スポーツ・レジャー 伊豆

「酪農王国オラッチェ」無料で動物と触れ会えるファミリー向け施設【うさぎ・地場産品】

更新日:




ご家族でもカップルでも、動物と触れ合えるスポットというのは休日なりの鉄板コースですよね。

著者も大の動物好き。

日本全国津々浦々、お金かけずとも(無料開放してくれている施設など)動物に触れあえる場所が、ちらほらあろうかと思います。

僕が住む静岡県内にも、動物園規模とまではいかないにしても、動物と触れ合えるスポットはいくつかあります。

ホームセンターや、ペットショップに行けば犬猫や小動物とは触れあえますが、少し違いますし、そもそも牛や羊などはいませんよね。

今回は何度も訪れている、(ほぼ)無料で動物との触れ合いが楽しめるスポット、「酪農王国オラッチェ」の体験レポをしていきます!

酪農王国オラッチェとは-概要-

静岡県東部ではあまりにも有名で、特に子連れさんにはおすすめです。格好の暇つぶしになります。

先述の通り僕は何度も訪れています。動物の数はそこまで多くはないですが、ちょっとした有名スポットではあります。

oratche.com

動物と触れ合うことはもちろん、ドッグラン、バーベキュー、イベントや体験教室、レストランやショップなど、アグリ的な匂いがプンプンする、ふれあい動物園みたいな施設です。

それがなんと入場料無料、太っ腹な王国です。

トウモロコシ畑の巨大迷路

https://i2.wp.com/oratche.com/wp-content/uploads/2012/04/SKM_C454e15043018080_0001-764x1080.jpg?resize=764%2C1080
出典-イベント案内 | 酪農王国オラッチェ

夏季限定で(ほとんど)毎年開催される「トウモロコシ畑の迷路」というものもあります。こちらは有料ですがファミリーには楽しめるはず。

大小様々な動物と触れあえる

ひとたび王国に入ると、家畜の匂いがします。

さすが酪農王国。全面に主張してきます。

動物の種類は、ウシ、ヤギ、ウサギ、ロバ?、ブタ、ぐらいでしょうか。王国内はそこまで広くないので、大人が見て回るだけなら30分かからずに見て回れると思います。

ウシは数頭。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824192313j:plain

オスがメスの耳にむしゃぶりついてました。メスの耳は唾液でべちょべちょになってました。でもメス牛は逃げません。

お互い気を許しているんでしょね。。。

違った種類の牛もいます。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824192407j:plain

そして、ロバ?だと思います。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824192506j:plain

この写真では分からないですけど、少しばかり興奮していてチカヨルナオーラプンプン出していました。

そしてヤギ。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824192747j:plain

ただならぬ雰囲気を醸している彼はずっと何かを見つめ、伸びていました。

うさぎの王国ラビットスクエア

なんと世界のうさぎと触れ合える「ラビット・スクエア」。

こちらは有料ですが入ってみました。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824201154j:plain

少し進むと、ふれあいゾーンのような所があり、そこでうさぎと触れ合えるようになっています。

中は手袋着用が規則です。

うさぎが何羽かいます。僕らは餌代ケチったので、お子さんたちがあげている様子を見てました。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824201627j:plain

ロップの雑種でしょうか、ほとんど同じ顔です。

暑さでぐったりしていて、舎内は汚れも目立っていたので、もう少しなんとかした方が良さげな印象。

丹那は盆地になっているため、風が通りにくく、夏季はとにかく暑い。

暑さに弱いうさぎには過酷すぎる環境。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824202141j:plain

人間に近付いてくる子と逃げる子、微動だにしない子様々です。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824201959j:plain

あれ??

 

みんな同じ??

 

世界は??

しかもみんな暑さでぐったりしてますし、ほとんどの子が触ろうとすると、、、

逃げます。

 

全然ふれあえません。

そもそもウサギは被捕食動物。

捕えられるのも嫌いですし、本来は抱っこできないのが普通です。

ですがこちらの施設、お世辞にも清潔感を保っているとは言い難く、現うさぎ飼いの僕としては、いたたまれなくなります。

ブラッシングぐらいはしてあげて欲しいと思いました。

世界のうさぎたち

他にも様々な種類の世界のうさぎを見ることができます。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824203234j:plain

現在はどうかわかりませんが、おそらく全てミックスではないかと…。原産国などのプレートはありませんでした。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824203421j:plain

そんなこと関係なく可愛いんですけどね。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824203440j:plain

ただやはり、みていていたたまれません。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824203524j:plain

舎内はほぼ全て不潔ですし、痛々しい(病気の)子もいました。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824203541j:plain

こんなかわいい子たちもいます。一匹一匹撮なら相当いると思います。

でも、

あれ??

 

ふれあいは??

 

ワールドは??

まず、ふれあえません。

エサ持ってればエサはあげられます。エサを持ってなければ外から眺めるだけです。

触れ合いたい方はエサ買いましょう。

ワールド感は、正直わかりません。いや、見れば品種の違いは分かります。

他の動物の時にあったような、名前とか品種が書かれている看板(プレート)がないんです。

原産国とか性格も一切わかりません。先述の通り、全部雑種ではないかと思います。

心が痛んで撮れませんでしたが、足を悪くしている子もポツンといました。劣悪な環境と言わざるを得ない環境でした。

広告

ソフトクリームは食べる価値あり

膝の上に抱っこしたり、ナデナデできるものだと思っていたので想像と少し違いましたが、僕は移民。

王国のルールには従わざるを得ないので(ほぼ無料ですし)、素直にそこをあとにしました。

そして王国内には温室カフェという休憩スポットがあります。

https://i1.wp.com/oratche.com/wp-content/uploads/2011/04/onshitsu-7-300x200.jpg?resize=300%2C200
画像-温室 | 酪農王国オラッチェ

酪農王国株式会社(オラッチェの運営会社)は食品の製造、販売を行なっています。

入口の売店でも様々な商品が販売されており、パンやビールも人気です。

人気ナンバーワンはソフトクリーム。

このソフトクリームの説明を少しすると、このオラッチェ王国に併設するように、丹那牛乳という隣国(会社)があります。こちらの王国では牛乳から乳製品、チーズやバターなどの加工品まで製造しています。

オラッチェで提供されているソフトクリームはここの生乳仕立てのソフトクリームなんです。

何度か食してますがこれがまた濃厚。ホントウマいんです。350円也。

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150824210833j:plain

オラッチェにきたら絶対に食したほうがいいです。

あとがき-無料は正義-

ソフトクリーム350円は正直ちょっと高いかなと思います。

でも、入場料無料ですからね。一般的な観光地でいえば妥当とも取れますが、美味しいので許容範囲。

また「ラビットスクエア」に入らなければ、他にかかるものは一切ありませんし、浮いた分のお金でお土産や地場産品なども購入できます。

地場で採れた野菜などもかなり安く売ってます。僕らが行ったときは閉園間近だったので、ほとんど残ってませんでしたが、形のいいナスが3本で100円でした。

一、二時間ぐらいでサクッと行くとこないかな、なんてときにおすすめです。

  • この記事を書いた人

つっちー。

管理人の「つっちー。」です。 「非アクティビズム。」は、主に管理人が気になったモノやコトを紹介するエンタメメディアです。 ガジェット/アプリ/アウトドア全般

-スポーツ・レジャー, 伊豆

Copyright© 非アクティビズム。 , 2017 All Rights Reserved.