読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

外国人御用達ビーチ「吉佐美大浜」 日本で異国情緒が味わえる穴場ビーチ

伊豆名所 静岡名産 海ネタ 自然・アウトドア
広告

http://blog-imgs-35.fc2.com/s/h/i/shimoda/abP1000429.jpg
出典:http://shimoda.blog51.fc2.com/

こんにちは、つっちーです。

最近はテレビでも数多く紹介され、ご存知の方もいると思います。“外国人が多く集まるビーチ”として有名になった、異国情緒たっぷりなビーチが、静岡県下田市にあるんです!

それが、「吉佐美大浜海水浴場」です。

キレイな海、砂浜、豊かな自然、そして異国情緒を味わいに行ってみませんか?

 

 

キレイな水質と自然豊かな地形

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20160718125604p:plain
出典:伊豆下田100景

以前もご紹介しましたが、下田には全部で9つのビーチがあります。

【静岡県民必読!】静岡県東部の魅力発見プロジェクト第三弾!静岡県下田市オススメビーチ編 - 非アクティビズム。

どこもかしこもオススメビーチですが、特に吉佐美に隣接した4つのビーチ(「多々戸浜」、「入田浜」、「大浜」、「田牛浜」)は特におすすめです。

その中でも外国人に人気の「吉佐美大浜」の近くには、天然の見どころがいくつかあるんです。

そんな「吉佐美大浜海水浴場」の魅力をたっぷりお伝えします

 

サンドスキー場

http://www.izu-wave.com/wavephotos/area5.jpg
出典:http://izu-wave.com/

強風によって吹き寄せられた砂が積みあがってできた天然のサンドスキー場です。

その傾斜角度は30度もあり、ソリを持って来れば傾斜を利用して、サンドスキーを楽しめます。伊豆半島ジオパークにも認定されていて、ファミリーはじめ、通年通して人気があります。

詳しくは伊豆半島ジオパークHP参照
田牛サンドスキー場 | 南から来た火山の贈りもの

 

<場所情報>

駐車場有※夏季有料

 

竜宮窟

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20160718130217p:plain
画像出典元:http://izugeopark.org/

同じく伊豆半島ジオパークにも認定されている竜宮窟。波の浸食によって岸壁が削られ、こんな地形になっています。

パワースポットとしても有名なこちらは、画像は上からですが(徒歩で行けます)、下から上をあおいでも神秘的です。後付けですが、ハートの形に見えることから、カップルにも人気のスポットでもあります。

詳しくは伊豆半島ジオパークHP参照
南から来た火山の贈りもの 伊豆半島ジオパーク

 

<場所情報> 

駐車場有※夏季有料

 

厳密にいうと、上記二つは田牛(とうじ)浜に隣接しています。 オフシーズンであれば駐車場も無料なのでここに来るだけということであれば、夏場は避けた方がいいかもしれません。

 

 

外国人が多く集まるカフェ

口コミで外国人が増えたからなのか、僕が子供の頃にはなかったペンションやゲストハウス(飲食店含む)も昔と比べて増えたように思います。

大浜、田牛近辺のほとんどの施設が英語表記されてるので、ランチを食べるだけでも異国情緒を感じられるはず。

「吉佐美大浜」のビーチから徒歩1、2分で行ける、カフェを一つだけ紹介します。

 

カフェ「サニーサイド」

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/65/0001014965/61/img1d86d37ezikczj.jpeg
出典:http://plaza.rakuten.co.jp/izuheoideyo/

大浜は国道から入ったところにあるため、オンシーズンは人であふれかえりますが、オフシーズンは比較的閑散としています。

そんな中でも30年以上も営業を続けている老舗カフェ、「サニーサイド」です。テラス席から見る風景はステキすぎます。

http://www.renji.jp/sweets/assets/2014/12/20/sunny2.jpg
出典‐http://www.renji.jp/sweets/2014/12/post-13.html

眼下に見えているのが「吉佐美大浜」です。このロケーション最高です。

 

