能が搭載されています。

重量はたったの32gと超軽量、通知機能も当たり前に搭載されています。ここで紹介しているのは"CHINESE VERSION"です。英語バージョン(INTERNATIONAL VERSION)は少し割高ですが、英語モデルの方が使いやすいかもしれません。

  • 24時間表示(※表示が消えない)
  • IP68防水規格対応
  • 超軽量&豊富なカラバリとカスタマイズ
  • 高級感はなし
  • 充電に専用台座必須

 

第4位:Original Xiaomi Huami AMAZFIT PACE

同じくHuami社の「AMAZEFIT PACE」。フェミニンデザインのモデルも他にはあるんですが、ユニセックスに使える丸型のカワイイデザインとなっています。

基本性能は「AMAZFIT BIP」と同じく、着信・メール・アプリなどの通知機能、トラッキング機能、IP67相当の耐防水性などです。そしてもう一つの大きな特徴は、内蔵ストレージに音楽を転送すれば、スマホなしでも音楽プレーヤーになります。

また、スポーツマン御用達のStrava(というアプリ)と連動すれば、運動の効率化もさらに望めます。サイクリングやランニングはアウトドア派という方にはうってつけです!

Huami Amazfit PACE の実機レビュー

  • 男女どちらも使えるユニセックスデザイン
  • 音楽プレーヤーとして使える
  • 豊富なカスタマイズとモード
  • フォーマルには不向き
  • 充電に専用台座必須

 

第5位:Y2 Plus

見た目は完全に「Xiaomi Mi Band 2」そのもの。中国らしいイミテーション品です。性能やスペックもほぼ同じで、フィットネストラッカーとして十分使えます。

調べたところ、YUNTABというメーカーのようです。時計、歩数計、心拍、カロリー、睡眠時間、通知などなど、先に紹介した廉価モデル同様、スマートウォッチデビューにオススメです。

価格は約1,500円と安価なので、MPOWとデザイン違いでチョイスしてもいいかもしれないですね。

  • 安価なハイコスパモデル
  • Mi Band のほぼパ◯リ
  • 重量わずか25g
  • サポートの不安
  • アプリ連動の不安

中華サイトからスマートウォッチを買う人はまずは廉価モデルを選ぶ傾向にあるみたいウホ!
安い分台数が出まくってるだけとも言えるウキ!

 

広告

あとがき

スマートウォッチも機能はピンキリで、SIMが入るモデルなら、デバイス本体で更に幅広いことができるようになります。代表的なのがApple Watchですが、とにかく価格が高いです。

Androidベースの端末なら1万円前後でもかなり優秀なモデルもあるので是非ご自分で探してみてください。

スマートウォッチをつけると、生活の質がグッとあがりますよ!

 

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-ガジェット, 便利グッズ・other
-,

Copyright© 非アクティビズム。 , 2018 All Rights Reserved.