読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

キヨスク(Kiosk)は謎の万引きが絶えない件

失敗談 仕事について
広告

「キオスク」と「キヨスク」ってどっちが正解なんですかね。というのも海外に行けば普通にKioskと書いてあって「キオスク」と読みます。別にどっちでもいいんだけど少し気になったので調べると、

1.駅にある、小さな売店は「キオスク」。

2.キオスクのうち、JRの駅にあるものの愛称を「キヨスク」という。

http://homepage1.nifty.com/tabi-mo/kiosk.htm

だそうです。もっと詳しく知りたければリンク先見てください。

ども。ツチヤです。

何を隠そう僕は学生時代、某横浜駅構内でキヨスクの接客を2か月という長期にわたってバイトをしたことがあります。 なぜ選んだかというと自給が良かったからです。ソッコー止めてしまったので浅いです。悪しからず。

 

セキュリティ弱すぎじゃない?

キヨスク見たことないって人はほとんどいないはずです。かれこれ10年以上前の話なので、今はもう少しシステムが良くなってるかもしれないけど、僕が今想像しているキヨスクは、あなたの想像通りのキヨスクです。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20151204151412p:plain

店におばちゃんがいて商品持ってきたお客さんにお金貰う(お釣りがあれば返す)、これの繰り返し。当時も思ってたけど「死角ありすぎじゃね?」と思います。窃盗大好きっこには「どーぞどーぞ持ってってください」と言わんばかりの陳列の仕方。

日本人は比較的モラルがある人種とはいえ、誰がどう見ても万引き多そうって想像できると思います。

 

僕がやっていたのは二人体制

僕がやっていたのは横浜駅構内だったのでラッシュ時の人通りはハゲしく、一人じゃとてもまかないきれません。店舗?も通常の二倍程度あり、常に二人体制でした。

算数大嫌い、数学常に赤点だった僕が何でこのバイトを選んだのか未だに謎ですが、暗算できないと氏にます。そしてこの時、「日本人はなんて忙しいんだ、急ぎ過ぎだ(アホか)」と思った瞬間です。

次から次へと出てくる手

リーマンのみなさん通勤です。乗り継ぎもあるでしょう。出勤で急いでるでしょう。帰りは早く家に帰りたいでしょう。その気持ちは凄くわかります。だからってね、「テキトーに商品持ってきて1000円ポイッて渡されてもね、全部暗算して(足して)また1000円から引き算しなきゃならないんだよ!?でね、これが1万円とか5千円になるとさらにパニックなんだよ!!」

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20151204152930p:plain

次から次へと手、手、手です。※計算機は近くにあるが暗黙の了解であまり使えない。というかそんなことばっかりしていたらあっという間に長蛇の列になる。

次から次に置かれる金

さっきのに加えて、みなさん毎日のことなのでルーティーンになってる人も多々います。必ずスポーツ新聞を買う人。スポ新とコーヒーセットの人。ワンカップとつまみセットの人。色々です。けどね、「値段分かってるからって金だけ置いてさっさといかないで!!たまに商品値上げしたり価格改定があったりして必ずしもその金額であってるとは言い切れないからね!?」次から次へと金、金、金です。(みんな急ぎ過ぎてて確認できない…)

ジャンプバカ売れ

曜日によって雑誌をアホみたいにストックするんだけど、やっぱり数ある少年誌の中でもジャンプが一番売れてたと思います。それでもいつも一緒に入ってたおっちゃんの話によると「全盛期なんてこんなもんじゃなかったよ。もっとすごかったんだから。」と言われました。でもやっぱりジャンプ凄い。今どうなんですかね。

喫煙者でもタバコ銘柄しんどい

非喫煙者たまらないと思います。今はどうか知らないけど、タバコの銘柄丸暗記しなきゃならなかったです。コンビニみたいに番号がなかったんで、銘柄覚えなきゃなりません。「喫煙者でもね、自分の吸う銘柄以外、興味ねーんだよ!(多少は知ってるけども)」非喫煙者は凄く大変と思います。

 

まとめ

なかなかハードだったなぁ。この時ほど珠算やっときゃよかったと後悔したことはありません。

あぁ、そうそう万引きの話?いつも売上を締める時金額が合わないんです。知らないうちに万引きもされてるみたいで、おっちゃんいつも嘆いてました。

でもたぶんそれは、僕が釣り銭間違いしまくってただけだと思います。すみません。

 

以上。

 

キヨスクやってたけど、何か??

 

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.