読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

イギリス英語を学びたい人必見!おすすめイギリス(UK)映画15選

オススメ映画 海外
広告

※2016/9/17更新

ハリウッド大作ももちろん面白い。だけど映画は色んな国のものがあるからより面白い。僕は完全に字幕派なので英語の発音なんかも気にして観てしまいます。イギリス英語の発音が好きとも言えるけど英国映画が結構好きなんです。

そんなわけで、イギリス留学、そして就労経験のある僕が、おすすめの映画をご紹介します。下記もオススメなので是非どうぞ(重複するものもあるのでご容赦ください。)

観る前はなめてたけど観たら面白いおすすめの映画10選! - 非アクティビズム。 観る前はなめてたけど観たら面白いおすすめの映画10選! - 非アクティビズム。

主題歌や挿入歌もUK発祥のアーティストだったりするものもあるので、それ込みで映画を見るとより楽しいかもしれません。※合作も含みますのでご了承下さい。又ページ軽量化のために動画はサムネイル表示になっています。クリックすると通常の動画同様再生できます。

 

 

おすすめイギリス(UK)映画15選 

トレインスポッティング Trainspotting

【内容】

若者の陽気で悲惨な青春を描いたダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガー主演の大ヒット作。ヘロイン中毒のレントンはある日、売人から大量のドラッグを売りさばく仕事を持ち掛けられ、仲間と実行するが、儲けた金を巡って互いに疑心暗鬼となり…。

Amazonより引用

言わずと知れたドラッグムービー。クリーンな青春映画と違って少し闇を感じるこの映画。そんな中でも若者の青春を描きつつ、俳優全員のコテコテのスコティッシュアクセントがたまりません。スコットランドの街並みがいいですね(懐かしい)。

 

 

ショーン・オブ・ザ・デッド Shaun of the Dead

【内容】

『ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!-』の監督・主演コンビによるホラーコメディ。恋人に愛想を尽かされた自堕落な男・ショーン。落ち込んで泥酔した彼が翌朝目覚めると、街はゾンビで溢れ返っていた。“スタジオ・カナル・ザ・ベスト”。

Amazonより引用

前回も紹介したコメディ満載のゾンビムービー。ハリウッドに比べれば明らかに製作費がかかっていないのが見て取れます。そのチープさがまたいいんです。ブラックユーモアが好きな人にはオススメです。

 

 

スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire

 【内容】

『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督が手掛けた社会派エンタテインメント。インドのスラム育ちのジャマールはクイズ番組に出場し、あと1問で大金獲得という段に到達。だが無学な彼は不正の嫌疑を受け、警察から尋問されるはめに。

Amazonより引用

アカデミー賞8部門も受賞しているので、むしろ知らない人の方が多いかもしれません。そして数々の受賞をしているだけあって、かなり見ごたえがあります。インド人がイッパイ。これについてはイギリス英語じゃないカモ。。。

 

 

リトル・ダンサー Billy Elliot

【内容】

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』のスティーヴン・ダルドリー監督による感動ドラマ。11歳のビリーはバレエに熱中するが、父親は猛反対。しかし、ひたむきなビリーの姿は次第に父親の心を動かしていく。“スタジオ・カナル・ザ・ベスト”。

Amazonより引用

題名から想像できそうだけど少年が色々頑張ります。それ以上もそれ以下もないけど心暖まる作品です。家族で見るのもいいし、恋人とでも、そして一人で見ても楽しめると思います。因みにオリジナルタイトルは「BILLY ELLIOT」 。

 

 

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ Lock, Stock and Two Smoking Barrels

【内容】

麻薬組織の金を強奪してしまった3人のチンピラたちのてん末を描いたギャング活劇。ジェイソン・フレミング、デクスター・フレッチャーほか出演。

 Amazonより引用

コチラも以前と重複します。だけどやっぱり外せない一本。ギャングムービーが好きな人にはぜひ見てもらいたい作品です。暴力的なシーンも多々あるけどテンポが速いので苦にならないと思います。コチラも訛りが強い。

 

 

