GearBest ガジェット スマホ 商品レビュー

MAZE Alpha 実機レビュー・評価・感想|2万円以下コスパ抜群の6インチベゼルレススマホ

更新日:




MAZE Alpha 実機レビュー・評価・感想|2万円以下コスパ抜群の6インチベゼルレススマホ

※GearBest様よりサンプル提供

密かに狙っていたスマホが届きました。

MAZE Alpha」です。

中華スマホらしいミッドハイのスペックとコスパの良さが売りの本製品。ディスプレイは6インチ3片狭小のベゼルレスデザインで、個人的に物欲をそそられました。

今回はそんな「MAZE Alpha」の実機レビュー・感想・評価をしていきます!

MAZEは2012年創業、OEMとODMサービスからのし上がってきた会社ウホ!

MAZEブランドは2017年に発足したばかり!今後が楽しみウキ!
スペックを確認したい人は上のURLへGoウキ!

 

MAZE Alpha 実機使用レビュー・ 評価・感想

スペック紹介記事にも記載してますが、本端末の特徴をおさらいしておきます。

6.0インチベゼルレススクリーン、SoCはHelio P25 Octa Core 2.5GHz、メモリは4GB RAM+64GB ROM、デュアルカメラ搭載、4000mAh大容量バッテリー、タイプCポートなどが主な特徴です。

指紋認証はもちろん、0SはAndroid7.0、マイナス部分がほぼ見当たらない、3辺狭小ベゼルレスデザインがオシャレなミドルクラススマホです。

RAMは6GB/4GBとありますが、今回入手した端末は4GBのバージョンです!

  • 2万円を切るコスパの良さ
  • ベゼルレス6インチ液晶
  • デュアルカメラ搭載
  • カラーバリエーションがない
  • 200gを越す重量

※▼GearBestへのリンクです(最安値)。

MAZE Alphaを購入

化粧箱・パッケージ

今回は出荷連絡から少し時間がかかったような気がします。営業日で10日前後でした。

化粧箱は黒、文字はグレー&シルバーで高級感のある仕上がり。

現状MAZEブランドは、AlphaとBladeの2シリーズの展開ですが、化粧箱からしてオシャレですね。

筒型の箱の中にさらにもう一つの箱に収められています。これまで、様々なメーカーの化粧箱を見てきましたが、同価格帯の中でMAZEは少し手をかけてる印象。

やはり6インチ液晶ともなると大きいです。かなりインパクトあります。

【パッケージ内容】

  • 1 * MAZE Alpha本体
  • 1 * 充電アダプタ(Cタイプ)
  • 1 * USBケーブル(Type-C)
  • 1 * SIMピン
  • 1 * 取扱説明書
  • 1 * 保証書
  • 2 * ガラスフィルム

本当はガラスフィルム1枚のはずなんですが2枚入ってました。

アダプタはプラグ形状が異なるため、そのままだと日本国内では使えません。変換プラグを別途入手する必要がありますので、ご注意ください。

予想通り、ユーザーマニュアルは日本語対応無し。

ただスマホは慣れですからね。特に中華スマホは余計なものが入っていない真っさらな素のAndroidが多いです。

環境を自分で構築して行くのが楽しみでもあります。

今回のオマケはガラスフィルムかー!ウホウホ!

スマホケースの方が個人的には嬉しいウキィー!

MAZE Alpha 使用感

気泡が入ってしまって、上部にインカメラがある風になってますが、本端末のインカメラはホームボタン横です。

3辺狭小ベゼルレスにしたことにより、下に持ってきたってことですね、面白い!

(見辛くてすみません。黒のスマホは撮影がしにくいので嫌いです…。)

バックにはデュアルカメラ(13MP + 5MP)とフラッシュライト。

上部には3.5mmイヤホンジャックです。

角は上下対象に丸みを帯びた加工となっています。

(かなり見にくいですが)下部にはスピーカーとUSB-Cポートがあります。

インターフェースがType-Cの端末も増えてきました。従来のMicroUSBをご使用の方はお気をつけください。

右サイドにはボリュームコントロールボタンと電源ボタン。

そして左にSIMスロットとなります(ほぼ見えていませんが上部にあります)。

これらのボタン配置はおそらく今後もデフォになるとは思いますが、各社結局のところiPhoneに寄せてきているような気がします。

SIMはデュアルスタンバイ対応です。

nano SIM対応なのでお手持ちのSIMはしっかりご確認ください。

見た目はまぁまぁいいんじゃないかウホウホウホ!

ちょっとだけプラッチッキー感はあるかなぁ…と思ったら実際は亜鉛合金だったウキ!
全体的に光沢のある仕上げでテカテカしてるから指紋は目立つウキ!

電源ON-起動-

近未来感のあるロゴが浮かび上がってきました。

最近の中華スマホは国内で流通している通常の端末と同様、ほぼ問題なく日本語が使えます

無事日本語を発見。

日本語を選んで設定に従って進んでいきます。

現在も6インチのスマホは手元にあるんですが、普段使用している端末が5.5インチなので、この僅かな差でもかなり大きく見えます。

Corning Gorilla Glass 4の強度と1920 x 1080pxフルHDの恩恵もあり視認性はグッド。

すでに2、3個アプリは追加していますが、ストレージやメモリは下図の通りです。

外部ストレージで256GBまで拡張できますが、デフォでも64GBありますし、通常使いならメモーリーカードも不要かもしれませんね。

ちなみに管理人は、ドコモ系のMVNOを利用していますが、電波を無事キャッチしました!問題なく使えます!