<場所情報>

駐車場有:夏期4台(夏期以外20台位) 

HP:サニーサイド|下田・南伊豆のカフェ&レストラン

 

「吉佐美大浜」は駐車場も広いんです。車以外だと少し不便ですが、吉佐美エリアは比較的ファミリー層も多いため、お子様連れでも安心です。

 

 

外国人が集まりやすい理由

今でこそメディアで取り上げられたために、さらに有名になった節はありますが、実は下田市は、歴史的にも外国との交流がある街なんです。

その中でもやはり手つかずの自然が豊富な南伊豆地域は、昔からオフシーズンでも外国人を多く見かけます。

 

下田市の一大イベント「黒船祭」がカギ

80周年に迫る勢いで(2016年度で77周年)、毎年5月に開催される「黒船祭」。かつては5月16日~5月18日でしたが、来場者にあわせて、今では5月の第3土曜日の前後3日間に行われます。恐らく観光客減少を懸念してだと思われます。

動画を見るとちょっとシュールにみえますが、「黒船祭」は下田市の、一大イベントです。

 

歴史があるからこその外国人ウケ

http://reflexx.up.n.seesaa.net/reflexx/image/DSC_4971.jpg?d=a19
出典:http://reflexx.seesaa.net/

「黒船祭」の歴史的な背景を少しお話ししておきます。

幕末当時は徳川幕府が納める鎖国時代。1854年4月、突如ペリー提督率いる黒船艦隊が現れ日本中を震撼させました。そして日米和親条約締結し開国。また、ロシアの使節プチャーチン、アメリカ総領事タウンゼント・ハリスによるアメリカ領事館の開設など、諸外国との歴史的な所縁(ゆかり)があります。

開港場の役割は日米修好通商条約の締結によって、横浜や神戸などに移りましたが、数年間下田が開港場だったんです。

その開港から80周年を記念して行われたのが第1回黒船祭というわけです。 

下田は、ペリー提督の出身地でもあるアメリカのロードアイランド州ニューポート市とは姉妹都市の関係にあります。 

 

こんな背景があり、数多くの外国人が訪れたりする機会が多いということで、(1度来てくれた人が気に入ってくれて)リピーターになり、口コミで広がっていったようです。

 

 

吉佐美は水質AA(めちゃくちゃキレイ)のところばかりだよ!

 

 

たまに熱帯魚みたいのが泳いでるの見えるよ!※台風後など、濁るときも当然あります。

 

  

 

 

あとがき 

訪れる外国人の多くは、日本在住の比較的富裕層の外国人が多いそうです。別荘を所有していたり、会員制のホテルに宿泊されています。日本語は当然話せますし、教養のある方がほとんどです。出会い目的だと惨敗することになりますのでご注意を(体験談)。

あともう一つ。夏季シーズンのみ、あらゆるビーチの駐車場が有料となります。特にお盆の時は満車、割高は覚悟してください。※1日駐車:1500円~2000円、シャワー有料:300円前後(停めるところで貸してくれたり浜によっては解放しているところもある)

豆情報ですが、駐車料金徴収時間は8時~17時のみです。日の長い夏季シーズンは17時以降も比較的問題なく海に入れます。ただサーファーが増えるので事故にはご注意ください。

夏季以外なら停め放題です。ですが基本、下田の浜はキャンプ禁止です。マナーを守って楽しんでくださいね!

 

吉佐美大浜海水浴場

  • 水質:AA(2016年)
  • 浜の長さ・・・770M 奥行き・・・75M

<アクセス>

  • 公共交通機関の場合:伊豆急下田駅よりバス3番吉祥、伊浜、仲木行き/4番石廊崎灯台バス停行き10分。吉佐美バス停下車徒歩8分
  • 車の場合:国道136号線より田牛入口から約5分

<駐車場>

  • 500台。1,500円~/1日※夏季のみ

 

以上。

大浜オススメだけどなにか。

 

【オススメ関連記事】

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.