読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非アクティビズム。

面白いことへの探求メディア

病院のクソみたいな待ち時間をどうにかしてほしい件

日常のこと ひねくれ者 どうでもいいこと ゆるネタ
広告

今日は誰の心にも響かないであろうどうでもいい話です。

なのでそのまま立ち去っていただいても構いません(笑)

やっつけ感満載です。

 

入院経験から感じ得たこと

僕は入院経験があります。

約二か月ほど。

そして5年以上通院。

絶食も味わったりして、もう二度と入院はしたくないと思うんですが、先日付き添いで、病院に行く機会がありました。


うん、やっぱりいいもんじゃない。

僕にとってはやっぱりいい思い出というより苦い思い出。

長くは滞在したくないと思いました。

あ、と言っても違う病院ですけどね。 

f:id:Daisuke-Tsuchiya:20150812204439j:plain 

いつ行ってもどこ行っても混んでるね

周知の通り、病院っていつ行ってもものすごい混んでます。

待合室で待っている人たちの心境は様々でしょうが、何かしらの不調があるから来ています。

初診じゃ一時間待ち、二時間待ちもざらで、下手すると半日待ったりします。

地方の病院なんて半日どころか朝行っても夕方までかかったりします。 

ほんっと効率悪っ。
って毎回思います。

病院だからまだ許されるものの、サービス業だったら絶対許されないわけで。

医師が足りてないのかもしれないけど、ホントどうにかなりませんかね。

  

待ち時間を克服する方法

そこで皆がどんな方法で待っているか、観察してみました。 

  1. スマホで時間つぶし
  2. テレビを見る
  3. DSかPSP
  4. 読書
  5. 新聞
  6. くっちゃべる
  7. ひたすら待つ

では順に見ていきましょう。

ゲームやってるのかメールやってるのか音楽聞いてるのかわかりませんが、みんなスマホいじってました。時代ですね。

その次にお年寄りが多いせいか、じいさんばあさんはテレビにくぎ付けでした。丁度甲子園中継がやっていたので声出して観戦してました。

DS、PSPは子供に多かったです。まだまだ家庭用ゲーム機健在、ここにありですな。

読書は鉄板の様です。一人静かに呼ばれるまで読書。いい時間の使い方ではないでしょうか。

新聞は読書と同じ。

お年寄りの憩いの場と化す病院はくっちゃべるのに最高のスポットかもしれません。

物思いにふける人、辛そうな人、ぼーっとしてる人、多分これが一番大多数じゃないかと思います。

そんな日常で感じたどうでもいい話でした。 

Copyright© In-Activism All Rights Reserved.