dodocool ガジェット 商品レビュー

dodocool インイヤーヘッドフォン DA144 実機レビュー・評価・感想|防水対応ワイヤレススポーツイヤホン

更新日:




dodocool インイヤーヘッドフォン DA144 実機レビュー・評価・感想|防水対応ワイヤレススポーツイヤホン

※dodocool様よりサンプル提供

イヤホンはBluetooth接続できるものが便利ですね。

有線は有線でメリットはあるものの、個人的にはそこまで音に対してのこだわりがない、そして、ある程度のスペックさえ網羅できていれば満足です。

かつては有線一択だったんですが、無線に慣れてしまうと正直有線に戻れません。

今回は、無線対応のスポーツイヤホン「dodocool インイヤーヘッドフォン DA144」のレビューしていきます!

これまでも左右独立型のイヤホン試したことはあるけど、アリババ出店完全無名メーカー安価モデルは正直音質ひどかったウホ!

dodocoolは可もなく不可もなくが多いけど、一般ユーザーにはコスパもいいし期待持てるウキ!

dodocool インイヤーヘッドフォン DA144 レビュー・ 評価・感想

dodocool インイヤーヘッドフォン 真無線ステレオスポーツIPX5 防沫 HDマイク CVC 6.0 騒音抑制 多地点接続 複数デバイス接続 モノモード接続 6時間持続 スポーツコンパニオンiPhone/iPad/iPod/Samsung S8/ ほとんどのスマートフォンタブレットに適用 ブラック

今回ご紹介するイヤホンはまさに廉価タイプ。初めに言っておくと、一万円を優に超えるようなハイスペックなヘッドフォンではありません。

特徴は完全ワイヤレスな「左右独立型のヘッドフォン」です。

アクティブユーザーにこそオススメしたいそんなイヤホンです!

スペック・概要

dodocool インイヤーヘッドフォン 真無線ステレオスポーツIPX5 防沫 HDマイク CVC 6.0 騒音抑制 多地点接続 複数デバイス接続 モノモード接続 6時間持続 スポーツコンパニオンiPhone/iPad/iPod/Samsung S8/ ほとんどのスマートフォンタブレットに適用 ブラック

「dodocool インイヤーヘッドフォン」スペック
モデル DA144
材質 ABS
カラー ブラック
チップ CSRA64210

デコード:SBC、AAC

ワイヤレス接続距離 最大10m
バッテリー リチウムポリマー電池

容量:2*95mAh

電圧:3.7V

電圧 バッテリ電圧:3.7V

入力電圧:DC 5V

連続運転時間 最長6時間
充電時間 約1〜2時間
出力S.P. 101±3dB
サポート 自動シャットダウン

マルチポイント接続

電源インジケータ

マイク 33.7*2.2 MEMS MIC; -42dB ± 3dB
周波数 20Hz〜20KHz
感度 104dB±3dB
認定 FCC-ID, CE-RED, RoHS
製品サイズ 2.76 * 2.17 * 1.18 in / 70 * 55 * 30 mm
製品重量 0.53oz / 15g

CSRチップセットといえば、もはやBluetoothデバイスなら当たり前かもしれませんが裏を返せば製品に妥協していないという証拠。

今やクアルコム社に買収されてしまったので、CSR社製ではなくクアルコム社製というのが妥当かもしれませんね。

dodocool インイヤーヘッドフォン 真無線ステレオスポーツIPX5 防沫 HDマイク CVC 6.0 騒音抑制 多地点接続 複数デバイス接続 モノモード接続 6時間持続 スポーツコンパニオンiPhone/iPad/iPod/Samsung S8/ ほとんどのスマートフォンタブレットに適用 ブラック

マルチデバイスコネクションで1台2役、モノモードコネクションで個別に使用することが可能。

dodocool インイヤーヘッドフォン 真無線ステレオスポーツIPX5 防沫 HDマイク CVC 6.0 騒音抑制 多地点接続 複数デバイス接続 モノモード接続 6時間持続 スポーツコンパニオンiPhone/iPad/iPod/Samsung S8/ ほとんどのスマートフォンタブレットに適用 ブラック

そして個人的に嬉しいのが、アジャスタブルイヤーフック

どうしても独立型は少し激しい運動をすると落下してしまったりするんですが、イヤーフックがフレキシブルに動くので、耳にしっかりフィットします。

もちろんAndroidユーザーだけでなく、iPhoneにもしっかり互換性があるようなので、Siriを多用する方やハンズフリー機能を活用したいなんて方にもオススメです!

  • CSRA64210チップ採用
  • CVC6.0ノイズキャンセルとHDマイク内蔵
  • 最長6時間稼働
  • 滲み出るプラスティック感
  • 完全防水ではない

CVC6.0ノイズキャンセリングは“通話用”!
音楽用じゃないから注意するウホ!

dodocool製品はちょっと日本語アレだけどクオリティはしっかりしてるウキ!

