読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

自分のことをクズな社会不適合者だと思ってる人に伝えたいこと

クズ 社会不適合者 ひねくれ者
広告

みなさまこんにちは。クズのつっちーです。

大分オブラートには包んでみたものの、僕のプロフィール(【ブログ自己紹介】「非アクティビズム。」はこんなブログです - 非アクティビズム。)を見ていただいた方はわかると思うんだけど、僕はとっても飽きっぽいです。そもそも日本って、石の上にも三年みたいな忍耐こそ最強という、美徳の精神が存在しています。

いや、継続は力なりなので大切です、もちろん。でも僕はこの精神そんなに好きじゃありません。なぜなら僕自身が社会不適合者だと思っているから。だから、僕はこれに適応できないクズなんだと思ってました、ずーっと。

とはいっても、クズはクズなりに社会に適応し、就職もして、成果も出してきました(従業員200名前後の会社で二年で役員)。でも仕事をしているうちに違和感を感じて転職。「相変わらずクズってるな~、俺」と思いながらも、熱しては冷めを繰り返すこと10余年。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20151214124331p:plain

そんなだけど今は個人事業主として一応生きてます。そんなクズ垂れ流しエントリです。

 

 

まずは自分のクズ度を確認してみましょう

もしあなたが社会不適合者かもと思ったらチェックしてみてください。

【認定証付き!】コレ、ガチのやつです「クズ人間認定試験」 | MIRRORZ(ミラーズ) 無料の心理テスト・診断・占い(認定書も貰えるよ。)

意外や意外、僕はクズ人間度55点でした。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20151214114348p:plain

う~ん、中途半端。実は社会不適合者じゃないのかも。でも、僕は自分をある意味では社会不適合者と思ってます。

 

 

思い返せば、もう小学生から

※前書いたのと多少重複します。家庭内の環境ではなく自身のことです。

 

人と同じじゃ嫌だ。

目新しいものがあるとすぐ飛びつく。こんな感じですくすくと成長し、中学、高校へと進みました。高校時代格闘技に興味があった僕は、部活とは別にボクシング始めてみたり、合気道行ってってみたりしました。

因みにボクシングは二年半しっかりジムに通いました。でも合気道は2日で終了。ゆとり脳の僕には、精神と時の部屋にでも入って根性を叩き直さないと“道”に進むことはヘビーと判断。

そんな中、勉強したくなーいという、アホな理由で体育学部進学を決意し、バッキバキに鍛えぬきました。修行僧のように。

 

 

ターニングポイントの訪れ

そして、僕のターニングポイントが訪れます。

入院しました。よくわからない病気で。病名は割愛するけど2か月の入院。予想外に大事になり、一か月間絶食。退院後も4年間通院することになります。つけた筋肉、体重もみるみる落ちました。医者から「ハゲしい運動はダメよ」と言われ、体育学部進学の道が閉ざされました。

自暴自棄になった僕は、「勉強など一切しない」と心に決め、受験しました。

今でも覚えています。某大学の受験で面接の際、「この期間何やってたんですか?」って聞かれて「入院してました」と回答すると、「本当に?(ウソつかなくていいよ、バカなの?)」的な感じで疑われたこと。

僕は賢くはなかったので、受験のテーマを“偏差値の低い大学”とし、受けていきました。案の定、落ちまくり、一つだけ受かりました。当時はやっつけ感もあったりして、テストもほぼ白紙で出しました。だけど受かりました。

 

大学から就活、留学、就職

大学生活を満喫するかと思いきや、バイトに明け暮れる日々。おかげで、1年生の単位が未修得で4年生まで授業がガッツリありました。そうこうしてるうちに周りは就職活動。流れに乗っていくつか受けるも不採用。

「将来どうするかなー、このままみんなと同じように就職していいのかしら」と思い、「バイトで貯めたお金あるじゃない」と思い立ち、海外留学を決意。留学先も「どうせ留学するなら比較的日本人少ない所にしよう」ってことでイギリスはスコットランドに決定。

名目上は留学、だけど遊びほうけました(女遊び含めて)。現地でバイトをしてその資金を元手にバックパッカーをしました。バックパッカー中に腰に激痛が走り、これ以上度旅は不可能と判断し、帰国。

ヘルニアでした。

「ヘルニアだろうが食っていかなきゃあかん」と一皮むけた僕は就職しました。そして、冒頭に戻ります。

 

 

社会不適合者ですけど、何か?

熱しやすく冷めやすい。1つの事柄にトコトンのめり込むけどすぐ飽きます。認めざるを得ないですね。たぶん恐らく僕は社会不適合者です(う〇こ漏らすし)。リーマン諸君からすると端から目ればなんかあやしいことやってる人ってイメージになるかもしれません。

でもいいんです、好きでやってますから。人が何を言おうが“今”はやってて楽しいから(強がり、開き直りとも言う)。“稼ぐ”ってことだけを考えれば、会社員以外でも色んな方法がありますね。在宅で言えばネットビジネス然り、投資然り。でも僕はガッツリ、アフィリエイトや投資はやりません。というかできません。

なぜなら面倒だし、つまらないから。

よって100%続かないから。

断っておくけどできる人はやればいいしと思うし、やらないでうだうだいうよりはやった方がいいと思う。というか僕は会社員時代にコソコソやってみた結果、どちらにしても努力しない限りこれはムリと判断しました。(今後興味を持つかもしれないけどね。)というか興味ないことに努力しても時間の無駄と判断しました。

※追記
アフィもやりだすと(結果が出だすと)面白いので今は普通にやってます。

 

 

まとめ

とにもかくにも、常識ってあくまでも多数決での多数派の意見であって、人それぞれ考えがあっていいんじゃないかと思います。

だから何をもって常識とするかはその人次第だけど、自分の居場所とか置かれてる環境、人付き合いも含めて、無理してるなとか、合わせすぎてるなとか感じたら、勇気を出して殻を破ってみるのもいいと思います(逃げるという選択)。

それが転職なのか、起業なのか、移住なのかわかりません。こういうクズ同士が集まれば、なんか面白いことできる気がするんですよね。知らんけども。

 

以上。

クズですけど何か??※またちょっとオブラートに包んじまったよぅ。。。

 

有名だけどFREEDOOOOMな気分になれる高橋歩さんの本。 

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.