スナッチ Snatch

【内容】

ブラッド・ピットほか豪華キャスト共演で贈るクライムサスペンス。強奪されたダイヤをめぐり、マフィアや殺し屋たちが壮絶な争奪戦を繰り広げる様を描く。

Amazonより引用 

ガイ・リッチー監督作品ばかりですいません。ブラピの何しゃべってるかわからない英語もいいです。ロックストックと同じくギャングムービー好きならオススメ。スカ好きとしては劇中の挿入歌「The Specials」の「Ghost Town」が個人的にはかなりツボ。

 

フルモンティ The Full Monty

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ザ・トーナメント』のロバート・カーライルが主演のコメディ。養育費が払えず、金策に苦しむガズが思い付いた一獲千金のアイデアは男性ストリップ。早速オジサンたちが集まり特訓を開始するが…。“BEST OF BRITISH”。

Amazonより引用

これ!という見どころはない気もするけどオジサンたちがアホなことを頑張る作品。アカデミー賞1部門受賞と4部門ノミネートされているだけあってがっかりすることはない作品だと思います。スラングで言うところの“Cheesy” がお似合いの作品(褒め言葉)。

 

 

ブリジット・ジョーンズの日記 Bridget Jones's Baby

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ヘレン・フィールディングのベストセラー小説を映画化したラブコメディ。ロンドンに暮らす32歳の独身女性・ブリジットは二日酔いで新年を迎え、しっかり生きるため日記をつけ始める。

Amazonより引用

このいかにもいそうな中途半端な体型、風貌のレニー様が女子受けして大ヒットを飛ばした作品。男の僕が見ても充分楽しめました。特に大どんでん返しのようなことはないけど終始まったり見てられる感じです。どちらにしても女性向けかもしれないです。

 

 

Mr.ビーン Mr. Bean's Holiday

内容

イギリスの人気コメディアン、ローワン・アトキンソン主演によるコメディ劇場版のセット。ビーンが大騒動を巻き起こす。

Amazonより引用

本当はTVシリーズの方がオススメしたいんだけどとにかく言葉はいりません。おっさんがわかりやすくアホなことをするだけです。志村けんが好きな人は是非見てください。ばかばかしいけど面白いです。言葉は少なめ。

 

 

ハリー・ポッターと賢者の石 Harry Potter and the Sorcerer's Stone

【内容】

ダニエル・ラドクリフ主演による「ハリー・ポッター」シリーズの第1章。孤独な日々を送る少年、ハリー・ポッターの下に「ホグワーツ魔法魔術学校への入学を許可します」という手紙が届き…。

説明不要ですね。正直「英国王のスピーチ」と悩みましたがコチラにしときます。コテコテのファンでもないし、とりわけ好きでもないんだけど賢者の石だけは割と見れます。それ以外は正直好みではありませんがハリーポッターの成長を見ていくのも面白いかもしれませんね。

 

 

ウィズネイルと僕 Withnail and I

内容

1969年、ロンドン。酒とドラッグに溺れる日々を送る売れない役者・ウィズネイルと「僕」。ある冬の週末、ふたりはウィズネイルの叔父のコテージを訪れるが…。 

Amazonより引用

イギリス映画って感じですね。登場するキャラクターが、全て実在の人物をベースにしているそうです。脚本のオリジナルは小説で自国イギリスではある種コアなファンが多い作品。

 

 

ノッティングヒルの恋人

内容

スター女優と書店を経営する平凡な男の恋を軽妙なタッチで描いたラブストーリー。ウィリアムが経営するノッティングヒルの小さな本屋にハリウッド女優のアナが訪れる。ウィリアムは突然のことに驚くが…。

Amazonより引用

 現実的には絶対にありえないハリウッドスターと書店店主の話。ジュリア・ロバーツの米語、ヒュー・グラントの英語を聞き分けてみてみるのも面白いかもしれないですね。

 

 

英国王のスピーチ

内容
子供の頃から吃音のために無口で内向的なジョージ6世が国王に即位。折しもヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦を余儀なくされる中、王は国民の心をひとつにすべく渾身のスピーチに挑む。 
Amazonより引用

コリン・ファースの吃音者という難しい役どころにを見事に演じている点に注目したい作品です。アカデミー賞4部門受賞しているというのも納得です。史実がもとになっているのも大衆の心を打ったんだと思います。

 

 

プライドと偏見 

内容

ジェーン・オースティンの原作を、『ある公爵夫人の生涯』のキーラ・ナイトレイ主演で映画化したラブロマンス。18世紀末のイギリスを舞台に、5人姉妹と男たちの恋物語が綴られる。 

