非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

日産 ノート 「e-power」vs日産 リーフ試乗レポ!電気自動車としての性能やいかに!?

日産ノート「e-powerとリーフ【LEAF】の比較

こんにちは。

先日、日産ノートのマイナーチェンジで11月に発売開始されたばかりの「e-power(イーパワー)」と、同社並びに電気自動車(EV)の代名詞、日産「リーフ(LEAF)」に試乗してきました!

比較するのもなんですが、「e-power(イーパワー)」はハイブリッド車でありながら、エンジンで発電しモーターのみで走行する、EV車のような、“自ら発電する電気自動車”です。

というわけで、価格帯も性能も異なる車種ですが、これからの時代、エコに配慮した車両のニーズはますます高まっていくはずです。

というわけで試乗レポです!

 

 

日産 ノート 「e-power」vs日産 リーフ試乗レポート

数値で細かく比較したい方は、メーカーサイトを見ていただくのが一番ですが、ざっくりと見ていきます。

どちらもエコに配慮した車です!

以上!

と言いたいところですが、もう少しだけ詳しく説明します。

日産 ノート 「e-power」

ノートとリーフの試乗レーポート
photo by http://www.nissan.co.jp/

売れ行きは好調のようで、11月の自動車販売台数では全車両中、第1位を記録したそうです。

日本市場では取り回しのしやすいサイズと価格帯で、ニーズの高いコンパクトカーという位置づけの車です。競合車種はトヨタのアクアや、ホンダのフィット(ハイブリッド)あたりでしょうか。

ノートのマイナーチェンジ車両なので、プラットフォームに変更はなく、車両サイズはそのまま。

最大トルクは254N・m(25.9kgf・m)/0-3008rpmで、燃費はカタログ値で37.2km/L ※e-POWER S(2WD)。価格は、1,772,280円~ (消費税込み)と、ハイブリッド車としては、非常に手を出しやすい価格帯です。

そして、今回プッシュしているのが、ひと踏みすれば痺れさせてくれるという“ひと踏み惚れ”。

やっちゃうニッサンのひと踏み惚れ
photo by http://www.nissan.co.jp/

その他安全性能や1ペダル走行など、“電気自動車の全く新しいカタチ。” をコンセプトにした、ハイブリッド車です。(ハイブリッド車って言っちゃまずいんでしょうけどw)

動画紹介

※当メディアでは、ページ軽量化のために、動画をサムネイル表示しております。通常の動画同様、クリックで再生されます。
また、同様の理由で、モバイル端末からご覧いただいている方は、AMP(Accelerated Mobile Pages)表示されている場合があります。コチラかタイトルをクリックしていただくと通常画面に切り替えられます(推奨)。

▶︎【NOTE e-POWER】ひと踏み惚れ - YouTube

 

▶︎【ノート e-POWER 】TVCM 「発明」篇 30秒 - YouTube

日産リーフ

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224172141j:plain
photo by http://www.nissan.co.jp/

ご存知、ザ・電気自動車と言ったら「日産 リーフ」 。

100%の電気自動車は国内でもそこまで数はありません。

リーフは、加速性能、コーナーリング、静粛性を兼ね備え、同社車両180SXと加速勝負で勝利するCMも有名です。

現行では、30kWhの大容量駆動用バッテリー搭載車もラインナップに加わり、フル充電からの航続距離は、カタログ値で280kmとなっています。

少しずつ航続距離も伸びてきているので、この先もっと需要が高まっていきそうな車です。

ただ、それでも価格はまだまだ割高。一番下位グレードでも2,803,680円〜となっています。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224163436j:plain
photo by http://www.nissan.co.jp/

国からの補助金や、ランニングコストなど、優れた点は他にも多々あるんですが、とにかく価格がまだまだ高いというのと、航続距離はハイブリッド車やガソリン車に軍配が上がってしまうのがデメリット。

というわけで、素人レベルですが、こんな2車種の試乗レポをしていきます!

動画紹介

▶︎【日産リーフ 】TVCM 「旅ホーダイ」篇 30秒 - YouTube

 

エクステリア - ノート 「e-power」

まずは「e-power」エクステリアから。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224173310j:plain

今回試乗したのはプレミアムコロナオレンジ(PM) です。

ボディカラーは全部で13色。カワイイ色も結構ありますが、個人的にはこの色結構好きです。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224174113j:plain

ボディサイズは、全長4100 mm x 全幅1695 mm x 全高1525 mmとコンパクトカーらしい(ノート)のサイズ。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224174537j:plain

見た感じは未来の車って感じですね。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224174731j:plain

そしてリアがこちらです。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224175144j:plain

リアガラスもそこそこ大きいので視界も良さそうですね。

エクステリア - リーフ

それでは次は「リーフ」のエクステリアです。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224175817j:plain

リーフのボディカラーは全部で12色。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224175953j:plain

ボディサイズは、全長4445 mm x 全幅1770 mm x 全高1550 mmとなっています。ノートに比べると一回り大きいですね。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224180317j:plain

発売されてすぐの頃は、「ダサッ」と思ったりもしましたが、今では街でも見かけますし、見慣れたのか比較的他にはないフォルムで悪くない印象。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224180634j:plain

リアは正直視界悪そうですねぇ。丸っこい…。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224183817j:plain

