非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

CUBE T10 4G Phablet実機レビュー | 今後更に期待が高まるALLDOCUBE!タブレット選択肢の一つに!

こんにちは。

先日書いたこの記事(「CUBE T10」ちょうどいい中華タブレットはコレ!お手頃価格とソコソコスペックファブレット - 非アクティビズム。)。文末の方に記載したんですが、ちょうど欲しかったタイミングで、GearBestさんよりサンプル提供いただきました。

中華タブレットはじめ、中華スマホ、モバイルアクセサリーなど、近年の中華ブランドのクオリティは目を見張るものがあり、信頼こそしているものの、廉価機に至っては“痒いところに手が届かない”仕様のものが多く、正直期待してなかったんです。

ですが、CUBEブランドの廉価機(Androidタブ)を初めて使いましたが、これがまた思いの外使いやすかったんですよね。

前回はざっとスペックのご紹介をしていきましたので、今回は実機レビューをしていきます!

※スペックや細かい仕様について知りたい方は上記リンクからご覧ください。

不満店もないわけじゃないけど総合的にいいかも!

他の機種も試して見たいね!

 

「CUBE T10」実機レビュー

前回と重複しますが、ほんの少しだけスペックのおさらいをしていきます。

2GB + 32GB、10.1 "FHDディスプレイとデュアルカメラ、デュアルスピーカー、MicroSIMスロットやMicroSDカード(最大64GB)などが搭載された、必要機能はとりあえず全て揃っている、Androidタブレットです。

では、早速実機レビューをしていきます!

パッケージ内容

今回は発送連絡からかなり早かったです。営業日で3〜4日程度で商品到着。これだけ早いと海外ECサイトもガンガン使いたくなりますね。

箱が少しでかいと思いましたが、手厚く梱包されていたためです。こういうちょっとした心遣い嬉しいですね。

では外装の箱は割愛して、化粧箱です。

Google翻訳にかけたところ、「酷比魔方」で「CUBE」という意味のようです。なんかちょっと強そうw

すでに開封されてるあたりを見るとカスタムロム。後述してますが、ちょっとした失敗例があるので少し心配。

ただ、ユーザーの利便性をあげてくれているだけなので、メーカー、並びに販売元を信じるしかないですね。

顔色=カラーです。今回は(前面がホワイトの裏面)シルバーの製品です。

化粧箱はいたってシンプル。

まだまだ“中国推し”が強いので、中国国内での認知度はあるかもしれませんが、世界シェアはまだまだこれからといったところでしょうか。

では製品を見ていきます。

外枠にスポンジが入っていてしっかり本体は固定されています。

本体下にUSBケーブルや取説などが入っていました。

外箱を持った時点でカタカタ音がするなと気にはなってたんですが、こんな感じで無造作に入ってます。さすがに雑すぎです。これは少しいただけないですね。

下記パッケージ内容です。

【パッケージ内容】

  • 1* Cube T10本体
  • 1* USBケーブル
  • 1* 保証書
  • 1* VIPカード
  • 1* 合格証
  • 1* SIMピン
  • 1 *取扱説明書 

ACアダプターなどはついておらず、MicroUSBのみでした。※本来はついているはずですが、Cプラグを送っても意味ないのであえて抜いたのだと思います。

取説はもちろん中国語。

そして他言語は英語のみです。

これからグローバルにどんどん増やしていって欲しいですね。

商品ページへGO

一番気になるのは本体の性能よね

そうよね、気になるよね

「Cube T10」外観 

ベゼルは削った感なしですけど、フロントデザイン自体は可もなく不可もなくといった感じ。

前面にフロントカメラ(2.0MP)搭載。

背面にフラッシュライトとリアカメラ(8.0MP)がついています。

筐体(背面)はアルミボディで、質感は安っぽくありません。

製品上部に電源ボタンとボリューモボタン。

下部にスピーカーがついています。

少し見にくいですが、左右にスピーカーがついているステレオスピーカーです。

左側に3.5mmのイヤホンジャック、SDカードスロット、USBポート、マイク、DCなど。

左側にほぼ集約されてます。

SIMスロットはデュアルではなく一つのみ。

MicroSIMなのでNanoSIMをご利用の方はお気をつけください。

右側には何もなしのシンプルデザイン。

全体的なデザインは安っぽさもなく洗練されていて質感も上々です。遊び心こそありませんが、見た目はグッド!

普通にかっこいいんじゃない?!

無難なデザインこそ最強!

製品サイズや重量

重量は正直お世辞にも激軽ではありません。

メーカーサイトに記載がなかった(見つけられなかった)ので、メーカースペックの重量はわかりませんが、536gでした。※中華ECサイトによると530g

ただ、9.7インチのiPadが478gなので、10.1インチサイズのタブレットなら及第点ではないでしょうか。

サイズは240*167*8.6mmとiPadとほぼ同じサイズ感です。

サイズはちょうどいい感じだね!

持ち運びにはちょっと重いかもしれないけど、それでもまだまだ軽い!