外観・パッケージ内容

キャッチコピーはいつの頃から"Cool your life"になったようですね。

化粧箱のデザインもその製品用に作ってあっていい感じです。

裏面に簡易スペック表が記されています。

他のモバイルアクセサリーもこぞって一緒にパッケージングしてますが、dodocoolも保証書(Warranty Card)を入れるようになったみたいですね。

【パッケージ内容】

  • ワイヤレスステレオイヤホン本体×1セット
  • Sサイズイヤーパッド×1セット
  • Lサイズイヤーパッド×1セット
  • 充電ケーブル×1
  • キャリングケース×1
  • 保証書×1
  • 取扱説明書×1

取扱説明書はもちろん日本語対応。

ただ、翻訳機にかけただけの日本語なので、“イヤホーン”とかブルーツース”とかちょっと残念な感じになってますw

おかしな日本語は今に始まった事ではないけどこれ直すだけで心情的にだいぶ変わるんだけどなぁウホホイ

dodocoolってTOMTOP(中華ECサイト)のプライベートブランドらしいウキ!
ならつたない日本語納得ウキ!

dodocool インイヤーヘッドフォン 使用感

ABS樹脂なのでプラスティック感は否めませんが、マットな質感でさほど安っぽくはありません。

イヤーパッドのレッドがいい味出してます。

画像の通りですが、イヤーパッドは本体に最初からMサイズが付属されています。

全3サイズで、S・Lは別梱包にて付属。カナル型なので、サイズはかなり重要です。自分の耳にあったものを使いましょう。

充電ケーブルは少し変わった形状で2to1スタイル。

おそらく個別に充電しても問題はないと思いますが、まとめて充電できるのはいいですね。

ファンクションボタンは各耳用に3つずつ。

ボリュームコントロール(上下)とセンターにマルチファンクションボタン(MBF)という作りです。

下部にDC IN(入力端子)があります。

MicroUSB対応で、それぞれに差込口があります。

密閉製はソコソコありそうですが、水の中に沈めたらさすがにマズそうですね。

ただ本製品、IPX5の防水性能とのことなので、生活防水ぐらいは対応できそうです。

IPX5とは、電子機器の防水性能に関する等級のうち、「防噴流形」、すなわち、水の噴射を直接浴びても機器本体に有害な影響がないことを表す等級である。

サイズも小さいし、一個あたりはたったの15g!
重さやサイズは全然気にならないウホウホ!

しっかりフィットするから落ちにくいウキ!

広告

気になった点・注意したい点(デメリットなど)

音質に関してもこちらで少しお話ししておきます。

「こんなものかなぁ」というのが正直な感想です。可もなく不可もなく、価格相応といった感じですね。

廉価品は総じて表現が難しいですが、重厚で臨場感のあるサウンドでは決してないものの、高・中・低のバランスが取れていると思います。

通勤時や外出時、スポーツ時などには何の問題もなく使えます。

CVC6.0ノイズキャンセルとHDマイクの恩恵もあり、通話は普通にクリアでした。

以下注意点です。

再生時間要検討

細かいことをいえばプラスチッキー感完全防水ではない、などデメリットとして既にあげていますがが、さほど気にならないのでここでは一点のみ触れておきます。

一番気になったのは再生時間です。

メーカーには"Working hours"以外記載がないのでわかりませんが、これが“連続再生時間”なのか、“連続通話時間”なのか、“待機時間”なのか不明です。

試しに数時間(3時間超)聞きっぱなしにしてみましたが、とりあえず問題なく聴けているので、おそらくこの表記は“連続再生時間”だと思われます。


(充電は1〜2時間、赤色LEDが点灯します)

それにしても、もう少し検討して欲しかったというのが本音です。

バッテリーサイズの問題もありますが、下記リンク先の商品は、再生時間18時間ですからね。

dodocoolはAUKEYと似たような製品が目立ちますが、製品のクオリティは負けて無いと思います。

ですがコスパがやや負けちゃってるんですよね。ぜひ頑張ってもらいたいです。

dodocoolはせっかくいい製品あるのにほとんど似たような製品で勿体無いウホ!

差別化できる商品を作ってほしいウキ!

dodocool インイヤーヘッドフォン DA144 総評

dodocool インイヤーヘッドフォン 真無線ステレオスポーツIPX5 防沫 HDマイク CVC 6.0 騒音抑制 多地点接続 複数デバイス接続 モノモード接続 6時間持続 スポーツコンパニオンiPhone/iPad/iPod/Samsung S8/ ほとんどのスマートフォンタブレットに適用 ブラック

先述の通り、ちょっとだけ割高かもしれないですね。

でもこれが3000円代なら全然買いです。

特にワイヤレスにこだわりたい方は独立タイプを検討すると思いますが、独立タイプは充電器一体型のものが多いです。

劣悪品も中にはありますが、充電器ごと持ち運べるというメリットは大きいですからね。

とはいっても、6時間再生ならフルマラソン走破できそうですし(僕は無理ですw)必要にして充分。

今回ペアリングについては解説しませんでしたが、接続も簡単です。

マルチファンクションボタン長押し→機器選択(場合によってパスコード入力)で勝手に見つけてくれます。どちらか一方がペアリングできれば、もう片方も電源を入れることで勝手に繋がります(一応英語でTwo wireless  stereo connected.)とアナウンスしてくれます)。

ユーザー次第といったところですが、クーポンを利用すればアリの商品です!

いい製品でした!

【総合評価】
製品名 DA144 Wireless Stereo Sports In-Ear Headphone
25%OFFクーポン

※販売元:Beeebo-jp

8FHFSP94

※10/15まで使用可

総合おすすめ度 ★★★★☆ 4.0

クーポン無しでも全然ありだけどね!ウホ!

ただもう少し差別化して欲しかったなっていうのも本音ウキ

あとがき

独立型ワイヤレスイヤホンといえばAirPods。Androidユーザーにとっては高嶺の花のAirPods。

見た目も少しアレ(見た目が“うどん”や“チンアナゴ”、“もののけ姫の言霊”と揶揄さらる)なので、賛否ありますがAirPodsを使えるのはiPhoneユーザーの特権ですね、羨ましい。

著者はメインデバイスがAndroidなので、現在廉価タイプのワイヤレスイヤホンを使用していますが、これはこれで外出時に音楽を聞くなどには充分事足りています。

ぜひご参考ください!

-dodocool, ガジェット, 商品レビュー

Copyright© 非アクティビズム。 , 2017 All Rights Reserved.