読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

小学四年生の悲惨な思い出。初めての冤罪事件を僕は忘れない・・・。

ゆるネタ 失敗談 クズ
広告

最近ブクマやツイートで絵をお褒めいただくことが多くなりました。

いつも“5分という貴重な時間を費やして”書いているので、評価されるのは大変うれしいことです。場合によっては5分以上かかることも。

絵を描くのはキライじゃないんだけど、決して絵心があるわけではありません。しかもマウスで書いてるので、思うように書けません。ホントはもっと上手なんですよ。

僕が絵で獲得した賞と言えば、小学校二年生の時にもらった写生会の牛の絵

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20151110162513p:plain

全然こんなのじゃなかったけど、確かこういう向きで描いたと思います。

この時が僕の絵に対するモチベーションのピークでした。

と同時に大人の世界の厳しさを知った瞬間でもあります。

 

そんな話。

 

 

来るべき写生大会

写生会だったかどうかは定かではありません。ただ写生会を連呼したかっただけです。。。しゃせい。

 

それは社会科見学だったかもしれません。

通っていた学校の近くに酪農家がいたのでみんなで仲良く赴いたのを覚えています。

ウシが牛舎に並びます。

小2にはもんげー臭かった。

だけど僕は黙々と描きました。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20151110180924p:plain

一心不乱に、目の前にいるウシと対峙し周りの友達が描くことに飽きてきても集中力を切らさず描き続けました。

 

 

賞になるまで

僕は自分で描いた牛に自信がありました。

「どうだ!」と言わんばかりに当時担任だった、ジャガー横田似、恐らく50代後半だったコワモテ先生に提出しました。※一応女性です。

ジャガーは「ツチヤ君、よく描けてるね~。凄いじゃない。」と言いました。

僕も自信があったので「頑張って書いたんです!」とジャガーに伝えました。

するとジャガーはおもむろに僕の描いた絵を取り上げ、「ここをこうして(カキカキ)、こうすると(カキカキ)もっとよくなるよ。」とあろうことか修正しやがったのです。

そして受賞と相成りました。

 

 

それからジャガーがキライになる

僕は少しお調子者だったこともあって、ジャガーには目をつけられていました。

ちょうどそのころエアーガンにはまっていた僕は、友人と山へ行って虫や鳥を撃ったり、そこら辺の街灯やガラスをパリンパリン撃ったりして遊んでいました。

小さい地域なので誰がやったかなんてすぐに見つかり、親も呼び出しをくらい、方々に迷惑を掛け倒しました。(その節は大変申し訳ございませんでした。)

 

ほとぼりが冷めたころです。

突然、来るはずのない4年生の教室にジャガーが来たのです。

「ツチヤ君、ちょっと来なさい。」

別室に移動しながら僕は小さい脳ミソで色々考えました。

「(コイツに何かしたか?俺は何もしてないぞ。むしろコイツは俺の絵を変えたヤツだ。嫌いなヤツだ。ジャガーのヤツだ。)」

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20151110182818p:plain

そしてジャガーは口を開きます。

「あんた〇月〇日、何やってた?」と言い放ちました。

僕は「〇〇君と遊んでました。」と正直に答えます。

そしてジャガーは続けてこう言いました。

「あんたが撃った玉が人に当たったんだ、どうする気だ?」※玉=BB弾

そんなこと言われても僕は身に覚えはありません。

陣地を決めて友人同士なんかで撃ち合いはしていても、それ以外は絶対に人には撃たないというのが僕たちのルールでした。

そしてジャガーはさらにこう続けます。

「ちょっと来なさい。」

そういうと外から3コ下の女の子がやってきました。

よく見ると片目が腫れています。

ジャガーが「どうしたのか言ってみなさい。」

すると女の子は「ツチヤ君が撃ったヤツが当たりました。」

僕はこの時頭が真っ白になりました。

本当にそんなことをした記憶がなかったんです。そもそもこの日はエアーガンは持っていなかったんです。

さすがにジャガーも否定する僕を見て双方に再度確認しました。

僕は否定し続け、女の子は肯定し続けました。

そして最終的にジャガーは女の子の意見を選びました。

この時が僕の初めての冤罪の経験です。

 

 

 

そして後日母親とその子の家へ菓子折りをもって謝りに行きました。

子供ながらに一度こうなってしまった以上、親にも本当のことは言わず、ただただ謝罪しました。

父親は鉄拳制裁だったので、謝りに行くときは僕の顔はとんでもないぐらい腫れてましたが。。。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20151110184734p:plain

 

 

まとめ

きっとその子が不快になる何かをしたのだと思います。

それは今でもわかりません。わからないけどごめんなさい。

実家に帰省したとき母親から言われました。

「ジャガー先生に会ったよ。」※母はジャガーとは言ってません。

問題児だった僕のことはよく覚えてたみたいで近況報告なんかをしたみたいです。

あれからもう20数年経ってるんでジャガーは70代後半か80代。凄くお元気なようです。

ただ、大人になった今ジャガーに会ったら言ってやりたいな。

 

「あれは冤罪だったんですよ。それよりあなたジャガー横田に似てるよ(*´▽`*)」って。

 

以上。

 

 

小4で初めて冤罪を味わったけど、何か?? 

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.