マルウェアチェック

当メディアではおなじみマルウェアチェック。自分の身は自分で守りましょう。

最新のウィルスやスパイウェアも検知してくれるのでESETはオススメです。

Mobile Security & Antivirus

Mobile Security & Antivirus
無料
posted with アプリーチ

とりあえず脅威は出てきませんでしたが、念には念を入れて他のセキュリティソフトでも調べました。

本デバイス、問題なさそうです!

カメラ性能

正直可もなく不可もなくですね。というか、スマホでこれだけ撮れれば充分だと思います。

これまで、中華スマホは寒色系になりがちだったんですけど、比較的自然な描写ではないでしょうか。

ほぼスペックの同じ(カメラ性能は違います)「Elephone P8」より自然な色合いです。※オート撮影の場合

接写というほどでもないですが、一応“ボケ”写真も撮れます。

カメラモードは、Video・Photo・FaceBeauty・Blur・Mono・パノラマ・PROで、細かい設定なしでも撮影は楽しめそうです。

PROモードはいわゆるマニュアルモード。従来同様ホワイトバランスやISO感度などこだわりの写真が撮れます。

また。画面切れてしまってますが、フラッシュのオンオフ、フロント・バックカメラ反転ももちろん出来ます。

ベンチマークスコア

多くのメディアが「Antutu」を使う中、当メディアでは「GeekBench4」を利用します。

Geekbench 4

Geekbench 4
¥120
posted with アプリーチ

シングルコア856マルチコア3469という結果でした。

Huawei Honor 7と大差ないスコアなので、ミドルレンジスマホとしては充分検討してるのではないでしょうか。

そしてGPUですが、2916点とこちらも中々検討していますね。Galaxy S7に匹敵するグラフィクス性能。

もちろんユーザーにもよりますが、ゴリゴリのハイスペ端末希望でなければ充分対応可能です。

アマゾンでも取扱あるけど中華サイトなら2万切るウホ!

どちらにしても2万円ぐらいなら全然買いウキ!

MAZE Alphaを購入

広告

気になった点・注意した方がいい点

概ね問題点はありません。綺麗にまとまったコスパのいいスマホです。

個人的には大して問題ではありませんが、2点ほど気になったのであげていきます。

重量がある

大型液晶の弊害とでもいいましょうか、本体重量が200g超えます。

カタログ値でも225gと謳っているので、誤差プラス3gくらいならほとんど同じですね。

さすがに200gを越えるとかなりずっしりきます。5.5インチ液晶のiPhone 7 Plusが188gなのである程度ご想像がつくかと思います。

カラーバリエーションがない

遊び心がもう少し欲しいですね。カラーバリエーションが一切ありません。

本端末はブラックのみです。

ブラック、シルバーあたりは万人ウケこそしますが個人的には一番チョイスしないカラーです。

女性や若者のニーズをキャッチするにはカラバリは必須だと思いますけどね(ケース買ってデコればいいんですけどねw)。

重量以外はぶっちゃけ何の問題もナシ!ウホホイ!

あ、指紋は目立つから拭き拭きしてウキ!

MAZE Alpha  総評

今回MAZEブランドに初めて触りましたが、今後が楽しみなメーカーですね。

ラインナップには「BLADE」というシリーズもありますが、こちらはロースペ〜(と言ってもオクタコアでスペックを見ると厳密にはミドルレンジ)といった感じ。

今後はミッドクラス以上、フラッグシップモデルのリリースも期待できそうです。

今回、筐体にはあまり触れませんでしたが、カタログ上は亜鉛合金とのことです。

ですので質感に安っぽさはなく、むしろ高級感を漂わせています。

このクラスの中華スマホ(深セン市)は、どこのメーカーも同スペ端末をこぞってリリースしていますが、その中でもコスパに優れたいい製品だと思います!

【総合評価】
製品名 MAZE Alpha 4G Phablet
おすすめポイント
  • ベゼルレス6インチディズプレイ
  • ハイクオリティとハイコスパ
  • 時代に見合ったインターフェース
総合おすすめ度 ★★★★★ 4.8

※▼GearBestへのリンクです(最安値)。 

MAZE Alphaを購入

MAZEはこれからどんどん新たなデバイスをリリースするはず!ウホホホホ!

VerneeMarsProと並んで高コスパ製品だったウキ!

あとがき

中華端末見てると“安かろう悪かろうの時代”は終わった気がしますね。

これからは“安かろう良かろうの時代”です。

似たような製品がいくつもあってどれを選んだらいいかわからないという方は、「MAZE Alpha」をチョイスしてもらっても何ら問題ないと思います!

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-GearBest, ガジェット, スマホ, 商品レビュー

Copyright© 非アクティビズム。 , 2017 All Rights Reserved.