 

Cube T10使用感

では起動していきます。

日本人的に“酷比魔方”はちょっとアレですね。

起動早っ!というのが第一印象。

初期のフィルムつけたままですが、発色もいいです。

あっという間に起動したので、とりあえず初期設定諸々済ませていきます。

自身もこれまでいくつも端末を触って来ていますが、中華端末は、セキュリティ面で信用しきれていません。

マルウェアの前例があるので、FreeWi-Fiスポットにて、捨て垢でセキュリティチェックもしました。

他有料のものでもいくつか試しましたが、検出されず。Root権限いじらなくても、これで安心して使えますね。

日本語も通常のスマホ同様最初から入っています。設定(Setting)より日本語へ変換。

入力については英語のみなので「Google 日本語入力」を使用して行きます。

Google 日本語入力
Google 日本語入力
開発元:Google Inc.
無料
posted with アプリーチ

メモリは初期の段階で(1.9GBのうち)1.1GB。やはり使っていくうちにパフォーマンス下がって行きそうです。

ストレージ自体は充分余裕あります。サブ機のため必要最低限しか使わないので問題なし!

普通のアンドロイド端末と同じ感じで使えるよ!

もう少し続くけど我慢して読んでね!

カメラ性能 

すでに記載しましたがインカメラは中国の廉価タブレットでよくある2.0MPです。

そしてリアのバックカメラは8.0MP。

カメラ性能は期待しないほうが賢明。

すごく雑ですが、バックカメラでフラッシュ有りとフラッシュ無しの画像を撮影して見ました。

こちらがフラッシュ有り。

そして下図がフラッシュ無し。

オートにて撮影。オートフォーカスもさほど遅くはないです。色味は若干不自然ですが、何かを記録するぐらいには必要充分ですね。

被写体は下記商品。

テレビ電話も普通にできるしまぁこんなもんかなって感じ!

そんな感じ! 

ベンチマークスコア 

個人的にAntutuよりGeekbenchの方が好きなので今回もコチラで調べて行きます。

Geekbench 4
Geekbench 4
¥120
posted with アプリーチ

シングルコア627点、マルチコア2541点という結果でした。

Zenfone2ぐらいのノリで使えばいい感じですかね。

GPUは下図の通りです。 

1905点とこれもまたひと昔前感はあるものの、個人的には充分かなというレベルです。最近のグラフィックの綺麗なゲームは、ちょっと厳しいかもしれないですけどね。

ソッコーアンインスコしたけどパズドラは普通にでけた!

ゲーミング用より別の使い方の方がいいかもね!

 

気になった点や注意点

やはり重量でしょうか。

最初からわかってましたが、かなりずっしり来ますね。

ただ10.1インチサイズのタブレットですからね。ここは致し方無し。

また、音声は確かにステレオですけど、あまりキレイな音ではありません。ボリュームをあげるとビビリ音がすごいです。

こだわるなら、ヘッドホン着用かスピーカーを別で購入した方が良さそうです。


※縦使用Ver

そしてカメラ性能

先述の通り、カメラ性能は最近のスマホ(ファブレット)、タブレットと比べると低いです。

とはいっても、ほとんどの方が、タブレットの前にスマホを持ち歩いていると思いますので、タブレットのカメラ性能にこだわる必要はないと思います。

最後に、購入場所が少ないということ。

前のモデルの「CUBE T8」はAmazonなどでも簡単に見つかるんですが、現状T10は海外のECサイトのみ。本製品に限ったことではありませんが、少し敷居が高くなるかもしれません。

正直マイナス点は無理矢理ひねり出した感じだから気にしなくてもいいかも!

オーディオもそこまで気になるほどではないよ! 

 

Cube T10 4G Phablet総合評価

色々言いましたが、正直端末に関しては、僕のニーズにぴったりマッチしたので、マイナス点が見当たりません

評価ポイントの一つに、同じ10.1インチサイズのCHUWI Hi10 Proと比較してみると、ベゼルを削って少し小さくなっています。

重ねてみるとこの通り。

高さこそ同じですけど、幅が明らかに小さくなっています。

端末がウィンタブなので比較対象がおかしいかもしれませんが、小さいに越したことはないですからね。 

ご心配な方もいると思いますので通信について。

Wi-Fi環境下ではもちろん使えますが、本端末SIMスロットがついています。SIMを入れてみましたが、4Gをしっかりキャッチしてます。

※著者は楽天モバイル ユーザーです。 

ブラウジングは問題無し。普通にサクサク検索できます。

ハイスペ端末ではないものの、スマホライトユーザーなら、充分満足できるはず。

ALLDOCUBE、今後も目が離せません!いい製品でした!

【総合評価】CUBE T10
製品名 Cube T10 4G Phablet
おすすめポイント
  • 最低限の機能は全て網羅
  • 動画視聴や音楽レシピなどにピッタリ
  • 外出先でも使えるSIMスロット付き
総合おすすめ度 ★★★★★ 4.8

▶商品ページへGo

※リンクはGearBestの商品ページへのリンクです。

本当に大満足!

ALLDOCUBEいいね!
マジでよかった!

 

あとがき

人によってはスペック的に物足りなく感じるかもしれません。

あくまでも、ライトユーザー層やタブレットをちょい使いしたい方などには普通にお勧めできる商品です。

あまり良くないんですけど、子供用(&妻用に)“どうなってもいい”タブレットが欲しいな、なんて思ってたところだったので、結果として大満足でした!

 

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.