Amazonより引用

小説が原作の今作は、イギリス東部の雄大な自然を堪能できる作品です。 コテコテの純愛物を見たいという人はオススメです。ですが字幕で見るとガッカリすることもあるので是非英語力を鍛えて実際の言葉のニュアンスを堪能してください。

 

 

フォー・ウェディング 

内容

ハンサムだが優柔不断で結婚に踏み切れないチャールズは、ある日友人の結婚式で聡明な女性と出会い…。

Amazonより引用 

サキに紹介した「ブリジッド・ジョーンズの日記」や「ノッティング・ヒルの恋人」の脚本&主演コンビの作品で、当初の予想をはるかに超える大ヒットとなりました。ブラックユーモアもあり、イギリスっぽさが出ていて文化を知れる作品でもあります。

 

 

おまけ

たぶんそんなに知られてないであろう作品を一つ。

17歳のエンディングノート 

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ダコタ・ファニング主演で贈るトゥルーラブストーリー。白血病で余命を宣告された少女・テッサ。17歳になり死が近付いたことを悟った彼女は、死ぬまでにしたい“TO DO リスト”を衝動的に作り上げる。しかし、そんな彼女の前にひとりの青年が現れ…。

Amazonより引用

まぁご想像の通りのストーリーです。しかも終始まったり。でも僕は気分が落ちてるときに見たんでさらに撃沈しました。初恋と死、テーマが重くてキッツいです。一人でまったり見るのがオススメかもしれません。

 

 

視聴には動画コンテンツ盛りだくさんの動画視聴サイト

DVDやBlu-rayでの視聴ももちろんいいんですが、今では動画コンテンツは恐ろしいほど安く視聴できます。まだ使ってない人はこれを機にイギリス英語の勉強をしてみて下さい!!

なんといっても一番オススメ!「hulu」

安さ、画質、コンテンツ量と1周回って「hulu」に落ち着く人も多いようです。海外ドラマが強いですが、充分なコンテンツ量だと思います。

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

 

絶対鉄板!「Amazonプライム 」

言わずと知れたAmazonのサービス。huluに比べると動画コンテンツはまだまだ少ないですが、コンテンツも着々と増えています。音楽、動画、お急ぎ便など至れり尽くせりで年間たったの3,900円!Amazonユーザーは登録するべし!

Amazon.co.jp: Amazon Prime

 

【プライム会員なら絶対買い!fire TV stick】

 

どちらにしても、無料でお試し期間があるので、一度試してみるのが良いと思います!海外映画の作品数では「U-NEXT」もおすすめですが、個人的には「hulu」を推しておきます!!

 

 

英語を伸ばしたいなら日常から

オマケでもう少しだけ英語についてお話しします。

英語って慣れるしかないと思います。約2年イギリスに滞在して思いましたが、長く滞在していても日本人のコミュニティにばかり属していた人は英語もほとんど伸びずに帰っていきます。

結局のところ本人のやる気次第ということです。週一回の英語教室を通うより毎日30分独学でもいいので、勉強と思わず、英語に触れる習慣を作った方がずっといいですよ。

自発的にやるとなると難しいですけど、最近は位撮んなサービスがありますからね。というわけで、オススメのところを何点かご紹介しておきます。

【オススメ英語学習サービス】

 

「映画を字幕なしで見るのはすごくいいよ。」とネイティブの先生に言われたことがあります。 こういった工夫もいいと思いますし、重い腰が動かない人は外部圧力としてレッスン受けるのもいいと思います!!

 

 

個人的には聞き取りにくいスコティッシュ訛りも好き!

 

 

アイリッシュもいいし、オージーもいいし聞き比べると面白いよね!

 

  

 

 

あとがき

メジャータイトルばかりだったので、ご存知の作品が多かったかもしれないけど、「米語と英語の違い」を聞くのも楽しいかもしれませんよ。ほかにもまだまだたくさんありますが、気が付いた時点で追記していこうと思います。

特に映画にはスラングがいっぱい使われてるんで挨拶1つでも違いを楽しめると思います。

あそれと、もう一個。イギリス愛が強いなら見るべし。原作を見てからの方が面白いかも。

 

あげだすときりがないので以上。 

イギリス訛り好きだけど、何か??

 

【オススメ関連記事】

 

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.