車両の両サイドに光る「zero Emisshion」のエンブレム(いらねw)。

とここで、大失態!エンジンルーム撮り忘れました!なので次はインテリアに進みます。

インテリア - ノート 「e-power」

価格帯が全然異なる2車種なので、内装はどうでしょうか。

最初にインパネ周りです。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224181240j:plain

感動は特にありませんでした。プラッチッキーで高級感はそこまでなし。

エンジンオフってる上に、写真ブレちゃってすみません。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224181654j:plain

エアコンやナビはちょっとだけ未来感出てますかね。

座った感じはすっぽり包まれて、座面も広めで窮屈な感じはしません。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224182149j:plain

後部座席も座面広めのベンチシートでゆったり座れます。5人乗りですができれば4人の方がいいですかね。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224182404j:plain

座席は下げてないですがこのぐらい広々してます。大人が長時間乗っても疲れなさそうです。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224182722j:plain

そしてこちらがラゲッジルーム。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224182906j:plain

奥さんの買い物に使うには充分広々ですね。

インテリア - リーフ

個人的にノートより楽しみにしていたリーフのインテリアです!

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224183444j:plain

ちゃちい…。内装はもうちょっと力入れて欲しいですねぇ。ノートとさほど変わらずな質感ですが、何やらボタンがいっぱいついてます。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224184116j:plain

ディーラーの話だと、リーフはSグレード(ナビなし)以外、社外のナビがつけられないらしいです。割高必須ですね。

ノートも同様のシフトレバーです。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224184346j:plain

電気自動車なのでこうなっちゃうんでしょうが、この手の“どこにギアが入っているかわからない仕様”、やめません?w

三角窓ちっさ!

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224184411j:plain

後部座席の座面はノートよりゆったりしています。座り心地もグッド!

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224184427j:plain

ラゲッジスペースもこれだけあれば充分ですね。当たり前ですけど、リーフの方が全然広いですね。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224184515j:plain

リュックみたいなのが、充電時に使うケーブルを格納するバッグです。

あとは細々した収納スペースが両車両ともついてますが割愛しておきます。

走行性能 - ノート 「e-power」

では、肝心の走りについて述べていきます!

加速は、2リッターターボ車と同等の発進との触れ込み通り、なかなかいいレスポンスでした。アクセルを踏み込むとスッと加速してくれます。

ノート 「e-power」には、ノーマルモード、SモードとECOモードというモードがあり、なんとSモードとECOモードでは、アクセル操作のみで、ブレーキ操作の必要がなく、勝手に減速してくれます。

e-POWER Driveのワンペダルドライブというやつです。

アクセルペダルを離すと、エンブレのようにブレーキがかかり、停止してくれるんですが、これがまた慣れないと鬱陶しいことこの上ないです。

ただ、渋滞時や信号が多い時などは、足の移動がないだけで、疲労感が相当変わってきそうです。

静粛性については高速運転時と、街乗りでも変わってきそうです。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224191804j:plain
photo by http://www.nissan.co.jp/

エンジンがかかっていなければ、相当静かですが(多分競合車種の中ではダントツの静粛性)、他社のハイブリッド車(アクアやフィット)とそこまでの差異は感じませんでした。

走行性能 - リーフ

「加速パネェ…。」というのが正直な感想です。

モーターは「e-power」とリーフは同じとのことですが、加速すごいっす。まぁ180に勝つぐらいなので頷けますね。

ステアリングもよし、静粛性よし、不満が特に見つからない乗り心地でした。

下り坂など、アクセルを踏まないでいると勝手に充電してくれるのも楽しいですね。(下図のパワーメーターの白い点が緑の点になると充電します。)

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161224193710j:plain
photo by http://www.nissan.co.jp/

ただ、田舎民からすると、充電スポットを把握しておかないとかなり怖いなと思いました。特に旅行中など、知らない土地で、充電スポット(日産行けばいいだけだけど)が見つからないとヒヤヒヤしそうです。

また、山越えしている時など、アクセルを踏めば踏むほどみるみる電気を使っているのが見て取れるので、最初はエアコン使うのもビビってしまいそうです。

先ほどインテリアでご紹介した通り、ピラーが太すぎて、三角窓ほぼ見えません。後方は思いの外視界良好でした。

余談ですが、充電30分で80%まで充電できます。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20161228130836j:plain

30分放置というわけにも行きませんが、これも任意で何%までという設定もできるみたいですし、まさに大きいガジェットという感じですね!

総合して、普通に乗りたいと思わせてくれる車でした!

現在月額2000円で日本全国の充電器が使い放題という「旅ホーダイ」もスタートしてますね。ランニングコストだけなら電気自動車ですが、今後どうなっていくのか楽しみです!

メーカーサイトはコチラ

 

 

細かい仕様についてはメーカーサイトかカタログで!

 

 

雑な試乗レポでした!

 

  

あとがき

両車両ともに見積もりをとったんですが、サイト内の見積もりシミュレーションと同じぐらいの金額でした。

ノート 「e-power」が280万前後、 リーフが400万前後。

しかし、EV車高すぎますね。この価格帯だとまだまだニーズは低そうです。他社からもっと100%EV車が出てくると、もう少し金額も下がってくると思うんですが。

ノート 「e-power」については、バカ売れしているだけあって、性能、取り回し、総合的に見てもオススメな車だと思います!

 

今回下取りも入れて見積もり出してもらいましたが、特にリーフは補助金等あるので、大した値引きにはならないみたいです。 

これを機に自分の車を査定してみるのもいいかもしれないですね!

車の査定はコチラ

 

【人気関連記事】

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.